水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (2) (カドカワコミックス・エース)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吉原雅彦
制作 : 朝霧 カフカ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041209875

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (2) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやいやいやいや。
    あんな至近距離からの銃弾が貫通しないような鉄板て!
    そんなん服の下に仕込んでたら、重くて動けないか、服が不自然に膨らんでバレるだろ!
    ていうか、銃弾が当たったときに金属音するだろ!
    相変わらず描写がオカシイ気がする。
    ていうか、居場所を教えれば命だけは助けてやるって条件を平気で反故にする無慈悲さを演出しておきながら、頭を狙わなかったり死んだことを確認せずに去るとか、阿呆か。

    そして、相変わらず何処がクトゥルフなのか不明。

全1件中 1 - 1件を表示

吉原雅彦の作品

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (2) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (2) (カドカワコミックス・エース)の作品紹介

秋葉原行夫を追う古鉄と別れた陽夢は、三合会幹部・秦唯進に襲撃されてしまう。秦の目論見により母親の死を知った陽夢は、再び怪物と化し、殺戮を始める。陽夢は秦との直接対決に臨むのだが――。

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (2) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする