ちぐはぐな部品 (角川文庫)

  • 1298人登録
  • 3.60評価
    • (91)
    • (121)
    • (240)
    • (15)
    • (3)
  • 90レビュー
著者 : 星新一
制作 : 片山 若子 
  • 角川書店 (2006年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちぐはぐな部品 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 昭和47年に初版されたものなんて信じられないです。まるで未来を予想しているかのようで曳引き込まれした。特に「凍った時間」「神」「鬼」「壁の穴」に引き込まれました。あと「シャーロック・ホームズの内幕」「恋がいっぱい」「最高の悪事」も面白かったです。10点をつけたいくらいでした。

  • 相変わらずバラエティに富んでいます。
    「凍った時間」は読んでいてもの悲しくなりました。逆に「シャーロック・ホームズの内幕」には笑わせていただきました。こんなホームズとワトソン博士は嫌だ(笑)

  • 宇宙もの、発明もの、落語オマージュから宗教ものまでバラエティ豊かな作品群。
    世界観の説明が常にスマートで惚れ惚れする。

  •  
    表紙可愛くてつい・・

    タイトルどおり時代とか場所とかちぐはぐ
    恋がいっぱいと凍った時間がすき
    またゆっくり読もう

  • タイトル通り、ちぐはぐ。
    時代物は苦手。
    「凍った時間」が好きすぎる。

  • 『凍った時間』『変な侵入者』『神』『ネチラタ事件』『鬼』『出入りする客』『壁の穴』がお気に入り。

    『壁の穴』このナイフすごく欲しい!

  • 俺が生まれる前の本。
    それなのにこの世界観凄いな。
    宇宙や未来のことがごく普通に書かれている。
    まるで自分が未来に行って見て来たかのように。
    あんまり人類への皮肉めいたものはなかったけどことわざやフレーズを一つのストーリーにして書かれているのが多かった気がする。

    ストーリー
    事故により、脳を残して、全て人工の身体となり、ひっそりと一人で暮らしていたムント氏。訪ねてくるのは週一回の合成血液の配達人だけ。ある日、外の世界に繋がるテレビと電話が通じない。しかたなく外に出ることにしたムント氏。そこは動くものがなにひとつない世界だった。「凍った時間」ほか、29篇。SFからミステリ、時代物まで、星作品中とりわけバラエティ豊かなショートショート集。

  • あとがき

    これは、新しい「あとがき」です…

    昭和61年6月 著者

    …て、ええ!?


    私がタイムマシンに乗っていたのか?

  • オチが割とシンプルでブラックなものが多い作品集。だましていると思っていたら実はだまされていたとかいう、星新一らしい作品が多いのだけど、モテる男を拘束したのが婦人警官など、割とオチが弱い物が多い。
    それもそのはずで、星新一としてはかなり古い作品が収められている模様。さらにいろんな名作を下敷きにして、「あのオチは実は」というものもあり、星新一らしくない物も多い。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    事故により、脳を残して、全て人工の身体となり、ひっそりと一人で暮らしていたムント氏。訪ねてくるのは週一回の合成血液の配達人だけ。ある日、外の世界に繋がるテレビと電話が通じない。しかたなく外に出ることにしたムント氏。そこは動くものがなにひとつない世界だった。「凍った時間」ほか、29篇。SFからミステリ、時代物まで、星作品中とりわけバラエティ豊かなショートショート集。

    【キーワード】
    文庫・短編集・SF・ショートショート


    1+2+1

  • 星新一さんのショートショートはいつも皮肉が効いてます。
    いずれも短いお話で、ちょっと空いた時間に読めるのが良いです。

  • 今回はSFもあるけど、ジャンルがバラバラな印象。ちぐはぐ。

  • 根幹にいくつか伝えたいテーマがあるわけか

    凍った時間が最高に面白かった

  • 事故により、脳を残して、全て人工の身体となり、ひっそりと一人で暮らしていたムント氏。訪ねてくるのは週一回の合成血液の配達人だけ。ある日、外の世界に繋がるテレビと電話が通じない。しかたなく外に出ることにしたムント氏。そこは動くものがなにひとつない世界だった。「凍った時間」ほか、29篇。SFからミステリ、時代物まで、星作品中とりわけバラエティ豊かなショートショート集。

    ------------------------

    星新一さんの作品は、『きまぐれロボット』とこれで二冊目。短いものは数ページ、少なくても十何ページの作品、つまりショートショート。
    どこかで配信していたアニメで知った作家さんなのだが、かなり気に入った。皮肉っていたり風刺のようだったりするけど、この柔らかな文体と挿絵の片山若子さんのイラストでやたらと可愛い物語に思える。

  • 数年前はつまらないと思い途中で読むのを止めてしまった小説だったのですが、最近本棚から引っ張りだして読んでみたら不思議ととても面白く感じました。これは私ごとのエピソードなのですが、以前より文章を読めるようになったのだなぁと、感動。
    どの話も、オチがあって、風刺効き、訴えかけるものがあります。一つ一つが洗練されていて妥協していない感じに、作者のショート・ショートにかける情熱とこだわりがひしひしと伝わってきました。
    とくに『壁の穴』という話が面白かったです。輝きに満ちた世界を次々目にするにつれ、今いる現実がちっぽけで劣っているように主人公には映ってきてしまったのかもしれません。現実逃避に溺れていくにつれて様子が豹変していくところは、読んでいて恐ろしさを感じました。私には、ナイフであけた穴から様々な景色を見ることに夢中になる行為は、現代のインターネットに没頭する人の姿にも似ていて、もしかして作者はこのことを見越していたのではないかと考えてしまいました。

  • 恋がいっぱい、が好き。

  • 星新一の作品はどれも本当に面白い。この作品集の中だと特に「抑制心」が印象に残った。彼のショート・ショートは最後に思わずニヤリとさせられてしまう作品が多いので、外で読むとちょっとした不審者になりかねないのが嬉しい悩みだろうか。
    本屋で見かけたらつい買ってしまう著者の一人。

  • 初めての星作品で、選んだのがこちら。
    時代の最先端を走る中古車みたいな独特の雰囲気が、好きです。

  • 年をとってから読む方がもっと面白い。これは意外な発見。

  • 2012年8月24日読了。星新一のショートショート集。1972年発行の初版を2006年に装丁・活字などを新しくしたもの。「ボッコちゃん」などは随分読んだがこの本に納められたストーリーは私にとってはいずれも初見のものだった。ディックやシェクリイなどのショートSFを多く読んだ身からすると、星新一のSFは軽く、宗教的・哲学的葛藤があまりないような気がして最近は読む気にならなかったのだが、後書きの「40年以上経っても古びない独特な文体」とのコメントには納得するところあり。「いじわるな星」「ネチラタ事件」「ヘビとロケット」あたりは結構好み。落語ネタや一発オチだけのショートショートでも「これはSFだ」と言い張るとSFになってしまうのは面白い。

  • さすが星新一!安定感のある面白さ。
    日常生活のふとした時に読みたくなるんだよね、SS。

    『ちぐはぐな部品』というタイトルもどんぴしゃで好みです笑
    表紙の色合いもいいよね、まさにちぐはぐ感出てる笑

    スカッとしたいときには是非♪

  • 星さん大好き!

  • 相変わらずの星新一。30篇にまとめられたSS集。
    色んなテーマのSSがあってバラエティーや内容も豊富。
    長さもバラバラなので星新一をとことん楽しめる一冊。

  • 「神」が秀作、ぐっとくる
    「意地悪な星」はそこまででもない
    「壁の穴」は時代を見通す先見の明というより、純粋に人間に対する鋭い洞察を感じる傑作

    宇宙、未来、新発明を扱うシンプルで正に星新一に求めるショートショートという作品から、現代の寓話、昔話の再解釈、短編まで、星新一を一通り楽しめるお得な一冊。これは買って損はない。

    どうでもいいけど、SFでしばしば強調される「古さ」なんて個人的にどうでもいい。古さを感じないからいい作品なの?。
    「電子頭脳」のどこが古いのか。「コンピュータ」よりも電子頭脳の方が圧倒的に味わいがある。コンピュータが古臭くなる時も遠くないだろうに

全90件中 1 - 25件を表示

ちぐはぐな部品 (角川文庫)に関連する談話室の質問

ちぐはぐな部品 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちぐはぐな部品 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちぐはぐな部品 (角川文庫)の文庫

ちぐはぐな部品 (角川文庫)のKindle版

ツイートする