化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)

  • 73人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (4)
    • (34)
    • (2)
    • (3)
  • 7レビュー
著者 : 長坂秀佳
  • 角川書店 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (466ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043475056

化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「何だこの映画は!?これではまるでちがう!」―我に返ると、「私」は白昼の渋谷に立っていた。「私」はいったい誰だ?何の映画の何に怒り、ショックを覚えたのだ?全ての記憶を失った「私」の頭の中に浮かんだ、3という数字とネコの鳴き声の意味は?突然現れた美人双子姉妹に導かれるように、物語は学生映画サークルの奈良ロケへと移るが…。『弟切草』の著者が挑む新感覚「化け猫」ホラー、シリーズ第一作。

  • 長坂秀佳さんの新しい世界、新感覚な物語、、だけど内容が思い出せないくらい印象の薄い作品。

  • 個人的には好きな作品。弟切草ワールドと違うシリーズ第1弾となるはずが、いまだに第2段が出ないですね…寂しい限り

  • 続くんだと思ってたんですが、どうなったの?

  • (2001/9/16(日))

全7件中 1 - 7件を表示

長坂秀佳の作品

化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)はこんな本です

化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

化猫伝―桜・妖魔 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする