日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)

  • 112人登録
  • 3.21評価
    • (3)
    • (3)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1995年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607336

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「日蓮の生まれ給いしこの御堂」木綿子の恋人塩野が残した謎の伝言。真相を追って浅見光彦は聖人ゆかりの地を訪れるが、重要な手がかりは得られない。ところが、その浅見に怪しげな人物がつきまとい、さらに木綿子の父親も「イトウのお寺には行ったのか」という言葉を遺して、突然の死を遂げた。果して犯人の目的は、消息を絶った塩野の行方は。そして日蓮聖人生誕に隠された秘密とは。

  •  そんな訳で。

     日蓮の生まれた場所だと思われる地を訪ねたり……日蓮が最大の法難にあったという場所を訪ねたりしていたが、結局、メッセージの手がかりを得られることなく。
     ヒロインの恋人の家を訪ねると、今度は警察に捕まってしまう……。

     そうこうしているうちに、今度はヒロインの父親が殺されてしまう。

     そうなって初めて、浅見は新聞記者に助けを求めるが、最後の最後に裏切られてしまう。

     怒りからそこに乗り込んだ浅見はついに、事件の真相を知ることになる……。



     ここから先は、ネタバレになるので、嫌な人は、回れ右をして欲しいのですが(と、註釈して)。



     結局のところ、犯人は自滅してしまうのですが。
     いつもいつも思うのですが、この終わりが正しいのかどうかわからない。
    「真実は闇の中」。
     確かに、それが一番都合のいいこともあるのです。

     未然に誰かの不利益が防がれたのだとしたらそれはそれでいい。
     一度失墜した信用は確かに、そう簡単に取り返せるものじゃない。
     おまけに、企業は企業のトップとして多くの社員の命を抱えてる。
     それはわかる。

     でも、だからと言って、犯罪を放置していいのか……。

     てか、そもそも犯罪って何だろう?
     人が被害をを受けることを「犯罪」と予備規制しているのだとしたら。
    「犯罪」を明るみに出す方が不利益を受ける人が多いのだとしたら……わかんないよね。

     なんて、ちょっぴり哲学的な気持ちになってしまうのでした。
     この終わりの後味の悪さがないと、もっと面白い本だと思うんだけど。

     いっつも、終わったところで、悩んでしまう。
     これはもう、作者さんと浅見さんとの僕の主張の違いなんだろうな……。

     というわけで、僕は浅見さんとは結婚出来ない(ぇ)。

  • 日蓮さんと事件が絡み合うお話。
    浅見さんが不甲斐無さを独白する場面がめずらしく多かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

内田康夫の作品

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)はこんな本です

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)の新書

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)の単行本

日蓮伝説殺人事件〈下〉 (角川文庫)のKindle版

ツイートする