人外境ロマンス

  • 167人登録
  • 3.48評価
    • (13)
    • (26)
    • (30)
    • (11)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 北山猛邦
  • 角川書店 (2013年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104729

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
米澤 穂信
米澤 穂信
綾辻 行人
米澤 穂信
有栖川 有栖
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

人外境ロマンスの感想・レビュー・書評

  • まさにタイトル通りの内容。短編集でどの話も良かったけれど「いとしいくねくね」が一番印象に残った。オチは何となく想像していたが、最後の一行が非常に切ない。「ちいさなピアニスト」はまさかまさかの展開。良い意味で期待を裏切られたけれど、ほのぼのしていて良かった。

  • 私はハッピーエンドが好きです。
    なので、この本読んでてとても、うん。
    なんというか。

    恥ずかしいっすね。
    人に恋をするとか一目惚れとかだれかを想うとか。
    全くわからないのです、私。
    なので、なんというか疑似体験的にそんなことを読んで、恋する人の考えを見て。
    うわぁ甘酸っぱいってこういうことかー。
    となってます今。

    短編集ですが、中では「はかない薔薇」が好き。

  • タイトルの通り、「人間でないもの」と「人間」のロマンスの短編集。かわいいキュンキュンから、少しゾワっとくるものまで、同じロマンスという題材でも、とても幅広い。私はきちんと読んだのは2編だけで、あとは流し読みしてしまいました。この作家さんの文章は好みだし、「人でないもの」もいいのですが、恋愛ものが苦手というのが所以。

  • 『私たちが星座を盗んだ理由』に続いて2冊目の北山猛邦さん。
    『私たちが~』に比べるとブラックな感じが薄まり、恋愛要素が増える感じです。

    ・かわいい狙撃手
    オチはなんとなく途中で読めましたが、彼がどんな人でも彼が好きだ! という気持ちを貫く主人公が前向きで良かった。

    ・つめたい転校生
    ↑の話の男女の立場が逆転したかのような感じで、今度は男の子が謎の少女の正体を探る。
    話の終盤まで転校生の正体は魚なのかと思ったら雪女だった。

    ・うるさい双子
    シオネとハルという双子が出てきますが、私はシオネ派です(割とどうでもいい感想ですがw)。
    この二人が何故睡蓮荘にいるのか。何故ハルだけが軟禁状態なのかは解りませんが、人外が視点になっている箇所があり、前2作に比べると人外が良くしゃべり、考えていることまで解るという違いがあります。

    ・いとしいくねくね
    「つめたい転校生」で雪女が出てきましたが、どちらかと言えば本来の「雪女」に近い話。
    物語の中盤で、くねくねが今、誰に扮しているかの見当はついた。

    ・はかない薔薇
    「薔薇を抱えて右往左往する堅物の男性」をひたすらイメージして切なくなった。
    この本の中で一番ミステリー要素が強い話。

    ・ちいさいピアニスト
    叙述トリックの一種だと思います。
    あの人は実は人外かもしれない……と追いかけている主人公こそが実は……という構成。

    全編通して、人外と人が(ほんのり含む)恋愛関係になるんですけど、人外世界と人間界が微妙なバランスで隣り合っている感じがいいなーと思いました。

  • 淡い恋色な人外物語

  • 『私たちが星座を盗んだ理由』が面白かったので似たようなミステリ短編集かと思いきや若干のミステリ風味って感じだった。まさに人外境ロマンス。読み終わってから表紙見ると美しさにため息が出る。
    でもこういうのに出てくる人外って結局美形しかいないんだよな。こんなところでも※は健在。じゃないと綺麗な物語にならないからかな。

    ・かわいい狙撃手
    オチに驚く。これを読んでみて好きなら読み進めても楽しめそうだし、収録作品の最初にふさわしい。
    ・つめたい転校生
    切ない。某女王がチラついた。
    ・うるさい双子
    本筋と関係ないところが切なくてつらい。
    ・いとしいくねくね
    何故くねくねは恐ろしく見えたんだろう。オチの予想はついてしまった。
    ・ちいさいピアニスト
    あからさまなミスリード、なんだかずるい。

  • 以前、フォロワーさんにおすすめいただいてからずっと読みたかった本をやっと図書館で見つけて借りてきた。
    人間と人外の可愛いロマンス物語。人外だけれど怖さとかはなく、こんな事が本当にあったら楽しそうと思うような内容。文章もとても読みやすく面白かった。漫画化されたら似合いそうな感じ。
    特に双子の話は、本来の妖怪(枕返しと言えば『ゲゲゲの鬼太郎』のEDで見たおどろおどろしい姿が浮かぶ…)のイメージをかなり覆すもので良かった。

  • 人と人ならざるものとの切ない恋のミステリー。
    ジャンルはファンタジーかミステリーか迷うところ・・・
    ちょっと怖い感じもあり面白かった!
    一番好きなのは「いとしいくねくね」かな。ラストにうわぁ・・・ってなっちゃいました。

  • タイトル通り、人外の物とのロマンスの短編集。ミステリだと思って読んだら、ファンタジーでした。

  • 人じゃない何かが出てくる短編集。いとしいくねくねが一番よかった。初めて読む作家さんでしたが、名前からすると男性ですが、すこし女性っぽい感じの文体。他のも読んでみたい。

  • するりと読める短編集。タイトルの通り、人外と人とのロマンスがメインなわけですが、それぞれその人外なりのドラマがあっておもしろかったですよ。

  • 人でないものをすんなり受け入れてしまうありそうでない短編集。はじめはロマンチックなファンタジーと思いきやちょっと怖いものもあったり。こういうの好き。

  • ☆つめたい転校生
    ほほう、そのラストはちょっとばかり拍子抜けした。

    ☆うるさい双子
    その人のいない現実でとぼとぼ生きるより、その人のいる夢を見ていた方が彼女にとっては幸せなんだ。
    たとえそれがどんな悪夢でも。
    人間はそういう不可解なところがある。

    ☆いとしいくねくね
    ひょー!
    主人公に一言、気づけ!

  • 【収録作品】かわいい狙撃手/つめたい転校生/うるさい双子/いとしいくねくね/はかない薔薇/ちいさいピアニスト

  • 人と人ではないものとの恋愛短編集。
    胸キュンの話もあれば、切ない話、微笑ましい話あり、色々。さくさく読め、どの話も良かった。
    「いとしいくねくね」が一番印象に残った。切なくてやりきれない。。最後の一言に涙。

  • 人と人ではないものの恋を描いた短編集。
    ホラーやファンタジーの要素を織り交ぜつつ語られる物語は、どこかほのぼのとしていて、とても好い読後感へと導いてくれました。
    どのお話も良かったのですが、「いとしいくねくね」と「はかない薔薇」が特にお気に入り。
    前者はラストがとても切なくて、アレを悲哀で読ませるのは流石だなーという印象です。
    後者は薔薇の鉢植えを抱えるエリート刑事の姿がなんとも(笑)
    とても良かったです。

  • ささきさんの装丁がとてもいい。

  • どの話も楽しめたけど、想像してたのとはちがう感じだったかな。

  • 人間と人外の恋にまつわる寓話ミステリ。甘くて素敵な胸きゅん話もあれば、やりきれなさの残る切ない結末もあり。ミステリとしても、伏線を活かした正体当てから変化球な物理トリックものまで、全篇を通して振り幅の広い一作です。基本的にハッピーエンド至上主義者なので、「いとしいくねくね」ではどうすれば良かったんだろう、と読み終えた後に気持ちが苦しくなりました。最終章「ちいさいピアニスト」はミスリードを誘うために相当なムリをしていることもあり、仕掛け的にはあまり評価できません。

  • 思っていた話と違いました。
    苦手な感じで、最後まで読むことが出来ませんでした。

  • リアル人でなしとの恋(←

    えぇと、人ならざるものとの恋の短編集でした。

    もうちょっとミステリーかと思ったら全然ミステリーじゃなかった!フワフワしてた!(笑)

    皆とても可愛くてほんわかと癒されました。

    タイトルに偽りなし!ですねー。
    ロマンスがいっぱいでした。癒し系。

  • 『うるさい双子』がお気に入り。

  • タイトル通り、人外のものとのロマンスを描いた短編集。
    「かわいい狙撃手」「つめたい転校生」「うるさい双子」「いとしいくねくね」
    「はかない薔薇」「ちいさいピアニスト」の6編収録。

    予備知識なく読み始めたので、1作目のラストがあれでよかったぁ。
    おかげで、こういう系なのね、と安心して読むことができました。
    と油断させておいての「いとしい~」ではありましたが。
    実は一番気に入ったのもその、最もホラーな「いとしい~」であったりする所がまた。

    巧いこと煙に巻かれたような、でも厭な感じではなくほんわかと暖かな余韻が残る。
    なんか素敵。北山さん、こういう路線もいいなぁと素直に思える作品でした。

  • 北山さんといえば物理トリックにこだわったミステリを上梓されています。恋愛の香り漂うミステリもありますが、本作はミステリの香り漂うロマンスです。しかも、人と人でないものとの恋愛をテーマにしているので、そこには大いなるミステリがあり、ファンタジーがあります。愛おしくも切なく、ホラーでありかわいらしくもある、そんな短編集です。

全34件中 1 - 25件を表示

人外境ロマンスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人外境ロマンスを本棚に「積読」で登録しているひと

人外境ロマンスの作品紹介

理想通りの素敵な彼。しかし、彼には裏の仕事が!?(かわいい狙撃手)さみしい少年時代、たったひとりの友達は、人を殺す妖怪だった(いとしいくねくね)。ヒトと、人外の存在のせつない恋と謎を描いた連作集。

ツイートする