神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話 (角川文庫)

  • 26人登録
  • 4.70評価
    • (8)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Joan Brady  深町 真理子 
  • 角川書店 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042800019

神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お客様のブログでオススメされていて、興味をもち読んでみました。
    まさか、この年に、海外でもこの内容の本が出版されていたなんて…!!
    すごく良い本♡
    働きすぎる女子たちに。

  • ご飯を食べに行ったお店に置いてあったのを読み始めたらとまらなくなって、そのまま読破しちゃいました。
    恋に深く傷ついた37才の看護婦が、ハーレーにまたがった神様に出会って自分を取り戻していくストーリーですが、
    その中では「人の幸せ」とは何かということが浮き彫りにされていて、人生の指針として読める本です。
    ちょっと落ち込んでいたんですが、すっかり元気になってしまった1冊です!

  • 片付け本、ということから読んでみたけれど、いい本でした。読みやすく、何かしようという気分になれる。

  • 神様らしからぬ神様にたくさんのモノを捨てさせられ、引っ越した小さな住まいのシンプルな暮らしで
    彼女は自分をとりもどしていく・・

  • 約10年前に、書評を頼りに買った文庫本。
    ぼろぼろになってきたカバーと背表紙とは正反対に、ずっとぴかぴか光り続ける本編は私にとって宝物級。
    センチメンタルなお話、と片付けられるかもしれませんが、映画を観ているように浮かんでくる場景描写とリアルな心の動き方は一読の価値があると思う。
    個人的に大大大大好きな深町眞理子さんによる翻訳が、原作をより盛り上げています。

  • 「神」と名乗るハーレー乗りが語る一語一語が心に響きます。“Simple is Best!”

全7件中 1 - 7件を表示

ジョーン・ブレイディの作品

神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする