ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)

  • 6406人登録
  • 3.74評価
    • (786)
    • (756)
    • (1319)
    • (83)
    • (27)
  • 520レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 角川書店 (2006年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043611133

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 堂々の完結巻。自らの不幸な運命を変えるため、〈幻界〉を旅していた亘が、ついに運命の塔にたどり着き、変わらなければならないのは運命ではなく自分であるという真実に気づく。
    北の帝国に現世に通じる真実の鏡の対となる魔界に通じる常闇の鏡があった。ミツルとワタルの2人が求める最後の宝玉は、魔界から魔族の侵攻を防ぐため常闇の鏡を封印していた闇の宝玉であった。ミツルはその話を聞き、皇都ソレブリアを破壊し宝玉を手にして運命の塔へと行ってしまう。そのせいで〈幻界〉は魔族があふれて危機にさらされ、ワタルは〈幻界〉を救うために、ミツルのあとを追いかける。
    そこで待っていたのは憎しみの塊となってしまった自分の分身との戦い。ワタルはその自分をも受け入れたが、〈幻界〉で起こるすべてを幻と考え破壊を繰り返しながら旅を続けてきたミツルは大きく育ちすぎた憎しみを受け入れることができず分身に敗れてしまう。
    すべての試練を乗り越えたワタルが選んだ答え。それによって「ワタルの」〈幻界〉は守られた。現世での運命は何も変わらなかったが、ワタルは大きく成長し、これからの運命も乗り越えていく力を得る。半身となったミツルの現世での在り方について少し疑問は残るが、ファンタジーであり児童向けの小説のように思える今作は間違いなく誰が読んでも楽しめる作品だと言える。

  • 1人の男の子の冒険成長ファンタジーで終わらないところがすごい。。。

    大人になった今読み返すと、本当に色んなことを考えさせられました。中学の時に読んでいた頃はどこまで考えて読んでいたのかなぁ。

    ワタルは成長しました。
    自分の欠点を見つめ、それを認める勇気を持ちました。

    ベッドの下で震えていたあの頃のワタルとは違う。人間的に大きく成長したワタルに私も勇気をもらえました。

  • ついに読み終わった。なかなか読み進められなかったのに、途中から物語が集結してしまうのが惜しくなっていた。自分の分身を受け入れるところはゲド戦記とほとんど重なっててちょっとなえたけど、いろんな仲間と旅を共ににしてきたこれまでの過程は実に感慨深かった。ミーナの、元気でね。の言葉がとっても、とっても切なくてちょっとウルウル。終章で、あの出木杉くんの彼も、両親の再婚という過去があって、それを乗り越えて幸せに暮らしてるというのを知って、なんだかほっこり。そうだよね、つらいことが一つもない人なんていない。いつまでもくよくよしてないで、乗り越える術を探して強くたくましく生きていく。そんな生き方を目指したい。それにしてもワタル、本当に成長したなぁ。

  • 400ページ以上で3冊にもわたる超大作だったので、読み終えた時には達成感がありました。

    美鶴のその後と大松香織の件をもっと詳しく書いて欲しかったです。
    少しモヤモヤが残る形になってしまいました。

    テレビゲームの世界のような話に引き込まれて、
    ページをどんどん進めていけました。
    ファンタジーと並行して
    現実のリアルを突きつけられる場面が多々あって、
    夢見るだけにしない、
    ちゃんと自身を見つめさせてくれる作品だと思いました。

  • この展開は微妙だなあ。
    ラストはハラハラもしなかったし。

    というか、やっぱり話が長すぎる気がします。
    別にこんな量にするほどの内容はなかったんじゃないかな。

  • ミツルの最期に涙。
    そしてワタル、強くなった。。

    上中下と読んだけれど、止まることなく読み進めることが出来ました

    ファンタジーだけれど、それだけじゃない。随所に盛り込まれた問題提起。そういう組み込み方が、巧いなと。

    完全なハッピーエンドじゃないけれど、色んな形があるのは、人生と一緒。

  • 今年初の長編、3部作。この本から、誰の心のなかにもある理不尽の存在・・・・、己と姿形が違うものを嫌ったり、考えの違うものを退けたり、何かを厭うたり、誰かを嫌ったり、他人より常に良い思いをしたいと願ったり、他人の持っているものをうらやんだり、それを奪おうと企んだり、己が幸せになりために他者の不幸を望んだりする心。誰のなかにも、憎しみがあり、妬みがあり、破壊がある それはどうすることもできない事実。目をそらして背を向けて逃げ出すことはできる真実。。。。自分の中にある真実を受け止めてブレイブ(Brave:果敢に)生きていくことを学びました。

  • 冒険もののストーリーって、
    勇者が悪をやっつけるような、善悪がはっきりしているのが多いですが
    このストーリーは、自分(善)と相手(悪)ではなくて、
    優しい心と人を恨む・妬む心、というような
    自分の中に存在する優しい部分と醜い部分が描かれています。

    自分の運命(現状)を変えるべく旅へ繰り出した主人公が、
    この旅を通して、何を得て、何を失うか。
    また、本当に大切なものや必要なものは何か。
    ドキドキしながら読みました。

    好きなことも、嫌いなことも、良いことも、そうじゃないことも
    そのままを受け入れて、自分自身と向かい合うこと、立ち向かうこと。
    小学5年生が、喜びや憎しみを受け入れるのは過酷だろうに、、と思いながらも
    今の私には全てを受け入れることが出来るのだろうか、、、と考えてしまいます。

    主人公は子どもだけど、
    このストーリーが伝えようとしていることは、大人だって必要なこと。

    また時間をおいて読み返したら、
    きっと違うゴールにたどり着くような、奥の深い作品。

  • 運命を変える旅の終わりに見つけたこと。。。変えるべきは運命でなく自分自身であること。。。まぁ、予定調和的な結末で、予想通り、上巻で抱いた不安とか、中巻での重量級どん底感から浮上して、きっちりと落とし前つけてくれました。しいてあげると、ルウ伯父さんのウェイトが尻すぼみの感があり、もう一つ巻き返しを期待していたのに。。。といったところでしょうか。<BR>2006/8/30

  • 慈悲と叡智、勇気と信義をこの剣に集めて。
    変えるべきなのは僕の運命じゃなくて、
    ー僕自身なんだ。

    幻界の旅で見つけたワタルの答え。それは、私たちが生きていく中で、見つけられないかもしれない大切なこと。
    ワタルと共に旅をする中で、悲しみの乗り越え方、憎しみとの折り合いのつけ方、運命に対峙する勇気を、私たちも気づかなければならない。

  • 嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、その全てが自分を形作るものであり、今後の人生をどんなものにするかは、全て自分次第なのであろう。

    中巻で、ワタルと一緒に旅をするキ・キーマとミーナは、ワタルの現世で近しい人だった伯父と母を彷彿とさせるということに気付かされるが、そういう設定めっちゃ好きだ。泣く。

  • 一気に読み終えた。
    上巻では亘のダメっぷりにイライラしたけど、物語を通して強くなっていく姿に胸を打たれた。

  • 新世界よりみたいな長編ファンタジーが読みたくて、オススメされていたこの本を連休中に読んでみた。

    前半はファンタジー要素がなくて、現実世界の両親の不倫離婚話とか、小学生男子の心の葛藤とかが多くて読み進めづらかったけど、ビジョンに入ってからはまぁまぁ楽しめたかな。

    ただ、全体的に対象年齢が若いと感じた。性的描写や、恋愛要素があまりなく、少年漫画の冒険ものという感じなので物足りなく感じた。
    世界観もドラクエを彷彿とさせ、やったことはないけどロマサガ?の影響が大きいのかな。RPG的に進んで、都合のよいところで新しいアイテムとか、能力が増えてちょっとご都合主義。

    小中高までに読んでたらはまったかもなー。

  • 読み始めて…買ってしまったからには最後まで読み通すとの気合いでゴールに到達。正直、辛かった。
    これまでにも、これは修行なのだと言い聞かせて夜間行軍訓練の如く長編に臨んだことはあるのだが、ここに来てそれを体験するとわ。
    人生とはかくの如く思った様にはならないものよのう。
    文章は流石、当代きってのベストセラー作家だけにスティーブン・キングを彷彿させる描写もあったりしたりして、「巧いな」とは思った。だけれども、全体のストーリー展開はアレだなー企画倒れかな。ミツルの最後がなー、ちょっとなー、というか大分肩透かし。「へっ?」こんなんでイイの?ホントに?てな感じ。
    ここまで付き合ったからにはとことん行くかということで映画も観てみる。こっちも評価低いんだよねぇ(^^;

  • H28.6.22読了
    色んな事を考えさせられる作品。
    読んでいて楽しかった。
    また読み返したいと思えた。

  • このシリーズは面白い。
    宮部みゆきのファンタジーというのはここまで面白いのかと改めて感動。
    ただ、最後が駆け足になった印象。単純に自分が名残惜しいだけかもしれないが…4巻ぐらいあってもよかったのでは…。

  • 面白かった。宮部さんってこういうファンタジー物語も書くんだね。

  • 一気に読み上げました。とても面白かったです。ただ、ミツルも幸せにしてあげて欲しかった~(T_T)

     とにかく色々考えさせられる内容でした。主人公は10歳?11歳?の子供ですが、この本を子供に読ませるのはう~んって感じかなぁ。高校生以上推奨かしら。

     下の解説のところで、亘はお父さんを赦したみたいな事が書いてあったけれど、どうなんだろう?本当に赦したのかなぁ?うまくは言えませんが、赦したというよりは、お父さんにすがるのを止めた=お父さんはもう僕の人生には必要ないから、僕はもう大丈夫だよって言ったんじゃないかなぁという感じがしました。個人的には。

     最後まで読んで、とても残念だったことは、幻界のハルネラ=人柱に関しては一切解決されなかった事かなぁ。

     ハルネラが解決されるためには別の旅人の物語で語られるといいなと思いました。

     ブレイブストーリー=ワタルの旅路のお話でした。

  • 上巻は早く!幻界行こうよ!と待ちきれない気持ちだったけれど、扉の中に入ってからは本当に楽かった。
    最後まで読んで、ここまではまれたのも、上巻のワタルの生活あったからこそどんどん深みを増したんだなぁと。

    キキーマやミーナとの会話に切なくて。ジョゾの可愛さと健気さに頑張れ!てなったり。
    旅を振り返るシーンでは私も同じように、あんなことあったなぁと。
    少年の成長を最後まで見届けることができてとてもよかった。

    面白かったなー。

  • めっちゃ読み応えあった。徹夜本です。アニメにもなってるので、子ども向けのファンタジーかなっと思ってたんですが、全くそんなことなし。むしろ、普段は意識してないような大切なことをあらためて気づかされた気がする。これからも何度か読み返すことになる本になる気がします。

  • 上中下巻と1500ページほどの大作。
    高校生の時に購入したものの、読んでおらず、帰省した際に自分の部屋で見つけて手に取ってみた。

    子供向けのファンタジーだと思って読み始めたのが、ページをめくる手が止まらなかった。

    序盤の家族問題のところから私の境遇と被る部分があり涙。涙。
    自身が日々の生活のなかで芽生えることのある黒い感情に後ろめたさがあったが、物語を通してそれを認めることも勇気だと教えられた気がした。

    登場人物に愛着を覚え、感情を揺さぶられる。
    胸がギューっとなったり、じんわりほんわかしたり。
    将来自分の子供に読んでもらいたい作品。

  • ジョゾとの再会は思っていたのと違った。てっきり地下の牢獄から脱出するための伏線だと思っていたが、あっさり脱出できてしまった。まあ龍の笛が簡単にできてしまうのもなんなのでこれはこれでいいと思う。なのでジョゾとの再会はあっけなく果たされ、そしていよいよ…。

    ここから先はまさに「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」や「ネバーエンディング・ストーリー」などを彷彿とさせる。テイストは前者に近く、魔の影や自身の投影や闇などといった光と影、善と悪、それらが混ざり合った世界での戦いが公私に渡り続けられることになる。ダークサイドとの攻防のような図式はまるで「スター・ウォーズ」だね、とも取れるいわゆる神話型ストーリーが続く。

    ワタルとミツルは直接戦いはしなかったが、結局はワタルが勝利し運命の塔へと向かう。そして自分の運命を変えるのではなく常闇の鏡の破壊、つまり幻界を救うことを願うのだ。それはワタルの成長を意味していた。

    運命を変えたところで未来がよくなるわけではない。それよりもいまを生きることこそ未来に繋がるのだ。そうしてワタルは亘として帰還したが、その亘はワタル以前の亘では間違いなくないのであった。

    ところで、この作品にも「父殺し」というエピソードが盛り込まれていたことを大原まり子のあとがきで気づかされた。つまりこの作品もまた村上春樹が大好きな「行って帰ってくる物語」であったことをいまさらながらに気づかされたのだ。まあ当然といえば当然なのだが…。

  • ミツルのことを思うと切ない。たった10歳で、抱えきれないほどの運命を背負って、憎しみに支配されて…ミツルのやったことは確かにひどいけど、幸せになって欲しかったな。

    ヴェスナ・エスタ・ホリシア
    〝再びあいまみえる時まで〟

  • いよいよクライマックス。

全520件中 1 - 25件を表示

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)に関連するまとめ

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)の作品紹介

天空を翔るファイアドラゴン、ジョゾの背に乗って北の帝国に向かうワタルたち。目指すは皇都ソレブリアにそびえる運命の塔。が、うちつづく闘いに傷つき、命を失う仲間もあらわれ…。ミツルとの死闘を制し、ワタルは女神と出会うことができるのか?現世の幸福と幻界の未来。最後に選ぶべきワタルのほんとうの願いとは-。運命に挑んだ少年の壮大なる旅を描いて、勇気と感動の涙をもたらす記念碑的超大作、ついに完結!

ツイートする