7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)

  • 93人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (7)
    • (5)
    • (3)
    • (3)
  • 8レビュー
著者 : 島田裕巳
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103869

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新たな視点を得られる指摘も多く興味深かった。
    柳井正の方針と団塊の世代の経験の関連(P256)などである。

  • 経営哲学や理念は共同体を動かす基本原理

  • 20140506。読み切れず。もう一度借りる。

  • 宗教哲学というより、経営哲学の本。それはそれで勉強になりましたが。

  • かなりタイトルに偽りがあるような・・。

    期待している「宗教」と企業の絡みが、ほとんど無いケースが多数。
    豊田佐吉と日蓮宗のつながり、そこから産業を拡大させて国家
    復興といった思想、程度しかインパクトある話がない。

    有名企業のヒストリーガイド的な内容。

  • 宗教との関係をあぶり出しながら日本の著名大企業の経営史を語っている本である。宗教学という視点というよりも日本起業経営史的視点で分析された本。

    非常に詠みやすく平易な内容であるため、宗教学に興味がある人よりも経営学の入門者におススメである。

  • 楽しかったです。ためになりました。

全8件中 1 - 8件を表示

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)のその他の作品

島田裕巳の作品

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)はこんな本です

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)の作品紹介

企業を動かす組織戦略の根源がわかる!日本を代表する大企業を宗教教団と同じ角度から分析すると、知られざる経営哲学が浮かび上がった。

ツイートする