君はジャスミン (角川文庫)

  • 72人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 喜多嶋隆
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646465

君はジャスミン (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰かが言った‥
    喜多嶋隆は筋金入りのロ○リコンだ!と‥。
     

    あぁ!そぅだよ!確かに彼はロリコ○ンだろう!
    でも‥
    彼は【初恋の想い出に生きる‥元少年】で有り‥
    いわゆるゴリゴリの本物の方とは違うぞ(`曲´#)
     
    U22好き‥
    貧乳好き‥
    良いぢゃないか!
    小説はおもろいし素敵なんだ!
    そこは必要経費のスパイスだと思おう(*'-^)-☆
     


    ■□■□■□■□
     
    男性が逃れられない女性像が三人居る。
     
    ◇初体験の女性‥
    ◇母親‥
    そして‥
    ◇初恋の女性だ(*^_^*)
     

    喜多嶋さんの作品に出る女性達は‥皆‥
    ストイックでピュアで‥イノセンスで‥
    たまらなくチャーミング・コケティッシュだ(o^-')b
     

    ページを開けば‥いつでも【ファーストラブ回顧】出来るぞo(^o^)o♪
     


    喜多嶋さん‥
    ■CFギャングシリーズも‥
    ■ブラッディマリーシリーズも大好きですが‥
     

    やっぱり‥
    俺的に、短編集がイチバン好きです!

  • ■09110.
    <読破期間>
    H21/8/24~H21/8/28

    <本の内容>
    湘南、ニューヨーク、シンガポール…それぞれの街、そこに漂う「香り」に包まれた、4つのラヴ・ストーリー。
    ボーイッシュな女性から微かに感じられたジャスミンのコロン…一瞬にして恋に落ちた湘南ボーイ。
    女性シェフの炒める玉ネギの香りに癒やされるNY市警のワケあり刑事。
    プールの匂いから初恋の甘酸っぱい記憶を呼び起こす青年—。
    ときにエロティックに、ときに爽やかに「恋の香り」を描く傑作短篇集。

  • やっぱりいまいちだった・・・。
    嗅覚に訴える恋みたいなレビューで買ってしまったんだけど
    嗅覚を効果的に使ってるわけではなかった。
    必ず匂いに関する記述が入る短編集。程度。
    薄かったな。。。

  • ◆あらすじ◆
    湘南、ニューヨーク、シンガポール……それぞれの街に、そこの漂う「香り」に包まれた、4つのラヴ・ストーリー。
    ボーイッシュな女性から微かに感じられたジャスミンのコロン……一瞬にして恋に落ちた湘南ボーイ。
    女性シェフの炒める玉ネギの香りに癒されるNY市警のワケあり刑事。
    プールの匂いから初恋の甘酸っぱい記憶を呼び起こす青年───。
    ときにエロティックに、ときに爽やかに「恋の香り」を描く傑作短編集。

全4件中 1 - 4件を表示

喜多嶋隆の作品

君はジャスミン (角川文庫)はこんな本です

君はジャスミン (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

君はジャスミン (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君はジャスミン (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする