ココナッツ (角川文庫)

  • 656人登録
  • 3.20評価
    • (29)
    • (47)
    • (252)
    • (22)
    • (6)
  • 73レビュー
著者 : 山本文緒
  • 角川書店 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041970089

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 文緒
綿矢 りさ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ココナッツ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【自分用メモ】
    どうもしっくりこない、物足りないと思いつつ読み進め、あとがきを読んで納得。
    ジュニア小説として発表したものを下敷きにしているそうです。

  • 軽快で爽やかな読み心地

  • チェリーブラッサムの続編。
    前作と同様、山本文緒のドロドロしてない小説。
    でも、結構面白かった。

    主人公は中学生の美乃で、父の便利屋を手伝っている。
    今回は有名歌手にまつわる依頼をうけて調査をする。

  • 題名のイメージがちょっと違う、意外なアドベンチャーストーリー(笑)。
    名前からすると、なんていうか精神的なインサイドな小説かと思ったけど(笑)。
    小学生?中学生?くらいの女の子が果敢に問題に取り組む感じの。まぁ面白いよ。
    お坊さんが出てきたり、有名ロックスターが出てきたり、なんか、キャラ設定がちょっと面白いね。

  • コバルト文庫最後の作品を加筆訂正しものというだけあってずいぶんライト。時間潰しでも、もう読むことはないだろう。

    2015*02*01 読了(二回目)

  • 先に「恋愛中毒」を読んでしまったんで。あまりの作品の違いに驚き!そうでなければ、学生探偵、青春、恋愛ってかんじでふつうのお話でした。簡単なお話で私の、年相応のお話ではなかったかなと思いました。ティーン向け文書ではないものを読みたいと思います。

  • 山本文緒がコバルト出身とは知らなんだ。コバルトのまま再販しなければよかったのに。大人の事情無理感が・・・。

  • 初の山本文緒さん。何気ない物語だけれど、ホッとする感じで展開を気にしつつも、すーっと読み切りました。年上の人に、憧れるよなぁ、うんうん。

  • 永春さんが好きすぎて何度も読んだけど、その先を妄想するしかないのがツラい。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    実乃に中学二年の夏休みがやって来た。特に変わったこともない静かな町で、便利屋の父親を手伝っていたそんな時、実乃が密かに心を寄せる永春さんの同級生、ロック歌手の黒木洋介のコンサートが開かれることになるが…。何かすばらしいことがあるかも知れない、そんな少女の季節を描いた、清々しくほろ苦い青春物語。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・恋愛・青春


    1

  • 『ココナッツ』

    すらすら読める、分量も良い。
    ただ、タイトルのココナッツがどこに出て来たのかだけがわからない。

    シンプルなストーリーだったです。
    2日間ですが通勤時間のお友達になってました。

    (やっぱりカネが狂わせるのか END)

  • 1991年の作品。「アイドルをねらえ!」を改題・加筆訂正。
    「チェリーブラッサム」の続編。

    便利屋を営む父と中学生の娘の話。
    若くて可愛いなあ。
    ミステリー仕立てになっていて面白い。

    コバルト文庫最後の作品だそうで、少女の成長過程を連作して書こうと思っていたものが、さまざまな事情で志半ばで終わったとのこと。
    書いて欲しかったな。
    (図書館)

    20120年3月2日購入

  • 中2少女と家族、近しい人たちが地元出身のミュージシャンの身辺のトラブルに巻き込まれていく。ミステリーの展開とともに少女の心の揺れが初々しい。

  • 中学生女の子が主人公の軽い推理小説。
    かわいい恋心の交差するなか事件の真相に迫る。

    なぜタイトルがココナッツなのかわからなかったけど、タイトルに惹かれて手に取りました。

  • コバルト文庫から刊行された「アイドルをねらえ!」を改題・加筆訂正したもの。「チェリーブラッサム」の続編にあたる。
    実乃の街で人気歌手、黒川洋介がコンサートを開くことになった。実は彼はこの街の出身で、実乃が恋心を寄せるお坊さんの永春さんの同級生。今回はこの洋介をめぐってある事件が勃発。実乃も便利屋の父親とともに事件解決へ乗り出す。
    「チェリーブラッサム」よりはラブ要素がややアップ。何を隠そう、私は永春さんが結構好きだ。今現在彼と私は同い年のはずなのだが、どうも実乃の視線で彼を見てしまい、ドキドキする。

  • チェリーブラッサムのその後を描いた話
    前作のキャラクターがますます魅力的に描かれています。
    永春さんの同級生が歌手として成功して地元に戻ってきて…そのなかで起きる事件
    さらにわかってくる背景にある人間関係
    恋愛要素もでてきて、ドキドキワクワクの一冊です!
    続きが気になるんですがこのシリーズはここで終わりなので…
    悔やまれます

  • ココココッココッココー!違うか。

  • 随分昔に読んだものを再読。

    なかなか面白かったという印象があったのですが、その頃からさらに年を重ねてしまったので、物足りないというか腹に落ちないというか。

    読む本の傾向が変わり、目が肥えたせいで、少しミステリータッチの話がかえって肌が合わなく感じたかもしれません。

  • はじめから共感できる部分が多かった本という記憶。

  • ラストのほう、甘酸っぱくて好き。曖昧だったのに、好きだって気づけてよかったね。お嫁さんになれてるといいな。スグル?だっけ 彼も幸せになってほしい。永春さんのファンです。実乃うらやましい。続編読みたいです。

  • これ、続編だったんだってあとがき読んで知りました。
    だからチェリーブロッサムも読んでみたい。
    お話としては、ジュニア小説なだけあって簡単に読める推理物。
    山本文緒ってこんなのも書けるんだってびっくりした。
    あたしの中の山本文緒イメージがちょっと変わりました。
    中学2年生の女の子と便利屋一家、お寺の永春さん、同級生の男の子のお話でした。
    ちょっとクールな永春さん素敵だなって思いました。

  • 他の作風とはちがってびっくり。ジュニア小説だったのね…

  • さくさく読めて、いいと思います。
    内容もどたばたしてておもしろいし。

  • 中学2年生の実乃の夏休みに、実乃の町でロック歌手のコンサートが開かれることになった。それに絡んでのストーリー。
    実乃が永春さんを思う気持ちが清々しい。

全73件中 1 - 25件を表示

ココナッツ (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ココナッツ (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ココナッツ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ココナッツ (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ココナッツ (角川文庫)のKindle版

ツイートする