張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)

  • 24人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 臼井 勝美  NHK取材班 
  • 角川書店 (1995年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041954027

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 張学良は関東軍による爆破事件で亡くなった張作霖の息子であり、奉天軍閥のリーダー。西安事件でクーデターを起こし、歴史の表舞台から姿を消します。

    同書はNHKが90年代に台湾で張学良が存命と聞き、インタビューを行ったNHKスペシャルの書籍版。張学良が当時、どんなことを思っていたのか、西安事件の意図はなんだったのかが語れています。

    インタビュー中、学良は「話したくない」と証言を拒否することも度々あって、その辺も逆にリアル。

    昭和史は学校では必ず、時間切れになる。天皇制 や戦争責任といったナーバスな問題を抱えているからなんだろうが、やっぱり検証は必要だろう。

  • 現代史のリポートでこの書籍を中心にまとめる。信憑性が高いことと、晩年の彼を知る上で貴重な資料。

  • 西安事変70周年、ある先生の研究報告を聞いて急に興味を持った。
    91年のNHKスペシャルを見たときは、やや単純に「西安事変といえば、中国の近代史の大事件」というぐらいで、核心的な部分を「なぜ張学良は、クーデターを起こしながら、蒋介石と一緒に南京に行ったのか?」ということを強く思った。
    しかし、いま改めてこの本を読んで、そういう視点が必ずしもこの西安事変の核心として十分ではないと理解できた。
    日本人として、日中友好の将来と歴史を語るなら、この「西安事変」に対しての歴史的事実の理解と観点を持つべきと強く感じるようになった。

全3件中 1 - 3件を表示

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)はこんな本です

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)の作品紹介

関東軍により爆殺された張作霖の長男、張学良。父を敬愛し、頭脳明晰であった彼はまた、プレイボーイと呼ばれ、西洋人と交流する一面も併せ持っていた。西安事件で蒋介石を監禁し国共合作を迫った張学良は、以来半世紀をこえる幽閉生活を送ってきた。そしてついに沈黙を破り、その数奇な生涯と日中に横たわる謎がときあかされた-。張作霖爆殺事件から西安事件までの日中秘話。

張学良の昭和史最後の証言 (角川文庫)の単行本

ツイートする