ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)

  • 59人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吾妻ひでお
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041201152

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的に思い入れが強いんで4つ星にしたけど、そーゆーのがなければ2つか3つだな。著者のHPに加筆・再構成したものが本書。

    あれほどまで多くの人に影響を与えた著者が、アル中と鬱のために社会的弱者として鬱々ビクビクしながら生活している様が淡々と描かれていて胸が痛んだ。元々そんな感じの人だったけど。
    とはいえ、近年の他の作品と同様に、乾いた笑いはあるけど暗さは微塵も感じられないのが救い。

    自分はマイナーだからと居直ってるんで、他人の著作やTV番組を何の遠慮も配慮もなしに批評しているのが楽しいし、面白い本や映画探しの参考になる。

    ラフスケッチに近いからかもしんないけど、昔描いてた女の子の方が可愛い。

    にしても同氏の奥さんは凄い偉い強い。

全1件中 1 - 1件を表示

吾妻ひでおの作品

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)はこんなマンガです

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)の作品紹介

2008年6月〜2009年8月の日常を綴る、世界一女子高生が登場する絵日記。

ツイートする