ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)

  • 671人登録
  • 3.65評価
    • (28)
    • (59)
    • (56)
    • (9)
    • (3)
  • 36レビュー
著者 : ナカノ
制作 : 三上 延  越島 はぐ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784041205815

ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説第1巻の第2話から、第3話のさわりの部分というのがコミックスの限界かも。作画者の人物描き分けだが、年配者が妙に可愛らしくて上手くない。小説をおさらいする感じで読了。

  • 【あらすじ】
    鎌倉にひっそりたたずむ古書店「ビブリア古書堂」で働き始めた五浦大輔は、店の常連であるせどり屋・志田から、盗まれた古書の買い取りがあれば教えて欲しいという奇妙な依頼を受ける。その古書は「落穂拾ひ・聖アンデルセン」――。事の経緯を栞子に伝えると、彼女は自分達で志田の本を捜し出すと言い出し…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

    【感想】

  • 1.2巻読了。

  • 古典作品を読んでみたくなる。

  • ん~2話から3話にかけてのお話です。
    ゆっくりめですねー1回読めればいいかも。

  • 2

  • ※感想は第3巻のレビューに。

  • 電子書籍

  • 登場人物の過去が描かれていて、今後の展開に含みを持たせているような内容。前巻同様、章ごとに話はある程度独立しているし、文体も平易なのでスラスラ読める。一方で、一冊を通じてストーリー性もあるので、その世界に引き込まれるので、一気に読めてしまいます。

  • やっと見慣れたのでOK。

    せどりの話が完。特にひねりもなく。

    コミュ障に可愛さを見出さないと。

全36件中 1 - 10件を表示

ナカノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする