小説吉田学校 第2部 党人山脈 (角川文庫 緑 481-2)

  • 23人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 戸川猪佐武
  • KADOKAWA (1980年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041481028

小説吉田学校 第2部 党人山脈 (角川文庫 緑 481-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズは、面白い。

  •  狸穴からの使者。官僚政治からの脱却を期したい。吉田茂が自由主義陣営に向けて扉を開いたのなら、共産主義陣営に向けて扉を開こうではないか。日ソ国交を回復したなら、領土問題も通商問題も戦犯釈放も国連加盟も、解決に向け前進させることができる。鳩山一郎は、憲法改正と再軍備に内政の柱を置きながら、現実の国益を踏まえて理想に近づく政党人であった。

全2件中 1 - 2件を表示

戸川猪佐武の作品

ツイートする