人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)

  • 96人登録
  • 2.77評価
    • (1)
    • (5)
    • (12)
    • (10)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 小林泰三
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043470136

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年4月20日読了。シリーズ完結編。自らを生み出した組織<MESSIAH>を壊滅させ、「英雄になること」を目指すヴォルフたちの戦いの結末は。「真の敵」が前巻で姿を見せていたり、時間を前後させる構成などから展開に驚きはないが、「趣味が悪くハードなライトノベル」てな感じで手堅く楽しめた。この人が人間賛歌をうたっても全くその通りに感じられない、まあ「言葉や論理では異常な事柄の異常性を説明しきれない/物はいいよう」というのがこの人の根本にはあるのだろうから、セリフや描写がどうあろうと「その人物はどう行動したか」を読み解いてあげるのが正しい読み方というべきか。ラストが異様にさわやか。

  • 面白かった。続編が読みたい。これまで自分が読んだ小林氏の作品の中では低年齢層向け?という印象でした。捕まったのにカップラーメン食べてるヒロインが一番面白かった。

  • 人造救世主1冊目の同様の感想。

  • 結局最後まで表紙の人は誰なのかわからなかったんですが。(1巻の表紙は葵かな…?)最後まで楽しませてもらいました。一気に読んでしまう。
    超能力対決面白いです。そして全編を通して薄っぺらい人物像とか安っぽい少年漫画風味とか丸ごと好きでした。小林さんらしいウィットにとんだ作品だと思います。
    純粋な能力勝負にならず駆け引きや知能戦が入ってきて、どっちに転ぶかわからないところがいいですね。
    小林流では「何もないところから勝手に何かを発生させる」という理はありえず、雷にしろ氷にしろ論理的な物理学のアプローチを入れてきて戦況を変えるのが他では見られない能力対戦の魅力だといえます。みんなが適当にバカというのも。
    肝心の主人公だけが超能力がないままというのは皮肉でしたね。
    主人公といえばまさか生き残るとは思っていなかったので、ハッピーエンドという所に一番驚かされたかもしれません。
    また続きを書いてほしいです。

  • ひどい…、何が「堂々完結!」なのであろうか。超能力に合理性を持たせるためか、物理法則など持ち出しているが、先が読めてしまい面白さが半減。この物語で面白さが半減は致命的…。結末が特撮ヒーローの最終話みたい(イメージ)だった。「かくして、地球滅亡の危機は去った。しかし、いつまた同じように滅亡の危機が訪れるやも知れぬ。真の平和が訪れるその時まで、彼らの戦いは終らない」 的な?

  • ん、終わり? ってかんじ。
    最終巻なのにいきなり新キャラやらモンスターやら出てきて、誰が誰だかわからなくなってしまった。
    1巻から読み返せばまた別の発見があるかも。

    最初の頃の有名人のクローンによる能力バトル、無駄に理論的かつ科学的なんだけどB級テイストで、グロテスクかつ面白おかしい的な雰囲気が薄れたのは残念。

    組織やら、幹部やら話が広がり過ぎて回収しきれてない感じ。
    ここまできたらメサイアは壊滅させてほしかったなー。

    ラストのヴォルフ対クローン元の対決はもうちょっと書き込んでほしかった。
    ヴォルフはどんどんかっこよくなってきたな。
    行為が英雄を作る、どんなにかっこよくても顔が「彼」だと思うと笑えるような泣けるような。

    続編……は無理かな。
    ネフィリムも出ないしなあ。

  • シリーズ最終作ってことで何かオチが欲しかったけど特になく、若干尻すぼみ、予想はしていたが。
    でもいつもの小林さんの安定感、安心感。

  • えっ。
    終わり?!
    クリスとか出たとこなのに、なんだか活躍しててちょっと(゚д゚)!
    また1から読まないとわかんないかも。
    最近の続編あるかも?的な終わり方なのか、
    実際に続編があるのかがわからなかった。。

    アルファオメガの戦闘シーンを彷彿させるカンジ。
    もっとSFぽくてよかったのになー

  • ヴォルフが強くないんだけど、海賊王……ではなく英雄になると決めたら英雄は死なないという特殊能力を発揮する……という話なのかな ヽ(゚∀゚)ノ

    とりあえず3冊まとめて読まないと話がわからなくなる。
    それとおもしろいネタが消化されきってないので、ちょっと欲求不満でもある。

全9件中 1 - 9件を表示

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)のその他の作品

小林泰三の作品

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)はこんな本です

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)の作品紹介

謎の組織MESSIAHのもと生み出された超人クローンたちとの死闘を続けるヴォルフ。闘いに巻き込まれてしまった女子大生、ひとみと共に死線をかいくぐり、ついに組織の研究所へと潜入する。だが、そこには新たな実験計画で作り出された強敵の姿が…!明されるヴォルフの過去、そして因縁の"あの男"との対決。ヴォルフは遺伝子の呪縛を乗り越え、真の英雄となれるのか!?未曾有のダーク・オペラシリーズ、堂々完結。

ツイートする