禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)

  • 56人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (2)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 花輪 莞爾 
  • KADOKAWA (1970年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042258018

禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺された者に神の愛を、殺した者に神の愛を、そんな裁きをする権利が人間にあるのか。この世界での神はポーレットであり、軽い気持ちでそれを信じ従うミッシェルは破滅に向かう。
    読みづらくてふわふわしてしまったけど後までぐぐっと引きずられます。おもしろいです。映画も観たい

  • メタファーとアイロニーに満ちた作品。
    戦争も知らず信仰心も持たない自分にはピンとこない点が多かったのが残念。
    映画も見てみようかな。

  • 戦争は人を鬼に変える。

    無関心は復讐される。

  • 2008/01/10読了

  • 名作の映画。

全5件中 1 - 5件を表示

フランソワ・ボワイエの作品

禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)はこんな本です

禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする