十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

  • 3142人登録
  • 3.39評価
    • (149)
    • (436)
    • (731)
    • (116)
    • (25)
  • 309レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (1996年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041979013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 基本的に怖いものが嫌いなんでホラー小説は読まないんですが、妻からの勧めもあって読んでみました。

    途中怖気づいたのでしばらく読むのをためらっていたのですが、意を決して最後までガガっと読破。うん、やはり怖い。

    面白い作品ではあったのですが、「しばらくホラー小説はいいかな」、と再認識させてくれました。

  • 人の感情が読めるエンパス能力を持つ主人公 VS 多重人格の少女の内に目覚めた凶悪な13番目の人格ですが、対決っていう対決もなくあっけなく終了。
    最後の方には妖怪みたいなのが出てきたり、ホラーよりSFやファンタジーよりな気もします。とても読みづらかったです。

  • 貴志祐介さんの作品は新世界より、悪の教典を他に読みました。どちらも心理学をテーマのひとつにあげてますよね。あり得ない超常現象とどこか現実的な要素を織り混ぜることでこれ程面白くなるのかというのがSFの面白いところ。本作品もエンパシー(思考を読み取る)能力を持った主人公と多重人格の少女との物語。最初は多数の人格と対談していき、人格の統合を目指すというものでした。が、途中でびっくりホラーが入ってくる!突如現れた13番目の人格!その正体と存在意義を探っていくうちに明らかになる真実!エンパシーというSF要素が入ってるため「こんなのあり得ない」や「現実ばなれしすぎ」といった野暮なことを考えることなくすらすら読むことができました。あくまで個人的な意見ですが、物語全体の評価だと悪の教典や新世界よりには及ばないですが、最後の数ページにはそれらを凌駕してるといっても過言ではないほどの衝撃を受けました。まだ事件は終わってはいない、という印象を受けつつもこの物語はここで終わりなのだと素直に感じさせてくれるところが貴志祐介さんのすごいところなのでしょうか?
    SF好きなら読んでみる価値ありだと思いますよ。

  • 原点で既に貴志祐介ワールド全開。

    そして長く細かいにも関わらず読みやすいとゆう素晴らしさ。

    ありがとうございます。←

  • 多重人格と、オカルトを絡めたサスペンス小説でした。貴志さんの小説が好きなので、読んでみた一冊。他の作品に比べて重厚感があまりなく、サクッと読み終わってしまったな、という印象。

  • おそろしい。読んでいくごとに、あ、もしかして、もしかして…と見えてきて、だいたいその通りに進んでゆくのですが、ラストだけには裏切られました。
    すっきりしないと言えばそうだけど、このような終わり方をされることによって、もやもやが心に暫く留まりつづけ「印象に残った一冊」になっちゃうんだよなーずるい。
    スピード感があってドキドキして、全体的に面白かったです。
    心理学や精神医学に興味があるので、学術用語も交えて詳しめに記述されていた点がリアリティがあって良いなと思います。反面、興味ない人にとっては読み飛ばし箇所かもしれません。一長一短。

    もやもや残った点
    ・悠子の「うれえる」は結局何?最後に実は憂子だったと分かるならともかく…
    ・由香里ちゃんが簡単に恋に落ちすぎ!笑
    ・由香里ちゃんに筆者の理想詰まりすぎと感ずる
    ・結局なにも進展してない…物語の最初と最後で、状況悪化しただけ

  • 友達お勧めの一冊。
    ホラー好きな子に「なにかいいのない?」って聞いたらこれを貸してくれました。
    うむ。ホラーだな。うん。
    なんだろう。こういう流れの本を昔読んだような気がする。リングだっけ、パラサイト・イブだっけ、アナザヘブンだっけ? そこらへん。
    おもしろかったっちゃぁおもしろかったんだけど。
    うーん。なんだか後半の流れがうーんって感じかなぁ。
    前半、千尋ちゃんの人格統合の話はおもしろかったんだけど、後半「ISOLA」が実はってあたりからちょっとスピリチュアル的な内容になったからぽやぽやしてた。

    ただ、貴志さんの文章はわりと読みやすくてさくさく読めるので、引き続きこの方の本も図書館で借りようかと。
    友達いわく、次のオススメは「天使の囁き」らしいので、借りてこよう☆

  • かなり怖い話だと聞いていたが
    現実離れし過ぎた内容にあまり入り込めず
    淡々と読んでしまった。

    しかし最後に少しぞっとした。

    多重人格者の物語。

  • 第3回日本ホラー小説大賞(佳作)。貴志san作品☆キーワードは、多重人格者、賀茂由香里。13番目は・・・背筋が凍りました。

  • 先日変な本を読んじまった「口直し」(^ ^;
    某ブロガーさんがほめてらしたのと、
    近所の古本屋で105円で売ってたので(^ ^

    いや~、面白ぅございました(^o^
    先日の変な本とは違い、圧倒的なリアリティ。

    基本となる主人公の特殊能力は、
    言ってみればSFチックなわけではあるが、
    その設定を「側方支援」する
    心理学的な知識や情報量がハンパない(^ ^;

    いや、はっきり言ってしまうと、
    心理学の素人である私から見ると
    「それらしいことは書いてあるが本当かどうか
     確かめようがない」、という感じだが。

    でも、本当を言うと、
    非常にそれらしいこと書いてはあるが、
    それが正しいかどうかは神のみぞ知る...(^ ^l

    でも、この密度の濃い文章運び、
    どきどきさせ方、感情移入させ方、
    充分楽しませていただきました(^o^

  • 賀茂由香里は、人の強い感情を読み取ることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に合う。由香里は、千裕の中に複数の人格が同居しているのを目の当たりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格<ISOLA>の出現に、彼女は身も凍る思いがした。<裏表紙より>

    第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作

  • 尾崎文庫。多重人格ものって ほんとビミョーな線のが多い。面白いような面白くないような線。これもまたしかり。

  • 解離性同一性障害である少女の中に潜む13番目の人格「磯良」との戦い。エンパスや体外離脱といった荒唐無稽な要素を加味しつつも、リアリティをもってぐいぐいと物語に引き込んでいく筆力はさすが。磯良を倒して大団円かと思いきや、読後に不安感を残すような結末もよい。

  • 何年か前に読んで内容をあまり覚えてなかったのですが、ラストが怖かったことは覚えてました。そして再読してもゾワゾワ……やっぱり怖いです。物語自体はイソラの正体が分かった時点でホラー感は半減してしまうのですが、ちょっと最後に不意打ちをくらった感じですね。
    ところで読んでて貴志作品のヒロインは美人しかいないのではと思いました。「天使の囀り」の早苗、「硝子のハンマー」の純子、「悪の教典」の怜花、などなど……今回の由香里が酷いブスだったら、また展開は違ったんでしょうかね。それとももっとすごい殺人鬼が誕生してたんでしょうか。背筋がゾワゾワとはしましたが、どこかちょっと物足りない感じ。由香里の能力とか、SFっぽくてあまりリアリティがなかったからかな。面白かったけど、またラスト怖かった!以外の感想は忘れてしまいそうです。

  • 最後の方に来てばたばたと終わってしまった感じがする。途中までは早く読みたい、と思わせるようなおもしろさがあったが、大学の女教師と、そのコンビだった教授が出てくる当たりから、もとの人格障害の女の子が置き去りにされてしまって、違う話になってしまった。幽体離脱をしている霊による殺人ではなく、その女の子自身が人格障害によって事件を犯していかないと単なる空想で終わってしまう。
    ちょっと残念だったかな。

  • ダニエルキースの多重人格者を描く感じで最後までいくかと思って読み進めたら、最後そう来たか。しかし説明が巧みで荒唐無稽に感じなかった。

  • 歪んだ精神→極端な自己中心性、他人の苦痛に対する共感能力の低さに起因する冷酷さ
    バウムテスト。悪の教典にも出てきた。

  • う〜ん。半分読んで興味が湧かないので終了。
    最近、いい作品に出会えてないなぁ。
    そもそも、エンパスとかいう特殊能力が最初に出できた段階で私の趣味には合わないと感じた。
    もっと早くやめるべきだった。

  • 人に共感するエンパシー能力を持った賀茂由香里は、被災地へボランティアとして赴き、被災者の心のケアをしていた。
    ある日、ボランティア仲間から頼まれ、「会うたびに別人のようだ」と聞かされた入院中の少女(森谷千尋)に面会すると、彼女が多重人格者である事に気付く。
    そして、「イソラ」という名の危険な人格の存在を知った由香里は、千尋を助けるために尽力するが・・・。

    貴志さんのデビュー作(・・・でいいのかな?)
    たぶん、10年以上前にも1度読んでいるはず。
    2000年に映画化されているようなので、もしかしたら、その頃に書店で平積みされていたのを購入したのかも。
    今はもう手許にないので、今回は友人にお借りしての再読ですが。
    さすがに、詳細やラストについては薄れていましたけど、ISOLAの名前の由来だけは何となく覚えていましたかね。
    で、イソラの件が解決し、これで千尋も安心だね! ・・・と思わせてからの、あのラスト。
    安心どころか、不安要素がいっぱいだよ!!
    むしろ、より悪くなってるし!! 的なね。

    それにしても、貴志さんの話の主人公って、恋愛面で報われない(まぁ、恋愛メインの話じゃないから当たり前だけど)。
    今回も真部先生が出てきた時から、何となく結末は読めたというか・・・。
    そういう意味で言えば、『黒い家』は一応、ハッピーエンドなのか(笑)。

  • イソラの正体にはちょっとびっくり!
    13の人格それぞれに存在意義があり、存在することになった経緯は複雑かつ悲しい理由。でもお話としては面白く、先が気になってどんどん読み進めてしまいました。

    まだ続くのかな?って終わり方だったので、ぜひ続きがあるなら読みたいです。

  • ぐっと読ませる書き方だが、真相が明らかになる辺りで自分はいまいちピンと来ず、逆に物語から離れてしまった。
    エンタメとして手軽にホラーを楽しむには最適か。

  • 磯良の正体が予想外だった。
    現実味はあまりなかったが、テンポ良く読めた。

  • 心理学や精神学のSF(?)
    予想を裏切る展開とまではいかなかった。

全309件中 1 - 25件を表示

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の作品紹介

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格「ISOLA」の出現に、彼女は身も凍る思いがした。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)の単行本

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする