今日の別れに (角川ホラー文庫)

  • 54人登録
  • 3.08評価
    • (3)
    • (3)
    • (14)
    • (1)
    • (3)
  • 7レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 角川書店 (2003年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879658

今日の別れに (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「角に建った家」は1990年岩波書店刊単行本
    魔法の声(ink heart)と同じで本の世界が実現するホラーというよりはファンタジー
    「あなた」角川mini文庫
    「今日の別れに」2002年9月から12月号 本の旅人連載

    赤川次郎らしい。赤川次郎ファンではなく,ホラーファンが読むと点が低いかも。

  • ジャンルはホラーの短編なのだが、切ない感じなのが多かったように思う。

  • シュールな終わり方の話が3つあってショートストーリー仕立ての読みやすい一冊。人間は悪いことするとやはりだめなんだということが啓発されるストーリー。

  • ジャンルはホラーだけれど、そんなに恐くない。
    本の内容が現実にも出てくる話は、そうでもないが、後の2話は 後味悪い。

  • こういう本って最近30分程度でさらっと読み飛ばしてしまう。文章が平易なのはいいとしても、そんで短編ホラーであることを考慮しても、読んですぐ古本屋に売り飛ばしたくなるような本て問題ありなんじゃないの?まあ私は図書館に返すだけだけどさ。

  • 赤川次郎のホラーは怖い!そして癖になる後味の悪さがある。

    最初に読んだホラー作品が「夜」(角川ホラー文庫)で

    新興住宅地が地震のため隔絶するというお話。

    極限に追い込まれた住民が狂い出す描写はじんわり怖いし

    謎の怪物は跋扈し一人、一人と殺される。

    それまで活躍した登場人物でも善人だろうが悪人だろうが容赦がない。

    折れた橋の向こうに人影を見つけ接触をとろうとしたら

    なんと相手がいきなり飛び降り自殺するという不条理なくだりは

    文体がシンプルなだけに震えあがった。

    その後「白い雨」「忘れな草」などの他のホラー作品を読んでも

    怖がらせ方が上手くて舌を巻いたもんだった。



    「今日の別れに」は三篇からなる恐怖小説集。

    先のホラー文庫「さよならをもう一度」「滅びの庭」は

    自選集なので傑作ぞろいだったけどこの本はちょっとレベルが落ちるかな。

    それでも赤川ホラーの特色はよく出ている。

    収録の「角に立った家」はある本に登場する屋敷がある日、町外れに出現する話で

    恐怖よりも少年と屋敷に住む少女との交流が印象に残り美しい印象。

    あとの二編は過去の行ないが報いとなって返ってくるというタイプの物語で

    ホラーというより日本の怪談に近い味わいがある。

    とくに表題作は元恋人が事故にあったのを見捨ててしまった女性が

    怪異に遭う話なんだけど、これシチュエーションの持っていき方が

    ほんと上手いんで納得しちゃうんだよねえ。

    おれもこの状況なら彼女と同じことしてんじゃないかと思う。

    赤川次郎が書くホラーの怖さは誰しもが持ってるほんの少しの

    ズルさ、思いやりのなさを抉り出してくるところで

    そのぶん、はねかえってきた惨劇に恐怖してしまうんだろうな。

    全てが終ってラストを迎えても

    そこには新たな恐怖の始まりが待ち構えてたりするんだけど

    現実がぐらつく「不安感」はちょっと心地よくてまた味わいたくなる、というわけ。

  • 何だか切ないお話だったような(うろ覚え)
    (2003/3/9(日))

全7件中 1 - 7件を表示

赤川次郎の作品

今日の別れに (角川ホラー文庫)はこんな本です

今日の別れに (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の別れに (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

今日の別れに (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする