機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)

  • 123人登録
  • 3.77評価
    • (9)
    • (11)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 葛木ヒヨン
  • 角川書店 (2013年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208458

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ガンダムのサイドストーリー的な一冊。
    原案が福井さんとのことで、手に取ってみました。

    ガンダムは基本、宇宙世紀しかわかりません、、(汗

    ブライトさんの眼から見た宇宙世紀、一年戦争からシャアの反乱の前後、
    “ユニコーン”の前日談とでもいうべきでしょうか、ふむふむ。

    ブライトさんも、ニュータイプとの位置付けでしたかね、
    組織の中で生き切れなかった青さなど、いろいろと描かれています。

    ユニコーンの後にハサウェイにつながるのが、ふむふむと。
    “マハ”の概念は、ガイアギアでもありましたかね、、うろ覚えです。

    さて、“虹”の指し示すところは、、?
    ガンダムに一家言ある方は、目を通してみるのも面白いかと。

    それはそうと、ハサウェイも映像化されないですかね、、なんて。

  • 「君には国家騒乱罪を適用するに足りる複数の嫌疑がかけられている」

     「機動戦士ガンダム」シリーズの名脇役である「ブライト・ノア」を主人公としたマンガ。『逆襲のシャア』と『機動戦士ガンダムUC』との間を埋める話ではあるのだが、どちらかといえば「機動戦士ガンダム」シリーズの総集編とでも言うべき内容になっている。いや、誤解を恐れずに言うならば、本作はマンガでありながら、決してストーリーを語るための作品ではなく、一種の「ガンダム論」を語るための作品である。

     本作は「ニュータイプ部隊の指揮官と仇名される」「ブライト・ノア」が、「国家騒乱罪」の嫌疑をかけられ、審問を受けるところから始まる。
     「ブライト・ノア」を危険分子とする考えは、これまで多くの「ガンダム」作品でも語られてきたが、本作はその危険分子たる「ブライト」が自身の言葉で、それまでの出来事を語ることで紡がれる。
     その「ブライト」の語りは、福井晴敏さんらしい、人物の葛藤や深い背景を金棒として、それがある種の「ガンダム論」に発展していくのである。

     「なるほど、『ガンダム』を、そして『ブライト』をこういうふうに語ることができるのか」という驚きにも満ちる、古くて新しい「ガンダム」作品であった。


    【巻数】全1巻
    【掲載誌】ニュータイプエース
    【連載年】2013年

  • ガンダムで重要な登場人物であるブライト・キャプテンから観たお話です。コレはコレで面白い内容だった。

  • 逆襲のシャア後からUCの間のブライト・ノアに起きた出来事

    アムロと出会った頃からカミーユ、ジュドー、シャアらとの出会いをブライト目線で描写その部分が長すぎる感じも

    シリーズは見てるけど、Z以降の時代背景の記憶が曖昧な部分を補いながら読むのがスッゲェ~疲れた

    異端審問会のような形式で行われた審判ではあるが、質疑の内容がストーリーを進めるがためお粗末感、残念というか不快

    強烈な仲間に翻弄され、上官との板挟みブライトの生真面目さ故の苦悩
    最終的には正義への信念と、友への思い故の妥協と言うことなのかな?

    この結論がなければあの頑固者で一本気なブライトがUCの時代も艦長を続けているのも不思議ではあるか

  • このタイトルでブライト視点ということで、読み始める前から物語の方向性に期待していた。1stからZ、ZZ、CCAへの流れが好きな自分には響くものがある。UCを補完しつつUCのテーマをブライト視点で扱っていて、CCAから直接繋がるわけではないにしても閃ハサのことを考えるとブライトの立ち位置が本当辛い…

  • 期待以上に面白かった。

    上手いこと辻褄合わせ出来ていて、それなりに筋も通っている。

    閃光のハサウェイも映像化して欲しいなぁ。

  • ガンオタ必読書籍

  • 一年戦争からZ、ZZ、逆襲のシャア、UCの手前まで。

  • 連邦軍査問会に招集されてしまったブライトのUCに続く回顧録みたいな感じ。

  • 泣けた。

全10件中 1 - 10件を表示

葛木ヒヨンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

数々のガンダムパイロット、ニュータイプ達を見続けて来た男「ブライト・ノア」の視点から紡がれるガンダムメモリアル! ブライトは彼らを見て何を思い感じたのか!? その全てが明らかに!!

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする