アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 9104人登録
  • 3.98評価
    • (1454)
    • (993)
    • (1168)
    • (135)
    • (35)
  • 1241レビュー
制作 : Paulo Coelho  山川 紘矢  山川 亜希子 
  • 角川書店 (1997年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パウロ・コエーリ...
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)の感想・レビュー・書評

  • 正直消化不良の読書だった。
    童話調で導入は読みやすかったが、進むにつれてファンタジィなのか精神論なのか判別のつかない、解釈の難しい展開が次々と起こり、一体どこから置いて行かれたのかすら定かではない。おそらくオアシスのあたりから?この本のタイトルが「アルケミスト」であることも腑に落ちない。
    ところどころ気になる表現や考えはあったが、思い返せばそうだと信じ込ませるような内容でしかない。例えば少年の前に現れた王様が、「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」と言う。未来のある者がこれを聴いたら、さぞかし励みになるだろう。しかし、ある程度未来が固まってしまった者にとっては、まったく現実味を帯びて感じられないと思われる。人生はそう甘くないことを既に知ってしまっているからだ。なのに大人はあえて現実を教えず、子どもたちに可能性を信じ込ませるものだ。10代の若者がピュアな気持ちで読んだら、何か触発されることがあるのかも知れない。
    よって、臨界期を越えた自分に響くものはあまりなかったが、もしかしたらいつの日か、しれっとこの本を子どもに勧めている自分がいる可能性は否定できない。
    170213読了

  • 20130801読了。
    面白かった。一番大切なもの、捜し求めているものは足元にあった。
    でも、それがそこにあるということは、遠く回り道をしなければ気づかなかった。そしてその回り道は決して無駄ではなかった。
    人生、どんなことでも意味のあることなのだと改めて思えた。

  • 読む度に違う発見のある一冊。人生で本当に手に入れたいものが見つかった時、宇宙全体がそれを手に入れられるように動き始める。

  • この本を教えてくれた人とも、街角で出会った。物語の中でも、環境の変化や人との出会いが時間を導いていく。見えない流れに運ばれ、時に手なずけながら人生を変える。胸を高鳴らせる思いの力で、奇跡や大きな夢にも届くと感じさせてくれる本。
    きっとこの本は、感性が強い人には面白い。漠然とした世界観の中から、自分の現実にも必要な言葉が見つけられる。といっても、普遍的な愛や自由やらのテーマではなくて、自分の心で見た生き方について。現象を素直に受け止めることで、自分の存在がどういうものか、世界の仕組みも見えてくる。
    はっきりと、人生はこういうものだと書いてあるのではなくて、見つけるものは本を読む人それぞれ。物語の主人公の旅は、ヒントの1つでしかないけれど、示唆しているものがある。題名の「アルケミスト」錬金術師は、物語の少年のことでもあり、個々の人生の主人公、私たちのことでもある。
    少年が変哲のない日々から大切なものを見つけ、人生そのものを価値ある宝物に変えたのが、彼の錬金術だと思う。それと同じように、私たちも、自分次第で人生を金に変えることができるはず。そんなメッセージもあるのではないかと、私は解釈したいです。

    私は、心が鈍くなったときに『アルケミスト』を取り出して読むと、清々しくなります。
    偶然出会った人と交わした言葉や、今日の些細な出来事もどこかへ繋がっているけれど、何を感じ汲み取るのかで道が変わっていくのかもしれない。私も、毎日の時間に隠れたものを見逃さないでいたいなと、思い出させてくれるのです。
    もしかしたら、1年後に読むとまた感じ方が変わるのかもしれないけれど、その時々で心に訴える部分が変わっていくのは、長いお付き合いができる本だからだと思います。

  • 人が夢に向かって進んでいくのを困難にさせる一番の原因は他でもない夢を追うことによって傷つきたくないという自尊心なんだと知った。腑に落ちない点もいくつかあったとはいえ、心に残る大切な言葉もいくつかあった。まずその筆頭が「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい」この言葉は心にしっかりと留めておきたいと思う。どこに進めばいいかわからず立ち止まった時にこそ、自分の心に耳を寄せることを忘れずにいたい。

  • 同僚に勧められた一冊

    夢は追い求めなければ叶わない。
    前兆だと信じ、ただまっすぐに進むことが正しいこともある。

    で、やっぱり、錬金術士の弟子は主人公だったので、イギリス人の子はその後どうなるんだろう?同じく何かを信じ抜いてるのに、叶わないものと、望んでないのに何倍も多く得られるもの。

    一度起きたことは二度と起きない
    二度起きたことは三度起こる

    哲学的で、含蓄のある一冊で、想像力が試されるのも面白かった。

  • 羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。
    「BOOKデータベース」より

    寝ているときに見る”夢”てけっこう重要なのではないかと思う.すくなくとも何かをするときのきっかけになる.
    自分を縛るものは自分.周囲をよく観察して前に進んでいけばチャンスは転がっている,人の気持ちを考えて自分の心に素直に従えば道はひらける.

  • 人は夢を持っても、それを持ち続けられるか常に試されているのだと思った。多く人はその試練を超えられなくて諦めてしまう。人にバカにされて、すんなりと諦めてしまうこと、突き進んでも困難にあたって砕けてしまうこと。夢を持つことは難しい。それでも、この少年は夢を持ち続けた。幸運が訪れる結果を信じて私も突き進みたい。

  • 「心を黙らせることはできない」「前兆に従って」
    珍しくファンタジーが読みたくなった。旅先で読もうかと思っていたのだけど、寝る前に少し読んだらとても癒されたので、そうやってちびちび読み進めた。
    素直な気持ちにさせてくれる物語。前向きな力が湧いてくるよ。

  • 羊飼いの少年サンチャゴは彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドを目指し長い長い旅へ出る。

    旅のなかでサンチャゴには様々な試練が降りかかるが、絶望のなかでも明確な目的が定まっている彼には強さがあり、それは自身を奮い立たせる原動力にもなっている。また、全ての経験は“大いなる言葉”や“大いなる手”を手にする道へと続く、つまり全ての行動には意義があり、本書では「マクトゥーブ」(「すべて(神の手によって)書かれている」)という考え方につながっていく。
    旅の出会いの先々でサンチャゴが経験や人からの教えで学ぶことは、万人に当てはまる大切な姿勢の数々。短い作品にも関わらず人生の指針となるような意味深いフレーズが全体に散りばめられている。
    ファンタジーであり、放浪記であり、哲学書でもある丁寧に読み進めたい1冊。

  • 一度、数年前に読み、また最近読みたくなって読みました。
    前より、今のほうがすーっと言葉が入ってきました。
    タイミングを選ぶ本かもしれないですね。

    「それに、彼女はすでに自分の宝物を見つけたのだ。それはおまえのことだ。だから、彼女はおまえにも、おまえが探しているものを見つけてほしいと思っているのだ。」
    という部分に共感。

  • 初めての本棚登録&レビュー。


    この本から学んだこと、感じたこと、気づいたことはたくさんある。
    本当に正しいことは自分の心が知っている。
    物事には前兆があり、その前兆をきちんと理解できるかどうかがその人の人生を左右すること。
    そして、その前兆に従うことはとても勇気がいるということ。


    思えば今までの人生の中でターニングポイントになっている時間の前にはなにかしらの「前兆」があった。でもその前兆は一瞬で過ぎていくこともあれば時折何度も垣間見えたりもした。そういう兆しをきちんと読み解けるようになりたい。そしてその前兆に従えるようになりたい。

    記念すべき第一冊がこの本でよかったと思う。
    一生大切にしたい。

  • 何年かに一度読むようにしている本。
    自分が迷ったり、気持ちがぶれたりしたときに読み返して、立ち位置を確認できる本。
    そのたびに前に進む勇気を持てたり、大切にしたいことが
    何かということを確認できる。
    面白いのは、毎回感情移入できる人物が違うこと。
    前回読んだのは2011年。
    次はいつかなー(笑)

  • いつか子どもができたら手に取ってほしい

  • 名著といわれる所以がわかった。ちりばめられた真理がある。忘れたころまた読もうと思う。

  • ○物事の真理とは、努力とは。前兆を感じ取れるようになれば未来も明るい!
    主人公のサンチャゴは羊飼いだ。羊飼いは毎朝起きて羊の世話をして田舎を周り続け一日を終える。サンチャゴは字が読める。学校で習ったのだ。
    いつしか、羊のための旅ではなく、自分のために旅をするようになったサンチャゴは、本や見知らぬ老人、起こりくるいろんな前兆や出来事に対処しながらも、その中で自分はどう生き抜くべきか、悟る。
    キャラバンに参加しピラミッドまで旅行するサンチャゴは、錬金術師やイギリス人の商人と共に行動する。その中でサンチャゴが得ることとは。

    印象的な表紙だ。読了した人なら想像してみよう、どのシーンだろうか。最後に砂漠の向こうから届いた風に口づけをしているシーンだろうか。
    前兆を感じ、自分の心に耳を傾け続ける。決して倦むことなくただひたむきに前を見る。サンチャゴに錬金術師が語ったのはそういうことではなかったか。
    「前兆」とは日本語にありそうな言葉で言えば運命だろうか?翻訳が正しくないのではないと思う。たぶん「前兆」が一番重要な単語なのだ。前兆のニュアンスはなんだろう。予知できること?雰囲気で感じ取れるようになること?状況判断や経過判断の中で想定を考えること?
    挫折しそうなことでも、必ず上向きになったり回復できたりするのは、その「前兆」があるからなのだ。その前兆を感じ取るためには、サンチャゴが本書で哲学したように、自分の心に耳を傾け続ける。

    "幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだ(p40)"
    木を見て森を見ず、でもなく木も森も見る、ということだろうか。真理をついている。

    再読すればするほど、新しい発見がある。

    何か人生や仕事に迷ったり、息詰まったら、サンチャゴの旅を追体験してみると何か一つは解決策を見つけられる、そんな本だ。

  • 10年以上前に買って読んで「いい本だったのでまた読もう」と思い、なんどか行った断捨離をサバイブしてきた本である(笑)

    内容は殆んど覚えていなかったので、初めて読むようにワクワクして読めた。
    舞台の殆んどが砂漠で、大いなる魂とかやたらとスピリチュアルな単語がいっぱい出てきた。

    目が魂の強さを表す。というのが心に残った。
    あまり人の目を見て話さない方なので、心にとめるようにしようと思った。

    2017/06/17再読了

  • 神秘的で少し宗教的だがとても示唆に富んでいてよい。

    周囲のことばに耳を傾けること、知識と知恵、己の心との対話

  • アルケミストというのは、「錬金術師」という意味だそう。スペイン人の羊飼いの青年が、広場で年老いた王様に出会い、示唆に導かれてアフリカに宝物を探す旅に出る。宝物はエジプトのピラミッドの近くにあるとされ、アフリカに渡った青年は長い砂漠の旅に出る。その旅の途中でアルケミストを含むいろいろな人に出会い、事件に遭い、運命の意味を学んでいく。
    とてもスピリチュアルな本で、「宇宙」や「運命」や「大いなることば」など概念的だが、「アミ 小さな宇宙人」とちがって説教臭くない。主人公の青年は、出会う人々から聞く話や、砂漠から自分の人生の目的を教わり見出していく。途中、とても素敵なフレーズがちりばめられている。
    残念ながら翻訳が直訳風なので、少し読みづらい。

  • ゲームみたいな舞台。羊飼いの少年が「宝物を見つける」という旅に出る話。
    出会いや裏切りの中、何を信じるべきか迷い、
    今を未来の「前兆」として捉える事
    宇宙の全てはひとつに繋がっている事を学んでいく。
    失う勇気も身につけながら、ついに宝物のありかに辿り着いた少年が手にしたもの、その時の自分。
    ハッピーエンドに導かれていると思っていたけど、皮肉たっぷりなラスト
    繋がってるからこそ帰ってきて、原点にこそ宝があったという結末。面白かった。

  • ブラジルの作家、若い頃世界各地を放浪した体験が下地にある。タイトルのアルケミストは錬金術師という意味だが、作中にも登場するが作品を通読して腑に落ちる。現実離れした叙述からは、'星の王子様'を連想させる童話風タッチだが、ストーリー展開は飽きさせない。夢をテーマに作者の思いが伝わる。

  • 『20代にしておきたい17のこと』(本田健著)の中で、20代で読んでおきたい17冊の内の1冊として紹介されていたので読んだ。

    ひと言で言うと、羊飼いの少年が、自分の“夢”を信じて、夢を叶えようとする物語である。

    この本は、20代よりも、10代の、自分の将来を決める前に読んでおくと、非常に背中を押される本なのではないかと思う。
    「自分の運命は自分で選ぶことができる」ことを、下手な自己啓発本を読むより強く感じさせてくれる本だった。

    ただしかし、そうは言っても、もう自分の人生の方向は決まっているし、その方向が合っているかも分からないし、前兆を感じることに至っては、感覚が枯れてしまっているのか余計に分からないし…。

    と思っていたら、この本を読んだ後も、自分の生き方をどうするか示唆を与えてくれる本を立て続けに読むことになり、おぼろげながら自分の夢が見えてきたような気がしている。

    この本が、私にとっての最初の「前兆」だったようだ。

  • キリスト教的でもあり異教的でもある。不思議な作品。主人公は名前ではなく「少年」と呼ばれる。文体も独特。

  • クリスタル屋の主人に共感できるなーと

全1241件中 1 - 25件を表示

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)に関連する談話室の質問

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)に関連するまとめ

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)を本棚に登録しているひと

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)の作品紹介

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)の単行本

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)の単行本

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)のKindle版

ツイートする