一角獣 (角川文庫)

  • 67人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (7)
    • (25)
    • (2)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 小池真理子
制作 : 門坂 流 
  • 角川書店 (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041494165

一角獣 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集

  • 超短編集(ショートショート)8話

    こんな花あらしの日の午後は
    月影の中で
    石榴(ざくろ)の木の下
    雨の朝
    闇のオンディーヌ
    一角獣
    妖かし
    光きらめく海
    あとがきにかえて

    日常生活を書かせたら,こんなにすごい作家はいないかも。
    怪しげな話も日常生活の一小間にすぎない。

    あとがきにかえて、では、掌編小説から短篇小説まで集めたとのこと。
    掌編小説は20枚。短編小説は60枚。なるほど分類があるんだ。

    銅版画が1話に1枚づつ。
    紙が薄いので裏は白紙。

    初出は2000年から2002年。

  • ストーリー的にはオチがないものが多くイマイチと感じたが、だからこそ小池氏の素晴らしく美しい情景描写力が際立つ。とにかく美しい。やはり表題作「一角獣」が一番良かった。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    短銃自殺した版画家の、壁一面の血しぶきが作品のようにきれいだった「一角獣」。事故死した老妻と猫の穏やかな語らいが聞こえる「石榴の木の下」。愛した男の香りが蘇る「雨の朝」―憎悪や怒りや嫉妬を超えた底なしの悲しみが連れてきたある至福の時間。月並みな幸福よりも夢まぼろしを甘受する喜びと充実。8通りの人生の、美しい凄みを見事に描き切った小説集。門坂流による彫り下ろし銅版画8作品を収録。

    どの作品も素敵。
    石榴の木の下、一角獣のねこたちがいいアクセント。
    妖かしは少し寒気がして、光きらめく海は暖かくなった。
    切ないという単語がすべての作品の中に埋め込まれていた商品集でした。
    版画も美しい。

  • なんとなく買いしたものだけど、なかなか良かった。

  • 官能的な部分も無いのに胸がどきりと来るような仕上がりになっていて、私は雨の朝と言う作品が気に入りました。

  • 表題作もすばらしいのだが、「石榴の木下」を読んでいて泣きそうになった。猫が出てきているからだけではない。夏目漱石の「夢十夜」の第一夜のような美しい物語。

全9件中 1 - 9件を表示

小池真理子の作品

一角獣 (角川文庫)はこんな本です

一角獣 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一角獣 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする