ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)

  • 99人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (5)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 宗田理
  • 角川書店 (1991年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602294

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シャーロキアンで推理小説を好む、主人公がイタリアン料理店を経営する息子と探偵局を開く。ネコ探しから、落し物など中学生ならでは依頼を引き受けてきたが、脅迫電話の対応を依頼された時は戦慄し、依頼を深刻に捜査する。犯人は”ラッキー・マウス”と名乗り、三つの事件が進行する。小難しいトリックは一切使っておらず、小学生向けの内容かなと感じる。ただ、中学生ならではの考えと行動力は大人になった私にとっては、いつもと違う視点で楽しめた。

  • 2-A探偵局シリーズが好きで宗田先生を知ったのですけど
    これが2-Aの1冊目ですね。図書館で頑張って探した記憶があります^^

  • 2年A組探偵局シリーズ。これも中学生が活躍するお話です。主に学校の事件を解決し、ぼくらシリーズの仲間もたまに登場します!また、ぼくらシリーズに彼女たちも登場します!ぼくらシリーズを知ってる人は、深く楽しめます。

  • シリーズなのでとりあえず一番初めのを。<br><br>推理小説、、、だよね。<br>主人公は中学二年生。どんなに頭が切れても子供だから出来ないこともあって、悔しい事とか、もどかしい事とか、色々あるところが面白い。<br>読みながら一緒にもどかしくなります。<br><br><br>それにしても、読み始めたのが中二、同い年だったのに、今じゃあ年上か…

  • 2年A組探偵局シリーズは、全部持ってるんですが…
    ラッキーマウスは、一番つまらなかったかも…。

全6件中 1 - 6件を表示

宗田理の作品

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)はこんな本です

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)のKindle版

ツイートする