クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

  • 6122人登録
  • 3.85評価
    • (875)
    • (1025)
    • (1048)
    • (114)
    • (24)
  • 812レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (1999年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041979037

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いわゆるありがちな最後の一人が勝者となるサバイバルゲームに放り込まれた主人公がヒロインとともに生き延びていく話なんですが…貴志さんが描きたかったのは、中盤で登場する恐るべき「鬼」の正体なんですね。思いのほかリアルに考え込まれた舞台です。
    序盤、サバイバルゲームの参加者たちは
    「サバイバルのためのアイテム」
    「護身用のアイテム」
    「食糧」
    「情報」
    のどれか一つを選んで取りに行くんですが…あなたならどうしますか? この選択がその後大きく影響していきます。

    帰結の仕方がイマイチだったので☆1つ減点しましたが、とにかく自分もサバイバルしているかのようにドキドキ怖くて、あっという間に読めてしまう作品。

  • 先が気になって思わず一気読みした作品。ミステリーとして読むと細かい謎が残りモヤっとしますが、グールから隠れている時は思わず読んでるこっちが息を止めてしまう程ハラハラした。あと主人公のサバイバル能力が話が進むにあたってどんどん高くなっていて、無職でもこの人どこでも生きていけるわと思った。

  • どうにも止まらない。

    目が覚めると知らない土地で、携帯ゲーム機からの指示を頼りにしたサバイバルゲームのプレーヤーになっていた……

    このゲームの正体は一体何なのか、無事に元の生活に戻れるのか…って話。

    筋書きだけ見ると、割りとありそうな話だが、文章や展開のテンポが良いせいか、続きが気になって頁をめくる手が止まらず。

    この作家の他の作品を読みたくなるほど面白い小説でした。

    かなりオススメです。

  • 混沌とした意識のまま目覚めた藤木は目の前の見たこともない光景に呆然とする。記憶も判然としない中、唯一の手がかりを示すゲーム機をたよりに進むと同じ状況の8人がいた。
    未知の土地で突如始まるサバイバルゲーム。果たして藤木は生き残れるのか。

  • 面白い
    難しいことを考えずに読むにはこのタイプが一番かもしれない

    サバイバルの知識ももちろん、人間の味を覚えたグールの描写も良かった
    最後に関しては賛否両論みたいだけど、真相が分りすぎるのも無粋だしこのくらいが一番良いのかもしれない

    唯一の難点はページ数が少なすぎるということ
    せめて500ページくらいにしてこの話をもっと読んでいたかった

  • ゲームブックという知らない世界を知れて楽しかった

    後半なんでもありになってちょっと残念
    もっとゲームブックのルールで戦って欲しかった

  • 一気読み必須。

    面白かった〜!!
    完全なSFは苦手だけど、このバーチャルな世界は好きだ。
    そして、懐かしいゲームブック。一時期、はまってたし。
    大概、騙されて途中で敵に食い殺されてたな。最後、トュルーエンドなる終わり方があった事も、初めて知った。

    藍の真実(真相)も知りたいけれど、こんな切ないラストも嫌いじゃないな(^.^)

  • 貴志作品で一番好きで、この作品だけは何度も読み返しましたね。

  • ある日、藤木は目覚めるととんでもない所にいた。

    オーストラリアのバングル・バングルだった。

    さあ、ゼロサム・ゲームのはじまりだ
    男女9人の喰うか喰われるかのサバイバル。

    エンディングは3種類
    バッドエンド、ハッピーエンド、トゥルーエンド。
    どれがいい?

    勝ち抜けゴールした貴方に賞金五百万円!
    えー!この内容で五百万円はないだろう

    このゲームの目的はなんだ
    スナッフ・ピクチャーなのか

    昔、夢中でやっていたRPGのようで楽しかったが、
    人肉喰らう食屍鬼グールにはなりたくないな。

  • ゲームキッズに出てくるヒントにどきどきしながら読んでいたが、あまり奥深いものはなく、最後は拍子抜けのようなエンディングだった。もっと差し迫った緊迫感があるとよかったのに、最後はあっけなくて残念。
    他の参加者との殺戮や駆け引きがあるのかと思いきや、悪は二人だけで、あとの人たちはあまり役割を持っていなかった。生き残るためにはどの選択肢を選べばいいのか、主人公の運命にはらはらしていたのに。ほかの人たちのそれぞれの生き残るために必死であがき続けていく行動も同じ物語の中で章立てて平行して書けばおもしろかったかも。

全812件中 1 - 10件を表示

貴志祐介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)の単行本

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)のAudible版

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする