罪と罰 上 (角川文庫)

  • 223人登録
  • 3.67評価
    • (15)
    • (16)
    • (17)
    • (5)
    • (2)
  • 15レビュー
制作 : 米川 正夫 
  • KADOKAWA (2008年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042087175

罪と罰 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/01/03

  • 難解な小説の代名詞として語られることが多い本作だが、思ったよりもエンターテイメント成分が多く読みやすかった。後半の畳み掛けるような展開は圧巻。

  • 上巻はあまり思想的・哲学的なテーマは出てこない。終盤でようやく主だった登場人物が出揃って「さあ、これから」というところで切れる感じだ。下巻が非常に楽しみである。

  • 自身にとって初のロシア文学ということもあり、読むこと自体に苦労した。激情型の主人公の主張についていくのも大変だった。これは時間をあけてまた読む必要があるだろう。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4042087175
    ── ドストエフスキー/米川 正夫・訳《罪と罰 1866-20081122 角川文庫》
     
    …… 青年・ラスコーリニコフは、経済的困窮から志半ばにして法学の
    道を断念し、荒んだ日々を送っていた。彼は、偶然、阿漕な高利貸しの
    老婆・アリョーナの話を耳にして以来、もし、自らに、その資格がある
    のならば、「選ばれし者」として正義の鉄槌を下すべきではないかとの
    思索を巡らし始め、ある日、遂に、アリョーナの殺害に及ぶ。しかし、
    予定外に遭遇したアリョーナの妹・リザヴェータをも巻き添えにしてし
    まい、その後の彼を待っていたのは、想像を絶する苦悩と葛藤の日々、
    そして、老姉妹殺害犯を追う敏腕予審判事・ポルフィーリィとの間で繰
    り広げられる壮絶な心理戦・頭脳戦であった(Wikipedia)。
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%C9%A5%B9%A5%C8%A5%A8%A5%D5%A5%B9%A5%AD%A1%BC
     
    (20130926)正之蔵書?
     
    ♀アリョーナ 高利貸しの老婆。イワーノヴナ14等官未亡人
     ラスコーリニコフ 学費滞納のため大学から除籍された青年
    ♀ドゥーニャ ラスコーリニコフの妹。
    ♀ソーニャ 売春婦 マルメラードフの娘。
     マルメラードフ 飲んだくれ元九等官、ソーニャの父。
    /最期は馬車に轢かれ、ソーニャの腕の中で息を引き取る。
     
    ♀増島 きよ アパート経営 1916‥‥ 東京  20140125 98 /絞殺
     大津 翼 アルバイト店員 1985‥‥ ‥‥ /20140615(29) 逮捕
    /「家賃が払えず、出て行くように言われ、頭にきて首を絞めた」
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4042087175
     
    https://twitter.com/awalibrary/status/478199256541433858
     
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402834266/
    http://gbig3000.blog.fc2.com/blog-entry-279.html
    https://twitter.com/tudutubasa 男子高校生化用垢
     
    (20140616)
     

  • これは久々に読むの疲れた...
    翻訳物独特の読みにくさというか自分がカタカナの名前覚えられないのも相まってなかなか読み進められないしわかりにくいところもあった。

    後半で物語がどうなるのかは楽しみ。

  • 保有状況:&購入日:&購入金額:

  • 私にはちょっと難しすぎました。

  • 厨二病臭いなあ。と思うけれど、確かに戦争があったからこそ進化があったのであって、

    血が流されたからこそ、今の時代を紡ぎだせたのだと思います。

    そういう理論は後からだからこそ言える事だと思うのです。その当時にしては人殺しは人殺しだし。何人も巻き添えで死んでしまうし。

    戦争が終われば英雄扱いや、日本の戦後の兵隊たちを、同じ国の人間が蔑む。極端だなあ。どっちが正しいのかはさておいて。

    人が傷つくのは駄目なのはどうしてなのか。それは自分が傷つきたくないから。それ故に犠牲を肯定したいロージャは私としてはすごく共感できるし、馬鹿だなと思う。

  • 10.4/26

全15件中 1 - 10件を表示

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

罪と罰 上 (角川文庫)に関連する談話室の質問

罪と罰 上 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪と罰 上 (角川文庫)の文庫

ツイートする