機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)

  • 138人登録
  • 3.85評価
    • (7)
    • (15)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 大森倖三
制作 : サンライズ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041202876

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • え、もうこの巻終わり!? というテンポの良さ、と、まあ何かが起きそうと引っ張ってから止められた感。その分キャラが掘り下げられていて、マリーダの回想やダグザの徹底した態度が印象的。

  • 瞬く間に戦場と化すパラオ。騒乱の中、ユニコーンで離脱するバナージの目の前には、再びマリーダのクシャトリヤが立ち塞がるのだった。「ラプラスの亡霊」編突入。そして、新武装も登場。

  • NT-D恐るべし、お気に入りの4枚羽根がー

  • アニメには登場しないMSが!
    ギラ・ズールにも、こういったヴァリエーションがあったのか。

  • マリーダさん……うぅっ(´;ω;`)
    ダグザさんは思いの外いい人ですね。ご都合主義なNT-Dシステムとラプラスさえ無ければ非常に良いヒューマンドラマなんだけど…と作品の骨子全否定かあああ!
    ところで、ガンダム系作品って主人公周りの女子キャラが総じてキチガイじみてて鬱陶しいですよね。

  • あまり盛り上がりのない内容の箇所だったのもあって読んでて微妙だった

  •  バナージをはじめとして内面の変化に焦点を当てた話がメインのため画面上の盛り上がりはあまりないが、その分印象的なカットが多かった。台詞は少ないが却って思いが伝わってきた。

  • アニメと違うMSが出てきて面白いのだけれど、ページ数が少ない・・・。

  • アニメのディレクターズカット版、小説の再編集版、バンドシネの見方がわかった気がする。

全9件中 1 - 9件を表示

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

大森倖三の作品

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC バンデシネ (6) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする