嫉妬の法則―はっきり言って暴言です (角川文庫)

  • 51人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (0)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 角川書店 (1998年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043453016

嫉妬の法則―はっきり言って暴言です (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主に男女関係やエロに関してのエッセイ。見た目普通で年齢的にアレな自分にはイタタタという感じだった。題名の通り暴言(笑)
    「とにもかくにも、成功するのなんて二の次でさ、その仕事を選んで、それに満足できるかどうかだと思うぜ。それが当たる当たらないはまた別もんだから。」このくだりが好き。

  • たけしの本は好きだ。みんながたけしのことを好きになっちゃう、愛嬌でなぜな許せてしまうのは、まあたけしだからなに言っても仕方ないよね、的な空気みたいなものがあるからなんだろうか。人間性が伴わないとできない暴言っていうのは面白い。

  • やってること、思ってること、思ってたことで苦しかった。

  • 10/10/22 期待したような内容ではなかった。題名にいつわりあ      り。

  • 世の中結局はどこかでフィフティフィフティだからね。そんなうまくいかない。

  • 美人っていうのは美人であるためには自分をいっさい曝け出さない。だから昔みたいな飛びぬけた美人が今はいない。

  • たけしは好き

  • 男性はこんなことを考えているのか。参考になります。

全8件中 1 - 8件を表示

ビートたけしの作品

嫉妬の法則―はっきり言って暴言です (角川文庫)はこんな本です

嫉妬の法則―はっきり言って暴言です (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嫉妬の法則―はっきり言って暴言です (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする