サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム

  • 77人登録
  • 4.14評価
    • (9)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 丹地 陽子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104125

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに完結。
    終わってしまうのが残念な気持です。

    このシリーズは、子供たちの成長がうまく描かれてるのも魅力ですが、サッカー自体のことが違和感なく書かれているのがとてもいい!

    そう云う小説って少ないし・・・

  • どうしてこんなにのめり込んで読んでしまうのか?それは同じような経験をしながらも決してあきらめない、そんな彼らが何よりも羨ましいからだと思います。家族や仲間、全てが等身大に感じられる作品です。

  • シリーズ最終巻。シリーズ全体で小学生から中学最後までのサッカー生活を現実的に描いている青春小説で、サッカーが好きなら楽しめる。普通の青春小説としても読めると思いますが、サッカーを知ってる方が楽しいはす。

  • とうとう完結。小学校の頃から見守り続けてきた少年たちが中3となって卒業をむかえる。友情やスポーツって素晴らしいなぁと素直に思える一冊。

    もう少し見ていたかったなというのが正直な感想。

  • 一連のシリーズの(おそらく)最終作。
    まぁ、仲間・挫折・汗など、予定調和なストーリーですが、このシリーズは、負けてハッピーエンド、なパターンが多いよね。
    まさか、高校生までは続くまい・・・?

  • ハッピーエンドかどうかはわからないけど、いい終わり方。サッカーの描写だけでなく、中学生の心の動きなども読んでいてぐっときました。子どもが中学生になったら読ませたいな。

  • サッカーボーイズシリーズの完結巻。

    青春のサッカー小説です。

  • これで、完結?なのかな。
    熱い青春だったなー。
    こんなに中学サッカーがきらきらしてるなんて。

    にしても。はらだみずき、一作目から比べて、かなり上手くなりましたな。初期は試合シーン以外は微妙だったのに、今はすごく自然にあれこれが展開していきます。

  • サッカーボーイズシリーズを初めて読んだが、

    とても理解しやすい本だった。

    卒業にたいしてしっかりむきあって、将来に進んでいく姿に

    感動した。

  • 2013/06/17
    移動中

全14件中 1 - 10件を表示

はらだみずきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
はらだ みずき
有川 浩
有川 浩
PK
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームはこんな本です

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームを本棚に「積読」で登録しているひと

サッカーボーイズ 卒業 ラストゲームの作品紹介

県大会出場をかけた大事な試合で右膝を怪我してしまった遼介。キャプテンが離脱することになった桜ヶ丘中サッカー部をさらなる悲劇が襲う……。人気青春スポーツ小説、ついに完結!

ツイートする