RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 215人登録
  • 3.96評価
    • (16)
    • (35)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 20レビュー
制作 : 作:荻原 規子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041206072

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作が好きな作品が漫画化されても、特に手にとらないことが多いけれど、今度アニメ化もするし、表紙が可愛いので買ってみた。
    酒井駒子さんの泉水子も好きだけれど、こちらの泉水子もイメージに近くて♪

    最初の方は冷たさ100%の深行くん、怯える泉水子。
    そういえば深行くんってこんな奴でしたね…(苦笑)
    泉水子はじめじめしちゃってるけど、根暗ではなくて健気でかわいい。
    姫神も凛々しくて素敵です。
    ほぼ原作1巻分だけれど、和宮くんが本性を現すあたりまで収録です。

    絵もうまいし、原作にも忠実で、深行くんのツンデレ具合もそのまま表現されていて(笑)、原作ファンの人も楽しめると思われます。
    満足な一冊でした♪続きも買う♪

  • 楽しみにしていたコミックスです!泉水子が、深行が、視覚的描写で入ってくる!
    原作で話の筋は分かっているものの、漫画の魅せ方はまた違っていて比較するのが楽しかったです。
    それにしても泉水子かわいい。そして深行はいじめっ子だ…(笑)
    今後色々ありながら二人が仲良くなって行くのを知ってるだけに、もどかしくて、でも微笑ましい。

    まだまだ気になるキャラたちの登場を控えているので、続きが楽しみです。

  • 全5巻で完結済

  • 展開早いなぁ。でも何かアニメが楽しみになってきた。野々村さんがイメージしてたよりかっこよかったです…(笑)

  • 原作のほうはまだ最終巻を読んでいないのだけれど
    (ちょっと今、活字疲れしているので漫画に走っています)
    原作も面白いので、成り行きは安心していられる♪

    原作の泉水子ちゃんはなんだかウジウジしててヤだなぁ……という印象だったけれど、こちらは暗さがなく世間ずれしなさすぎの健気な和泉子ちゃんに仕上がっている。
    深行くんのツンケン具合(と二面性)が怖いけれど!(笑
    確かに最初の二人の出会いは最悪で、深行くんの態度は冷たかったよねぇ……となつかしくもある。それがどんなふうに変化するのか、ビジュアル的に楽しめそう。

    ほぼ原作1巻と同じ進行具合。和宮におっかけられて……!なところで次巻へ続く。
    読み出したら止まらないなぁ。

  • 絵がかわいらしいし上手いし見やすいしで良かったです!最初はツンツンしてる深行くんの表情が、徐々に柔らかくなっていく描写も上手いなーと思いました。泉水子がいちいちかわいいし、二人の関係が絵を通しても変化していくところがよく表現されてます。雪政こわい。カバー裏のののむらさんが面白かった!

  • 違和感はあるが読めないわけではない。

  • 二巻はあるのに一巻がなかなか見つからず、やっと購入。原作六巻読んだ後に読むと、深行の鬼さが怖い。それにビビりまくる泉水子ちゃんが可愛い

  • らんまる先生の泉水子ちゃんかわいいです(*´ω`*)

  • 2013.05.26 二巻まで読了。

全20件中 1 - 10件を表示

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

琴音らんまるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)に関連する談話室の質問

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

RDG レッドデータガール (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする