十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

  • 3128人登録
  • 3.39評価
    • (148)
    • (433)
    • (729)
    • (116)
    • (25)
  • 307レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (1996年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041979013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 尾崎文庫。多重人格ものって ほんとビミョーな線のが多い。面白いような面白くないような線。これもまたしかり。

  • 解離性同一性障害である少女の中に潜む13番目の人格「磯良」との戦い。エンパスや体外離脱といった荒唐無稽な要素を加味しつつも、ぐいぐいと物語に引き込んでいく筆力はさすが。磯良を倒して大団円かと思いきや、読後に不安感を残すような最後のどんでん返しもよい。

  • 何年か前に読んで内容をあまり覚えてなかったのですが、ラストが怖かったことは覚えてました。そして再読してもゾワゾワ……やっぱり怖いです。物語自体はイソラの正体が分かった時点でホラー感は半減してしまうのですが、ちょっと最後に不意打ちをくらった感じですね。
    ところで読んでて貴志作品のヒロインは美人しかいないのではと思いました。「天使の囀り」の早苗、「硝子のハンマー」の純子、「悪の教典」の怜花、などなど……今回の由香里が酷いブスだったら、また展開は違ったんでしょうかね。それとももっとすごい殺人鬼が誕生してたんでしょうか。背筋がゾワゾワとはしましたが、どこかちょっと物足りない感じ。由香里の能力とか、SFっぽくてあまりリアリティがなかったからかな。面白かったけど、またラスト怖かった!以外の感想は忘れてしまいそうです。

  • 最後の方に来てばたばたと終わってしまった感じがする。途中までは早く読みたい、と思わせるようなおもしろさがあったが、大学の女教師と、そのコンビだった教授が出てくる当たりから、もとの人格障害の女の子が置き去りにされてしまって、違う話になってしまった。幽体離脱をしている霊による殺人ではなく、その女の子自身が人格障害によって事件を犯していかないと単なる空想で終わってしまう。
    ちょっと残念だったかな。

  • ダニエルキースの多重人格者を描く感じで最後までいくかと思って読み進めたら、最後そう来たか。しかし説明が巧みで荒唐無稽に感じなかった。

  • 歪んだ精神→極端な自己中心性、他人の苦痛に対する共感能力の低さに起因する冷酷さ
    バウムテスト。悪の教典にも出てきた。

  • う〜ん。半分読んで興味が湧かないので終了。
    最近、いい作品に出会えてないなぁ。
    そもそも、エンパスとかいう特殊能力が最初に出できた段階で私の趣味には合わないと感じた。
    もっと早くやめるべきだった。

  • 人に共感するエンパシー能力を持った賀茂由香里は、被災地へボランティアとして赴き、被災者の心のケアをしていた。
    ある日、ボランティア仲間から頼まれ、「会うたびに別人のようだ」と聞かされた入院中の少女(森谷千尋)に面会すると、彼女が多重人格者である事に気付く。
    そして、「イソラ」という名の危険な人格の存在を知った由香里は、千尋を助けるために尽力するが・・・。

    貴志さんのデビュー作(・・・でいいのかな?)
    たぶん、10年以上前にも1度読んでいるはず。
    2000年に映画化されているようなので、もしかしたら、その頃に書店で平積みされていたのを購入したのかも。
    今はもう手許にないので、今回は友人にお借りしての再読ですが。
    さすがに、詳細やラストについては薄れていましたけど、ISOLAの名前の由来だけは何となく覚えていましたかね。
    で、イソラの件が解決し、これで千尋も安心だね! ・・・と思わせてからの、あのラスト。
    安心どころか、不安要素がいっぱいだよ!!
    むしろ、より悪くなってるし!! 的なね。

    それにしても、貴志さんの話の主人公って、恋愛面で報われない(まぁ、恋愛メインの話じゃないから当たり前だけど)。
    今回も真部先生が出てきた時から、何となく結末は読めたというか・・・。
    そういう意味で言えば、『黒い家』は一応、ハッピーエンドなのか(笑)。

  • イソラの正体にはちょっとびっくり!
    13の人格それぞれに存在意義があり、存在することになった経緯は複雑かつ悲しい理由。でもお話としては面白く、先が気になってどんどん読み進めてしまいました。

    まだ続くのかな?って終わり方だったので、ぜひ続きがあるなら読みたいです。

  • 磯良の正体が予想外だった。
    現実味はあまりなかったが、テンポ良く読めた。

  • 心理学や精神学のSF(?)
    予想を裏切る展開とまではいかなかった。

  • 最後の方は読むスピードが上がるくらい、
    好奇心を煽る文章で、面白かった。
    続きがあるのかな...という伏線も感じました。

  • 久しぶりの貴志作品。やはり処女作は抑えておこうと思い、手に取りました。普通に面白かった!主人公・由香里の設定は筒井○隆氏『家○八景』の○瀬にそっくり。また<ISOLA>の出現方法?は井上夢人さんのある著作みたい^^ 次作の『黒い家』もそうだが、あまりホラー感がないんだよなぁ・・私の認識違いかしら?でも、終わり方はホラー感抜群だったw

  • すっごく読みやすかった✩⃛
    後半わイソラの謎についてがほとんどで
    いっきに主が変わった気もしたけどすごくおもしろかった。
    最後の終わり方も嫌いじゃないけどスッキリでもない( ·ᴥ· )

  • 多重人格者の少女の人格と、エンパスという人の強い感情を読み取る能力を持った女性の話。

    13人目の人格である「ISOLA」の正体は何なのか、それがわかるまではおもしろかった。
    多重人格という自分の日常からは少し離れた話だったが、おもしろかった。

    それぞれの人格の名前の漢字に意味があり、何かに耐えるために新たな人格が生まれるという設定はふんふんと思った。

    ラストはこれまでの苦労が徒労に終わったことを示し、今後も恐ろしいことが起きたのだろうなーと想像できる。

  • 読みやすく、最後まで飽きずに読めた。

  • 前半は面白く読んでいたが、磯良の正体に迫るうちにリアリティーが薄れ、少し白けてしまった。
    ただ設定はよく練られていたし、しっかりオチもあったのはよかった。
    映画化されているようだが、映像だとたしかに結構怖そうだなと思う。

  • ホラー小説はあまり読まないが、これはあっという間に読んでしまった。人の感情を読むことができる主人公が13の人格をもつ千尋と出会い、打ち解けていくうちに千尋を助けたいと思うようになる。協力者がいるのが心強い。人を癒し、喜んでもらえることにより特殊能力をもつ自分をちゃんと認められている。ストーリーとしては必要以上に人が死んでる気もするし、ラストは背筋が寒くなるけどおもしろかった。

  • 2015/08/17 - 2015/08/21

    賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格〈ISOLA〉の出現に、彼女は身も凍る思いがした。

  • ホラー系が読みたかったのと、多重人格ってのが興味を惹いて、読んでみた。
    ISOLAってホラー映画のタイトルは知ってたけど、その原作なんだね。
    ストーリーは、人の強い感情を読み取る特殊能力「エンパス」を持つ主人公、賀茂由香里がその能力を活かして被災者の心のケアをしていたところ、森谷千尋という少女に出会う。
    彼女は多重人格者で、最初は自分の手に余ると思いつつも、接していくうちに彼女の事を放っておけなくなり、千尋も少しずつ由香里に心を開き始め順調に人格統合へ向かいつつあった折、13番目の人格『ISOLA』の出現から、事態はおかしくなっていき…という感じ。
    心理学をかじっていたので、心理学用語がけっこう出てきて面白かった。
    ホラーというよりもサスペンスっぽい感じがしたかなぁ。
    解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいはその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるもの、とある。
    千尋は5歳のときに実の親を亡くし、引き取られた叔父叔母夫妻も千尋に対して酷い扱いをしていて、学校でもいじめを受けていたり教師に当たられたり、その矢先に阪神淡路大震災があって。
    ホントもう辛い記憶しかなくて、彼女1人じゃ抱えきれない痛みを背負わされて、そりゃあ交代人格が生まれてしまうのも仕方ないよね。
    多重人格障害は、まだあまり世間に認められていないから、周りから更に変な人扱いとかもされてしまったりして、なかなか悪循環から抜け出すことができない。
    だから由香里のようなエンパスを持っている人がいたら、心強いのだろう。
    それは由香里も精神病院に入院していたという境遇も関係していただろうね。
    「ISOLA」が、雨月物語の吉備津の釜の磯良、ならなぜ「ISORA」ではないのだろうっていうところから、高野弥生が千尋に接触していた過去と、人体離脱を研究していたというところで、話が繋がってクライマックスに向かって盛り上がっていくんだけど、真部と会って間もないのに恋に落ちるのはちょっと違和感があったな。
    真部と弥生の関係からISOLAの正体までは、この辺はなんとなく読めたしそこまで盛り上がらずにISOLA=弥生が消えていった感じはする。
    弥生が消滅した後、千尋は順調に人格統合へ向かっていて、一時期200に分かれていた人格も13までになって、弥生消滅後に生まれた憧子によってこのまま上手くいくものと思われていて…。
    しかしISOLAの人格は、千尋の中の人格に確実に影響を残していて、200あった人格が13までになったのは、人格が人格を殺してのことだった。
    善の人格であった陶子や、瞭子さえも殺人を肯定する方にに目覚めてしまった。
    そして、全人格を掌握していた誰よりも知能の高い憧子の存在により、このまま人格統合が果たされても、それは凶悪な殺人鬼を生み出すだけでしかなく、千尋は弥生よりも危険な人物になってしまったという終わり。
    憧る、あくがるの意味、「魂が肉体から離れる」つまりは、ISOLAと同じことができるようになってしまったということ。
    クライマックスの盛り上がりはイマイチだったけど、ハッピーエンドで終わらない、最後にゾクゾクっとさせる終わり方は個人的にはよかった。
    最近俺が求めていたものだった(笑)
    しかも由香里が千尋のためにあげた広辞苑がきっかけで、最も危険な人格、「憧子」が生まれてしまったとというのも、皮肉な事というかなんというか…。
    由香里も千尋も救われなかった。

  • 2015.06.29読了☆

  • 最後のほうに新しく出現した憧子という人格が憧れの意味ではなく磯良の影響を受けた幽体離脱の意味である殺人人格であったのが怖かった
    自分としては多重人格が治るまでのところまで書いてほしかった

全307件中 1 - 25件を表示

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の作品紹介

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格「ISOLA」の出現に、彼女は身も凍る思いがした。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の単行本

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする