ウィニング・ボールを君に (角川文庫)

  • 79人登録
  • 3.50評価
    • (5)
    • (7)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山際淳司
  • 角川書店 (1999年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041540640

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スポーツノンフィクションというジャンルは山際淳司で知った。有名な選手はモチロンのこと、高校野球の無名な選手に対しての丹念な取材。そのとき何を思っていたのか、実際にどうプレイされたのかが精密に再現されていく。スポーツでは全て一瞬で終わってしまうプレイの中にも様々な思いが錯綜する。山際淳司が亡くなってしまい新刊が出されないのがすごく残念だ。

  • 山際さんの文章がすばらしい!球場のスタンドで観戦していて空が上にあるような感覚になりました。そしてあったかい。選手のことが好きになる。雑多な感じは否めないが、それは最期だったから周囲が全ての文章を詰め込んでくれたからなのかな。

  • 野球とサッカー。ほかのスポーツも混ぜて欲しかったなぁ。

  • -

    ここにレビューを記入してください

全5件中 1 - 5件を表示

山際淳司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)はこんな本です

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)の作品紹介

スポーツを見つめ続け、鮮やかに切り取ってきた山際淳司。走り去るように人生を駆け抜けた彼が残した最後の作品集。プロ野球、大リーグ、サッカー、プロボクシング…。真摯な視線と深い洞察を持って綴られた文章からは、戦い続ける男たちの声が走馬灯のように甦る。また、映画監督・北野武への貴重なインタビューも収録。彼の最後のメッセージがここにある。

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)の単行本

ウィニング・ボールを君に (角川文庫)のKindle版

ツイートする