都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)

  • 670人登録
  • 3.38評価
    • (22)
    • (58)
    • (70)
    • (24)
    • (5)
  • 64レビュー
著者 : 速水健朗
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103074

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高速道路や鉄道網の発達によって郊外に作られたショッピングモールの形式は、都市の老化を再生するために、都市型ショッピングモールとしてそのまま利用されている。主に日本とアメリカの、ショッピングモール史とその現在についてのルポルタージュ。
    文中で何度も言ってるけど、社会学者とかは消費文化の象徴としてショッピングモールを悪く言うのに慣れてしまっているけど、言うまでもなくこの本の言う「ショッピングモーライゼーション」は人類にとって最早日常の光景であって、それに対して肯定的な文章を今後書いていく必要はあるんだよねー、と思いました。

    蛇足ですが、個人的にショッピングモール=NHK教育でやってたドラマ・フルハウスなので、(子供らが必ずモールに行きたがる、デートもモール)そこについて作者の人に話をしたいな!

  • ショッピングモールについて抱いていた「モヤッ」とした気持ち。どちらかと言えば否定的なそれがすうっと晴れた一冊。なるほどー!
    モールの来歴、思想などなど。視野が広がれば視点も変わる。
    映画ネタを引き合いにされると、腑に落ちるなぁ。うむ。

  • 平易な文章なのに読みにくい不思議。
    概略を追って、現状を肯定しているだけの印象。だからなんだということもなく。

  • ショッピングモールは確かに新しくなるにつれて、都市開発の「シティ」となっていると言われると、確かに頷けるところがある。ショッピングモールがただの地域コミュニティを破壊するような悪ではなく、都市の開発や生活モデルによって導かれてきたものというのは確かにその通り。功罪はあるが、悪ではない。

  • 郊外型のショッピング・モールとは区別される都市型のショッピング・モールと、それを生み出した消費者の欲望との関係を、社会史的な観点から明らかにしています。

    ショッピング・モールが地域のコミュニティを破壊したという短絡な批判をおこなうのではなく、消費者の欲望が都市のショッピング・モール化を推し進めた経緯を冷静に見ることが重要だと考えています。そのために、ウォルト・ディズニーが晩年に、都市そのものをテーマ・パークとするような計画を持っており、それが現代における都市のショッピング・モール化の動きのさきがけとなっていたと主張します。

    それなりに興味深く読んだのですが、ここから消費社会についてのどのような思想が展開されるのかということの方に関心があるので、ややもの足りない印象です。

  • ○ライターの速水氏の著作。
    ○「なぜショッピングモールに人が集まるのか」をテーマに、ショッピングモールの歴史、ショッピングモールが街づくりに与えた影響を、かつてウォルト=ディズニーが理想に掲げた街づくりの歴史を交えながら分析・解説したもの。
    ○独自の視点でショッピングモールを分析する点が興味深い。また、ディズニーが目指したまちづくりと、現在のショッピングモールとの共通点については、全く気がつかない発想で、おもしろい。

  • 都市の姿形を捉えるためのツールとしてショッピングモールを研究・分析し、それなしでは現代の都市は語れないという著者。
    その著者が現代のショッピングモールが単なる商業施設の枠を超えて都市機能や観光地のグローバルな変化と結びついていることを解説する。

  • 積読しすぎたが、自分にとっては今、まさに読むべき本だった。

    ショッピングモールは規制緩和の結果出現した、都市コミュニティ破壊の資本主義モンスターというのが私が持っていたイメージである。地域政策なる学問を学んだ私にとっては、中心市街地の“商店街”は守るべきもので、ショッピングモールは規制すべきもの。大学時代はそんな雰囲気が学問を覆っていた。

    速水さんのこの作品はそんな、中心市街地ノスタルジーに真っ向から戦いを挑むもの…ではない。

    ショッピングモールとは何なのかを思想と歴史を紐解くことで教えてくれる。アメリカで発展したショッピングモールはコミュニティ再生機能を期待されていたのだという歴史。それを夢見た人物がウォルト•ディズニー。

    歴史だけではない。ショッピングモールが生み出しているもの。消費という人間の自然な欲望が、バリアフリーを生む…みたいな。そしてショッピングモールにベビーカーを押すファミリーが集う。

    この作品を読むと、日本の都市論が守りたい中心市街地の“商店街”の敵は一体何なのかが分からなくなる。

    “儲かる”という資本主義原理が生む福祉やコミュニティが存在するということを教えてくれるのがショッピングモールだ。…というより、全ての都市は最初からそうだったのではないか?

    人間のライフスタイルや思想が変化する中で都市も変わる。そういうものでしかないのであって、中心市街地の“商店街”とかショッピングモールとかの二項対立には利権はあっても浪漫は無いのだと速水さんは淡々と教えてくれた。

    新鮮な驚きに満ちたオススメの一冊。

  • コインパーキング
    公共施設スターバックス
    鉄道事業者の開発
    競争原理の都市計画
    ウォルトディズニーと都市計画
    磯崎新:消費、商品、ディズニー化

  • 勧められて読了

全64件中 1 - 10件を表示

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)に関連するまとめ

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)を本棚に「積読」で登録しているひと

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)の作品紹介

ショッピングモールの手法で変わる都市と公共施設の在り方。

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)はこんな本です

都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代 (oneテーマ21)のKindle版

ツイートする