きまぐれロボット (角川文庫)

  • 3251人登録
  • 3.60評価
    • (207)
    • (325)
    • (546)
    • (49)
    • (6)
  • 228レビュー
著者 : 星新一
  • 角川書店 (2006年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

きまぐれロボット (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中学生くらいの時に一度読み、今回は再読。
    読む人の年代や時代を問わない万能の面白さがある。
    蚊を食べてくれる便利な草と思いきや、冬場もわざわざ蚊をあたえなければならないオチという「便利な草花」。
    異星人の侵略から地球を救った猫の話である「ネコ」が良かった。

  • ショートショートの神様、星新一。

    博士、ロボット、発明品、宇宙人というアイテムでここまで想像が膨らませられるのが星新一のショートショートの魅力だな!
    わかりやすくて、読みやすい。

    世界中にこんな愉快な博士たちがいたら、とっても面白いのに!

    あと毎度かわいそうな目にあうお金持ちのアール氏が個人的には大好きなのである。もちろん世界は同一ではないのだけれど。

  • Kindleで読んだ。しばらく本を読んでないので、短いのはとても読みやすい。オチも秀逸

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“あの人が買う本”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/11.html


    「はじめて読んだのは、これなら読めるだろうと思って買った・・・そう!!これこれ!!!」とついつい大声を出してしまった、ますだおかだの岡田さんが手にしたのは星新一さんの『きまぐれロボット』」




    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 大体2~3ページの短い話をまとめたものでした。
    所々笑ってしまいます(笑)

    私が国語教師なら、最後のオチをみんなで考えて、どんな意見が飛び交うか、やってみたいです(笑)

  • 星さんデビュー。初めて読んだ。一話一話が短くてスイスイ読める。そして内容が人間に対する風刺のような、戒めのような、読んでいてドキッとしたり勉強になったり、あ~となったり色々楽しませてくれました。他の作品も読んでみたい。

  • ブラックな感じのショートショート集。登場人物はほとんど「エフ氏」「エス氏」「アール氏」などアルファベットをカタカナで表記されていて名前から受ける先入観がなく楽しめる。

  • 星新一の作品にしては、「いい話」が多い。独特の切れ味というより、意外性を楽しめるショート・ショート集。

  • 「きまぐれロボット」4

    著者 星新一
    出版 角川文庫

    p96より引用
    “「やれやれ、せっかくの薬を、むだにしてしまった。
    たくさん飲んだから、それだけ面白いというものでも
    ないようだな」”

    SF作家である著者による、
    ショートショート作品集。
    面白い発明から宇宙人が訪ねてくる話まで、
    一話5ページ位のものが36篇収められています。

    上記の引用は、
    夢を見る薬の話の締めの一文。
    過ぎたるは及ばざるがごとし、
    ということでしょうか。
    どの様な事にもいい塩梅というものがあるようです。
    私の場合ゲームが好きなのですが、
    丸一日ぶっ通してプレイするとさすがに疲れます。
    それでもまた次の日プレイするのだから、
    好きな事には疲れも楽しみの内なのかも知れません。
    作品の雰囲気に合った挿絵がよい味わいですが、
    もう少し気合を入れて書いてほしいなとも思います。

    ーーーーー

  • ネコが地球の支配者だったとは…(笑)

  • ショートショートが詰まった小説。
    内容はSFですが、だからといって小難しい感じ(SFが小難しいって感じるのは私だけかもしれませんが…)は全くしません。
    むしろ、とても読みやすいです。
    でも、内容では『人間』をよく描いた作品だと思いました。全体を通して人間の欲深さだったり、ずる賢さが描かれているので、単純に面白いだけのお話ではないなーと。
    短いお話なのに読んだ人に考えさせる奥深い本でした。

  • 短編集で、とっても読みやすい
    童話っぽくて小学生でも読める“文学”って感じ

  • やっぱり星新一さん大好き(*´∀`)♪去年と同じく「かまわぬ ブックカバー」目当てに購入したんだけれど…(^^;)毎年一冊ずつ集めるのも良いかな~と思っている(^^)挿し絵も可愛いしね(*≧∀≦*)大事に毎日寝る前に1話ずつ読もうと心に誓ったのに、我慢できずに2話読んでしまう日もあった(^^;)ゞ

  • さくさく読めて面白い.
    1編が数ページと短いので,もう1つ,もう1つだけと読んでたらあっという間に読了.
    本当は夜寝る前に少しずつ読む予定だったのに(笑)

  • 初星新一。ショートショートなのでとても読みやすいです。寓話を読んでるみたいでした。小学生ぐらいからなら、どんな年代でも読めるんじゃないかな。変な発明ばかりで、おかしかったです。

  • ショート・ショート集、表題作が、何でも言われたことをやってくるれるロボットが突然動かなくなったり、逃げ出したりする。人間の体力や知力を衰えさせないように予めそのように作られているというオチのショートショート。

  • 初めて読んだ星新一の作品です!!

  • 一見便利な道具が、予期せぬ結果を招く。結果をみれば納得の内容になっているのが面白い。

  • 星新一さんのショートショート集の中で「ボッコちゃん」の次に好きな文庫本。
    「なぞのロボット」や「リオン」など、おかしな博士が登場してくる話は昔と現代、そして未来に通じるミステリーだ。
    すべてが現実になってしまうと面白くない。未知の部分があるから想像が膨らんでくる。

  • 短編集だから電車の中でもサクサク読めました。予想外の展開になるから面白かったですが、少し意味がわからなく終わる時があったので、星二つにしました。

  • 時代も世代も問わない星さんのショートショート。
    今回の、特に後半の数点は、小さな子どもたちに読み聞かせしても喜ばれそうである。
    白黒のさし絵がまた、どれもとってもかわいい。
    片山若子さん、気に入りました。

  • 齋藤孝著『大人のための書く全技術』40冊―01
    この作品は「起・承・転・結」に沿って物語を構成するときの教科書ともいうべき、見事なつくり

  • 結末の切れ味が良い。「夜の事件」・「目薬」・「ユキコちゃんのしかえし」が特に好きな話です。

  • 短編集のため、どの話からでも読み始められる。数ページで一話のため、スキマ時間を楽しみたい方にオススメ。
    お気に入りの話は「博士とロボット」。話の結末が意外であり、おかげで自分の心の汚れに気づけたから。

  • 再読。
    懐かしくなって読んだ。
    今となってはオチがわかってしまうものも多いが、それでも面白かった。
    (電子書籍 Sony Reader)

全228件中 1 - 25件を表示

きまぐれロボット (角川文庫)に関連する談話室の質問

きまぐれロボット (角川文庫)に関連するまとめ

きまぐれロボット (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きまぐれロボット (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

きまぐれロボット (角川文庫)の作品紹介

おなかがすいたら料理をつくり、あとかたづけに、へやのそうじ、退屈すれば話し相手に。なんでもできるロボットを連れて離れ島の別荘に出かけたお金持ちのエヌ氏。だがロボットはしだいにおかしな行動を…。博士の不思議な発明、発見が様様な騒動を巻き起こす。傑作ショートショート集。

きまぐれロボット (角川文庫)の単行本

きまぐれロボット (角川文庫)のKindle版

きまぐれロボット (角川文庫)の新書

ツイートする