漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)

  • 28人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 角川書店 
  • 角川書店 (2005年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043574124

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビギナーズとはあるけど、読んでからでないとおもしろくない。おさらいとしては丁度よい。興味深い捉え方もありました。

  • 筆者と私は「こころ」の解釈の仕方が違うので、差別的な物言いだとか、ウーンと思うところもあったけれども、これも一つの読み方ということで面白かった。<br>
    コラムのコネタも面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)はこんな本です

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)の作品紹介

「先生」と「私」の不思議な友情を通して語られる、先生の「心」の闇。天皇崩御という明治の終焉に触発された先生の遺書に書かれていたものとは?漱石の『こころ』は、青春の恋愛に端を発した悲劇を題材に、エゴイズムという普遍的な自我の問題を今も問いかけてやまない。日本文学が生んだ不朽の名作を、簡潔にまとめて、背景と内容をわかりやすく読み解いたビギナーズ版。

漱石の「こころ」 ビギナーズ・クラシックス 近代文学編 (角川文庫)のKindle版

ツイートする