マンハッタン・コールガールの日記 (角川文庫)

  • 19人登録
  • 2.78評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Tracy Quan  竹内 さなみ 
  • 角川書店 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042966012

マンハッタン・コールガールの日記 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NYで高級娼婦をするナンシーのお話。
    彼氏は結婚したがってるけど娼婦は辞めたくないし〜、友達はバカな男にストーカーされてるし〜、もう困っちゃ〜う的なお話で阿呆くさ〜と思って流し読みして終了。
    本棚のスペースがもったいないくらい要らない。

  • マンハッタンで、高級コールガールをしているナンシーの生活。恋人との結婚や、友達の悩み、そしてお客さんへの気持ちなど、細かい心理描写が面白かった。んだけど、後半になるに従ってなんとなく下ネタに飽きてくる。
    中身は詰まっているのに、ちょっとだけ疲れた。

  • 最初はネット上で公開され、話題になってアクセス数がすごくなり、それを元に書き下ろし小説にまでなりハリウッドが映画化権も取得した、という、NYの高級コールガールの ”赤裸々” ぶっちゃけ日記。
    なんでこんな本を買ったかというと、、、『嫌われ松子の一生』 を読んでなんとなくスッキリしなかったので、男性じゃなくて女性が書いた娼婦の話を読んでみようかな〜っと思ったので。

    いやはや、ナンとも言えず、世の中にはいろんな人が居て、いろんな生業でみんなそれぞれに生きているのだということを再確認。

    日記がベースなので、彼女や彼女の親友(で仕事仲間)に起きることどもの背景がいまいち良くわからなかったりしてそのあたりはモヤモヤしてますが、プロ意識を持った自立した高級コールガールで、真面目につきあってる恋人が居て、彼と婚約中、でも恋人はおろか恋人の家族親戚に自分の仕事のことは絶対秘密で、結婚を機に引退すると決心しているわけでもなくて、でも恋人のことは愛していて、、、彼氏の姉が検事でするどい質問を手に詮索してくるのでビビッていて、と、かなり滅茶苦茶なんですが自分に正直なひとりの女性のお話。彼との関係はどうなるんだろう〜??っと思っていたら、最後の最後でどんでん返し。そうきたか〜っと思いました。続編もあるらしいです。

全4件中 1 - 4件を表示

トレイシー・クワンの作品

マンハッタン・コールガールの日記 (角川文庫)に関連する談話室の質問

マンハッタン・コールガールの日記 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする