僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)

  • 1449人登録
  • 4.29評価
    • (173)
    • (182)
    • (54)
    • (1)
    • (0)
  • 80レビュー
著者 : 三部けい
  • 角川書店 (2013年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207017

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 衝撃的な終わりから、まさかまさかの展開に。

    鍵となる少女の存在。

    大きな決意を胸に、主人公はひとり動き出す。
    改めて見直す、自らの歩み。

    再認識。
    再確認。
    再発見。
    新発見!

    絶望から抜け出すために。

    ようやくこの物語が本格的に始まったのだと実感した!
    昏い世界観は、そのままに。
    それでも時折明るさも残しているのが、絶妙な面白さを演出している。

    そして、オチ。
    見事な大オチ!

    物語そのものもそうだが、この巻そのものの完成度が高い!
    素晴らしい物語の構成と演出。展開。

    次巻も当然、目が離せない…否、目を離せるわけがない!!

  • 過去編というか。
    いい感じに進んでいただけに、なんとなくわかっていたとはいえラストは、うへあーってなった。
    タイトルの伏線らしき物は張られたので、どう回収するのかが楽しみではある。

  • 人の良さそうなキャラが全員怪しく思えてくる。

  • 評判に違わぬ面白さ。1巻のラストあたりから、もう、何だこれってくらい惹きこまれた。

    小学校時代にタイムスリップして、過去に起こった殺人事件を未然に防ごうとするわけだが、28歳の視点から当時の人間関係を洗い直していく過程がいちいちリアルで読ませる。当時は気付かなかった母親のありがたさ、担任やクラスメイトの頭の良さ、掴みどころがないと思っていた女の子の素直さ……。そういうのが、読んでいていちいち沁みた。

  • 続きが気になる!

    何、雛月は助かったんじゃないの!?

  • 犯人に母親殺しの濡れ衣を着せられ、さらに悪い展開に。警察に見つかった瞬間に、再上映を願い、もう一度・・・!と思ったら、自分が小学生だったころまで戻ってしまった。
    そこで、サトルは雛月を助けるために動き出す。
    連続誘拐事件の犯人が誰かは、ある程度出されてますが、本当かは不明です。しかし、この誘拐事件と小学校のころの事件が関係しているのかどうかもわからないですよね。
    同時期に失踪するはずの「中西 彩」と「ヒロミ」は犯人が「ユウキさん」ということで未来で死刑判決を受けている。でも、雛月は失踪というよりは、虐待死ということ・・・。つまり、雛月の死を防いだとしても、連続誘拐事件は続くんじゃないのかな?と思ってしまいました。 
    2巻では、成功せず本来失踪するだった日の翌日に日が延びただけで、連続誘拐事件も発生し、雛月も虐待による死である描写がありましたしね。難しいですね。

  • そうくるかぁ。
    これ、どうなるの???

  • マンガ大賞2014の2位になった作品です。

     1巻の終わり方が嫌な感じで、2巻が読みたいけど読みたくない・・・
    いや、読んだんですが、これは凄いな。まるでミステリー小説を読んでいるようです。
    次、3巻へ・・・

  • 一巻に同じく。

  • 展開が読めない。だからおもしろい。

全80件中 1 - 10件を表示

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

母の死をきっかけとした【再上映】で、18年前の過去に飛ばされた悟!かつてない程の過去に飛ばされた先で見たもの、それは…連続誘拐殺人事件で殺された少女・雛月加代の家庭内に潜む闇だった…!?

僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする