遠い島々、海とサボテン―つれづれノート〈4〉 (角川文庫)

  • 240人登録
  • 3.34評価
    • (15)
    • (14)
    • (88)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 銀色夏生
  • 角川書店 (1995年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673287

遠い島々、海とサボテン―つれづれノート〈4〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅行の時期が多く、旅行記感覚でパラパラ見たり。まだ、かんちゃんも小さいですね。今や18歳になろうとしているのに。そういや、むーちゃんと夫婦なんだ、この頃は…。

  • 再読。
    つれづれの中でも特に好きな巻。
    半年のハワイ(タヒチ、アメリカも含む)生活を後半は苦行のような感じでこなしているところが銀色さんらしくて面白い。
    この頃は兄せっせはイラストでしか出てこないので、最近の写真から若い頃を想像して読むとより微笑ましい。

  • 旅行気分に影響されて、頭がぼーとする。

  • 一番読み返したのが4巻。
    なんか、とても好き。

  • 94年4月95年4月。
    セッセとあーぼうとハワイ&アメリカ&タヒチ旅行。
    2007-11-27

  • 子連れでもこんなに自由に旅行したりできるなんて、やっぱり銀色さんは自由人。

  • 大人になったらこんなに簡単に海外旅行にいけるものなのかな、とか、思ってましたorz

  • [2006/3/15]

  • つれづれノート3冊目。

  • あーぼうとふたりで気ままに旅行してるこの頃が最高です。

全14件中 1 - 10件を表示

銀色夏生の作品

遠い島々、海とサボテン―つれづれノート〈4〉 (角川文庫)はこんな本です

遠い島々、海とサボテン―つれづれノート〈4〉 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遠い島々、海とサボテン―つれづれノート〈4〉 (角川文庫)のKindle版

ツイートする