「巴里の恋人」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)

  • 25人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉村達也
  • 角川書店 (1995年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789513

「巴里の恋人」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他人の目なんて意識する必要はありませんよ。どうせ会社を辞めた人間は悪く言われる運命にあるんですからね。
    自分に自信がなくて、自分が嫌で、そんな自分を人前にさらけ出したくないから、人を割けるようになる。結局、そういう心理を突き詰めていくと、他人が嫌いなのではなく自分が嫌いなのだという結論に達する。

  • 再読。
    地味で寂しい一人暮らしのOLが、パリにいるという架空の恋人ロベールを作り出したことから殺人事件に巻き込まれる。
    切ない話だが、事件解決は面白かった。

    2013.11.26
    再読。1995年の作品
    角川文庫の企画本 ワンナイト ミステリー・シリーズ 290円也
    ナイトキャップ代わりに1〜2時間で読める中編推理。

    地味で寂しい一人暮らしのOLが殺人事件に巻き込まれるというもの。
    140ページしかなく、あっと言う間に読めてしまうが、発想が面白く、ストーリーも推理も読み応え充分。

全2件中 1 - 2件を表示

吉村達也の作品

「巴里の恋人」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)はこんな本です

「巴里の恋人」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)のKindle版

ツイートする