ドブネズミの詩(うた) (角川文庫)

  • 43人登録
  • 4.00評価
    • (9)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 角川書店 (1992年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041837016

ドブネズミの詩(うた) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 音楽バンド『ブルーハーツ』の語録。

    1ページに2~4個くらい、彼らが昔言った台詞がデカイ字で書かれている。大体が適当に喋った言葉だと思われ、前後の台詞同士が矛盾を抱えてたりもするが、彼らのそのときの正直な気持ちがそのまま出ている感じでいい。きっと3つか4つは、心に響く言葉を見つけられるはず。。。

    「幸せを手に入れるんじゃない。幸せを感じることが出来る心を手に入れるんじゃ。」
    だってさ。
    とても、その通りだ。

  • ブルーハーツの語録みたいな本。
    誰が言ったか書いてあれば分かりやすかったのになと思いました。

  • 実家の自分の部屋の押し入れをあさっていたら出てきた本。

    ブルーハーツ世代にとっては、
    矢沢永吉の「成り上がり」に匹敵するほどのバイブル本。

    この年齢になって、改めて初心に返りながら、
    アッという間に読み切ってしまった。

  • やはりほとんど知っていた。詩はもちろん、語録も。でも、いいもんはいい。

  • お前これやべえよ。

  • ザ・ブルーハーツの全てはココに凝縮する。
    そしてオレの思考を組み立てた張本人達がココに終結する。
    さらに、これからのオレの生き様、道標を決定づける言葉がココに凝縮する。

  • 何回読み返しただろうか。雨の日も風の日も、かばんを持ってないときだって、これは持ち歩いてた。唯一無二の真実があって、本物のロックのこころがある。

全7件中 1 - 7件を表示

ザ・ブルーハーツの作品

ドブネズミの詩(うた) (角川文庫)に関連する談話室の質問

ドブネズミの詩(うた) (角川文庫)はこんな本です

ドブネズミの詩(うた) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする