GOSICK RED (単行本)

  • 1006人登録
  • 3.48評価
    • (38)
    • (81)
    • (114)
    • (25)
    • (3)
  • 105レビュー
著者 : 桜庭一樹
制作 : みなとそふと 
  • KADOKAWA/角川書店 (2013年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106402

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桜庭 一樹
三浦 しをん
桜庭 一樹
桜庭 一樹
有川 浩
桜庭 一樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

GOSICK RED (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • また、あの二人に会えた!
    前シリーズの最後で、もうこれで終わっちゃうんだ・・・と
    覚悟を決めたのに、また読めるなんて、嬉しすぎますっ!

  •  新シリーズが始まろうとは!

     うれしいですね。桜庭一樹氏に本格的に嵌ったのは富士見ミステリー文庫版の『GOSICK』からなので(^^)

     さぁ、新大陸に渡った二人。新しい物語の開幕ですね。

     完璧にこれで並行読書だ。うれしい悲鳴上げてます(^^ゞ

     完読! そこここにちりばめられた伏線ににやぁり!
     続きが楽しみ(^^)

  • 旧ゴシックに続くヴィクトリカと久城のお話
    全体を通して次が気になる作品になっています。
    ヴィクトリカの神々しさやかわいさを余すところなく表現されています。また久城の成長がみえて来ます。ヴィクトリカにたいする言葉には子供っぽさがあるが暖かみといとおしさなど現れかなと感じました。

  • TVアニメ版が面白かったので、続編が気になり原作に手を出した。
    新大陸編ということで、旧大陸の神秘的な雰囲気から一転、ギャングやFBIなど生々しい事件に巻き込まれて行くが、久城とヴィクトリカの変わらない関係性にほっこりした。
    エピローグでもう出てこないだろうと思っていたあの人の近況が知れて良かった。

  •  ゴシック新章。図書館にて通読。
     先にピンクの方を読んでいるので一弥の仕事だとかは分かっていたが、うーん。
     一弥とヴィクトリカの仲良し加減を楽しむ、ファンブック的な本としては良いと思う。しかしミステリとしては微妙。
     新世界に来て雰囲気がガラっと変わったことにオカルトちっくな謎がついて行けてないんじゃないだろうか。
     そしてヴィクトリカはアメリカ貴族のドレスは着ないんだろうか。

  • 開架(1階学生選書) 913.6-サク 300360310

  • ヴィクトリカのイメージとニューヨークのイメージが合わない(^-^;後、妻と夫って書いてあったので一弥と結婚したのかと思いきや、終盤では将来の伴侶って、どっちなの?
    カルロスがバナナチョコビッグパイを頼んで、何故床に投げ落としたのかも不明…(; ̄Д ̄)?う~ん、何か消化不良な作品でした。続編が有るので、読んでスッキリすると良いのですが。

  • 「GOSICK RED」
    新天地ニューヨーク。一弥は新聞社で働き、ヴィクトリカは探偵事務所を構えた。街は好景気に湧き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。ソヴュール編からNY編へ。


    ☆あらすじ☆
    <blockquote>
    超頭脳<知恵の泉>を持つ銀髪の美少女・ヴィクトリカ・ド・ブロワは、ソヴェールより戦火を逃れ、グレイウルフ探偵社を開設(働きたくないが)。心優しき東洋の青年・九城一弥(帝国軍人一家の三男)は、新興新聞デイリーロード紙の見習い記者。戦争終結後、無事に戦場を生き延び、九城の母国で再会した2人(ヴィクトリカは、一弥と二度と離れないことを約束したのだった!)が、NYで駆け巡る。
    </blockquote>


    ソヴュール編を第1シリーズとすると、REDから始まるこのシリーズは第2シリーズになる。2人の魅力は不変ながら久城の相棒カメラマン見習い・ニコ、NY市警・ベンジャミン刑事、そして超重要人物アメリカ合衆国時期大統領候補・ゴールスワージ、イタリアンマフィア・ガルボ 等、新たなキャラクターも登場し、作品としても面白さも倍増といったところ。


    ヴィクトリカが挑む事件は、マフィア連続殺人事件。その裏に潜む強大な闇と新たな敵が出てきて、今後も見逃せない展開になってしまいそうです。ヴィクトリカに付きまとう運命をどうか久城と共に振り払って欲しい。


    にしても、ヴィクトリカ。魅力は不変と書きましたが、訂正。可愛さは激増している。久しぶりだから?いや、そんな理由ではない。REDでは、久城の同居人という扱いであり、関係性はまだ言及されていませんが、随所に見せるツンデレやデレを見るに「おいおい。可愛すぎるだろ」と。


    個人的には、今後も登場するだろうニコに頑張ってもらいたい。ヴィクトリカと久城をサポートする心強いパートナーとして。


    2人を中心としたテンポ良い会話や程よい恋っぽい雰囲気、そしてミステリアス且つ残酷な背景をベースとした事件に時折見せる悪魔のような歴史といった所はソヴェール編から変わらず。しかし、今シリーズでからは政権の奪い合いといった要素も盛り込まれそう?


    最新刊GREENが出るまでに追いつかないといけないな^ ^

  • 一弥! 相変わらずいい味だしてるよ(笑)

  • 時は1930年代初頭、ニューヨーク。超頭脳“知恵の泉”を持つ少女ヴィクトリカは探偵事務所を構え、久城一弥は新聞社で働いている。街は好景気に沸き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。ある日、闇社会からの依頼人がヴィクトリカを訪れ、奇怪な連続殺人の解決を依頼する。一方、一弥は「心の科学で人々の精神的外傷を癒やす」という精神分析医のもとに取材に向かっていた。やがてすべての謎はひとつに繋がり、恐るべき陰謀が姿を現す―。新シリーズスタート!!

全105件中 1 - 10件を表示

GOSICK RED (単行本)に関連するまとめ

GOSICK RED (単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GOSICK RED (単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GOSICK RED (単行本)の作品紹介

新天地ニューヨーク。一弥は新聞社で働きヴィクトリカは探偵事務所を構えた。街は好景気に湧き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。ある日奇怪な依頼人が事務所を訪れ−−大人気ミステリシリーズ待望の続刊!!

ツイートする