パール・ハーバー (角川文庫)

  • 39人登録
  • 2.96評価
    • (1)
    • (3)
    • (15)
    • (2)
    • (2)
  • 6レビュー
制作 : Randall Wallace  黒原 敏行 
  • 角川書店 (2001年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042882015

パール・ハーバー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画の小説化です~。
    映画観たことあるんだけど、忘れちゃったのよ~。
    Ben Affreckがかっこよかったのは覚えてるんだけど。。。

    ハワイにいる間に小説読んでおこうと思って読み始めたんだけど
    よかったわよ~。
    映画が元だからかもしれないけど、話に引き込まれていったし
    映画を知ってるからか、ミリタリー妻だからか、自分が今ハワイにいるからなのか、
    たぶんそれら全部が揃ってたからだと思うけど、
    イメージしやすかった。

    本当の話に恋愛が絡んできて最後は泣けるよ~。

    なーんかねぇ、
    今、こんなにのどかで平和なハワイにいて、
    5、60年も前にこんなことがあったなんて信じられないし、
    アメリカは日本に原爆を落としたけど、やっぱり日本が世界全体にしてきたことを思うと許せないのよ。
    今でも、このキレイな海Pearl Harborの底に眠ってる人たちや、無残にも殺された人たちを思うと、日本人として恥ずかしいし何も言えない。。。

    まぁ、考えすぎちゃうと戦争問題にまで発展しちゃうからやめましょう。
    とにかく、この本はとっても心に残りました。
    今でも泣きそうになってくる。。。
    いや~、しかし、この映画のBen Affreck最高だね。

  • ハワイ、ハワイ島などを舞台とした作品です。

  • 兄弟のように育ったレイフとダニーは幼い頃からの夢を叶え、アメリカ軍のパイロットとなった。時は1941年、世界は第二次世界大戦の真っ直中、アメリカもその戦争に参戦しようとしていた。理想に燃えるレイフは、一足早くイギリス軍のパイロットに志願し、戦地へ赴く。同じ頃、ダニーとレイフの恋人イヴリンはハワイへと転属される。レイフの無事を祈る二人の元に届いたのはレイフの訃報だった。第二次世界大戦中、美しいハワイの景色に突然襲いかかった「真珠湾攻撃」をバックに、レイフ、ダニー、イヴリンの友情と愛情を描く小説。

  • この本を読んでみて、戦争の怖さを思い知らされました。映画も見たことがあります。映画を見て、この本を見たとき、やはり、よくわかりました。そして、すごく感動しました。この本を見ても、損はしないと思うので、おすすめの本です。

  • この本は日本とアメリカの戦争の話であり、日本が真珠湾攻撃をした時の話です。本だと読んでいても戦争のイメージが湧かなかったので、実際にパール・ハーバーのビデオも借りて見ました。本から想像とは違い、とても考えさせられる内容でした。映画で見ると本では分からない、様々な表情があり悲しい内容でもありました。やっぱり戦争は怖いし、するものではないと思いましたが、日本の歴史を知る為にはいい映画です。本だけではなく合わせて映画も見てほしいです。

  • 映画を見て激しく泣いて小説の方も読んでみようと思い買った本。というか巻頭の映画シーンの写真に惹かれて買ったってのも大きい。
    映画では出てこなかったダニーの詩がとても素敵でした。

全6件中 1 - 6件を表示

ランダル・ウォレスの作品

パール・ハーバー (角川文庫)はこんな本です

パール・ハーバー (角川文庫)のカセット

パール・ハーバー (角川文庫)のペーパーバック

パール・ハーバー (角川文庫)のペーパーバック

ツイートする