十三の墓標 (角川文庫)

  • 69人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1991年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607213

十三の墓標 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お店のお客さんから借りました。

    自分ではきっと手に取ることのない本。
    お店の常連のおじいちゃんから借りました。

    本の中の少女、5,6歳という設定だけど、かなりしっかり。
    いくらしっかりしていても、あんなしゃべり方はしないだろうな、とちょっと違和感。
    ストーリーはよくドラマで見るようなお決まりのミステリー。
    本で読むより、映像で見た方が楽しめるかも。

全1件中 1 - 1件を表示

内田康夫の作品

十三の墓標 (角川文庫)はこんな本です

十三の墓標 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十三の墓標 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十三の墓標 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十三の墓標 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

十三の墓標 (角川文庫)の作品紹介

「パパもママも帰って来ないの」5歳の少女が警視庁に勤務する坂口正二を訪ねて訴えた。姉夫婦になにがあったのか、若き刑事は不吉な予感に襲われた。義兄の死体は福島県石川町で発見された。また王朝時代の女流歌人の研究家吉川は数日前に佐賀県有明町で義兄が歩いている姿を目撃したという。この離れた二つの町を結び付けるものは和泉式部の墓。そして、姪の証言から「イズミ」という謎の人物の存在が浮かび上がり、事件はがぜん美女伝説めいてくる…。余部鉄橋、天橋立股のぞき、猫啼温泉、旅情ゆたかに展開する傑作ミステリー。

十三の墓標 (角川文庫)の単行本

十三の墓標 (角川文庫)の文庫

十三の墓標 (角川文庫)の文庫

ツイートする