クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

  • 6075人登録
  • 3.85評価
    • (868)
    • (1019)
    • (1042)
    • (114)
    • (24)
  • 804レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (1999年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041979037

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
貴志 祐介
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • いわゆるありがちな最後の一人が勝者となるサバイバルゲームに放り込まれた主人公がヒロインとともに生き延びていく話なんですが…貴志さんが描きたかったのは、中盤で登場する恐るべき「鬼」の正体なんですね。思いのほかリアルに考え込まれた舞台です。
    序盤、サバイバルゲームの参加者たちは
    「サバイバルのためのアイテム」
    「護身用のアイテム」
    「食糧」
    「情報」
    のどれか一つを選んで取りに行くんですが…あなたならどうしますか? この選択がその後大きく影響していきます。

    帰結の仕方がイマイチだったので☆1つ減点しましたが、とにかく自分もサバイバルしているかのようにドキドキ怖くて、あっという間に読めてしまう作品。

  • 先が気になって思わず一気読みした作品。ミステリーとして読むと細かい謎が残りモヤっとしますが、グールから隠れている時は思わず読んでるこっちが息を止めてしまう程ハラハラした。あと主人公のサバイバル能力が話が進むにあたってどんどん高くなっていて、無職でもこの人どこでも生きていけるわと思った。

  • どうにも止まらない。

    目が覚めると知らない土地で、携帯ゲーム機からの指示を頼りにしたサバイバルゲームのプレーヤーになっていた……

    このゲームの正体は一体何なのか、無事に元の生活に戻れるのか…って話。

    筋書きだけ見ると、割りとありそうな話だが、文章や展開のテンポが良いせいか、続きが気になって頁をめくる手が止まらず。

    この作家の他の作品を読みたくなるほど面白い小説でした。

    かなりオススメです。

  • 混沌とした意識のまま目覚めた藤木は目の前の見たこともない光景に呆然とする。記憶も判然としない中、唯一の手がかりを示すゲーム機をたよりに進むと同じ状況の8人がいた。
    未知の土地で突如始まるサバイバルゲーム。果たして藤木は生き残れるのか。

  • 面白い
    難しいことを考えずに読むにはこのタイプが一番かもしれない

    サバイバルの知識ももちろん、人間の味を覚えたグールの描写も良かった
    最後に関しては賛否両論みたいだけど、真相が分りすぎるのも無粋だしこのくらいが一番良いのかもしれない

    唯一の難点はページ数が少なすぎるということ
    せめて500ページくらいにしてこの話をもっと読んでいたかった

  • ゲームブックという知らない世界を知れて楽しかった

    後半なんでもありになってちょっと残念
    もっとゲームブックのルールで戦って欲しかった

  • 一気読み必須。

    面白かった〜!!
    完全なSFは苦手だけど、このバーチャルな世界は好きだ。
    そして、懐かしいゲームブック。一時期、はまってたし。
    大概、騙されて途中で敵に食い殺されてたな。最後、トュルーエンドなる終わり方があった事も、初めて知った。

    藍の真実(真相)も知りたいけれど、こんな切ないラストも嫌いじゃないな(^.^)

  • 貴志作品で一番好きで、この作品だけは何度も読み返しましたね。

  • ある日、藤木は目覚めるととんでもない所にいた。

    オーストラリアのバングル・バングルだった。

    さあ、ゼロサム・ゲームのはじまりだ
    男女9人の喰うか喰われるかのサバイバル。

    エンディングは3種類
    バッドエンド、ハッピーエンド、トゥルーエンド。
    どれがいい?

    勝ち抜けゴールした貴方に賞金五百万円!
    えー!この内容で五百万円はないだろう

    このゲームの目的はなんだ
    スナッフ・ピクチャーなのか

    昔、夢中でやっていたRPGのようで楽しかったが、
    人肉喰らう食屍鬼グールにはなりたくないな。

  • ゲームキッズに出てくるヒントにどきどきしながら読んでいたが、あまり奥深いものはなく、最後は拍子抜けのようなエンディングだった。もっと差し迫った緊迫感があるとよかったのに、最後はあっけなくて残念。
    他の参加者との殺戮や駆け引きがあるのかと思いきや、悪は二人だけで、あとの人たちはあまり役割を持っていなかった。生き残るためにはどの選択肢を選べばいいのか、主人公の運命にはらはらしていたのに。ほかの人たちのそれぞれの生き残るために必死であがき続けていく行動も同じ物語の中で章立てて平行して書けばおもしろかったかも。

  • ゲームブック懐かしい!人間って怖い系のホラーだけど、特殊な設定で異色の怖さだった。ラストもゲームブックにリンクしていて良い終わり方だと思った。

  • 第一チェックポイントでどこにいるのかと別カセットの情報(特に罠のFSビスケットが出てきたあたり)でこれからの展開がなんとなく読めたものの、一気に読んでしまった。
    前半はサバイバルしてる様子がおもしろくて、後半はグールとして人を食う化物になった人たちから逃げるのがドキドキで面白かった。
    最後に藍と再開できなかったのがハッピーエンド好きとしては残念だけど、それでも減点するには至らない面白さだった。

  • 面白い!決して深みのある作品ではないし、感動したり心が揺り動かされるような作品ではないし、記憶に永遠と残り続けるような作品ではない。
    でも、読んでいる時間をエキサイティングに過ごせる娯楽小説としては完璧だった。
    ジャンルとしては「サバイバル」もので、いい意味でB級パニック映画を見ているような感覚。それでいて、最後には爽やかな読後感もあって。
    貴志祐介作品だと、「ダークゾーン」なんかと同じ系譜の作品で、ミステリー的な練られたシナリオもありながら、あまり頭を使わずに、駆け抜けるような読書体験で。楽しくて、心地よい時間を過ごせました。

  • 「新世界より」の独特な世界観に衝撃を受けて以来、その著作を1冊ずつ読み進めてきた貴志祐介氏の1999年の作品。

    「新世界より」→「悪の経典」→「黒い家」という順番で代表作から読んできたためか、最初に感じたような強烈なインパクトのある作品には残念ながらなかなか出会えませんでした。

    ですので、本作品も買ってはみたものの、正直なところあまり期待してはいませんでした。三連休の最後のゆるい読書にはちょうどいいかな、くらいの軽い気持ちで読みはじめたのですが、これが結構おもしろかったりするのです。

    舞台設定が荒っぽいとか、展開がややスムーズ過ぎてやや雑だとか、どうしても気になってしまう部分があって、決して万人受けする作品ではないかもしれないですが、それを差し引いても十分に楽しめる内容でした。

    あと、「黒い家」みたいに怖すぎないのもいい。
    あれはマジで怖かった。ホラー小説としてはほぼ完成形と言えるくらい非の打ち所がない作品でしたが、怖すぎてもう二度と読みたくない(笑)

    ただ、最後はもう少し引っ張ってほしかったかな。そもそも「あり得ない」舞台設定なので、その後のストーリーがどうこうという既存の枠組みで考えてはいけないのかもしれませんが、それでもやや置いてきぼりを食ったような、満たされなさも残ります。

  • 火星と題した、山岳荒野地帯で繰り広げられる謎のサバイバルゲーム。

    突然そんな環境に放り込まれた主人公ら9人のプレイヤー。お互いに疑心暗鬼しながらクリアを目指すが・・・

  • 面白かった〜
    一日で読み終わり!
    悪の教典の人なのかー。

  • ハラハラドキドキしながら、どんどん読み進める。子供の時にやったゲームブックとは、懐かしい素材一方、最後がよくわからない…読み終わったらがっかり…なんだろう?この虚無感。こういう非現実的な素材がもともと好きでないのかも…

  • SF感マックスで独自の世界観に惹かれたが、
    途中だれてしまって少し飽きてしまった。

  • ゲーム性がある内容で面白かったが意外性はなし。

  • バトロワみたいで面白かった

  • 最後がなあ、、、。

  • 全体として面白かったのだが、結局何だったんだろう?という感じ
    小説に現実感を求めたらダメか

  • いやあ、
    スピード感もあるし、
    おもしろかったね。

  • 夏かしのゲームブック。描写が生々しいけれど、ハラハラドキドキしながら読み進めました。最後は、結局ハッキリしないままのモヤモヤはあるけど、一気に読んでしまう作品です!

  • いきなり謎のゲームに参加させられ、サバイバルするはめになり、ゼロ和ゲームのために極限に追いつめられるという設定は既視感がいなめない。結局最後までゲームの主催者も目的もチラリとも明かされないし、人肉食の気持ち悪さしか感じられなかった。

全804件中 1 - 25件を表示

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)の単行本

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)のAudible版

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする