疾走 上 (角川文庫)

  • 6770人登録
  • 3.65評価
    • (733)
    • (900)
    • (1460)
    • (135)
    • (48)
  • 724レビュー
著者 : 重松清
  • 角川書店 (2005年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043646029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮部 みゆき
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

疾走 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 上下巻読み通しての感想
    「ひとり」で生きることを選んだ生き方と、「ひとり」で生きなければならない生き方では大きく違う。
    ただ、誰かとつながりたいと願っただけなのに…。
    自分に原因があるのなら諦めもつく。
    でも、シュウジには何の責任もない。
    もしも本当に人生がスゴロクで決まっているのだとしたら、そのサイコロを振っているのは誰なのだろう。
    自分が振ってもいないのに、悪いところにばかり止まってしまうとしたら…。
    いったい誰を恨めばいいのだろう。
    シュウジの祈りにも似た渇望が哀しすぎる。
    どんなに願っても与えられないものがあるとしたら、どう生きていけばいいというのだろうか。
    特別なことを願ったわけではない。
    誰かとつながりたい…ただそれだけの、本当にそれだけのことだったのに。
    BOOKデータベースにある感動のクライマックスという言葉。
    こんな辛い結末が感動なのだろうか。
    確かにシュウジによって希望は残された。
    でも、シュウジは?
    もちろん、シュウジ自身は納得している結末だろう。
    心の奥底に深く刻まれるような痛みと、そして光。
    あまりにも内容がハードなので、読む年代によっては辛いものがあるかもしれない。
    でも、逆にハードだからこそ残るものも多い。
    物語を読んでこれほど痛みを感じるとは思わなかった。
    間違いなく心に残る物語だった。

  • 話の展開が暗く望みのない世界だけど、
    妙にリアルで話に引き込まれました。

    下巻の展開が楽しみです。

    神父さんが唯一赦せる存在です。

  • 重松清の初読み・・・だったはず。

    爽やかな青春もの…とはいかず。暗雲立ち込める雰囲気の物語、という要素は、あるにはあった。しかし、えも言われず引き込まれてしまう文体の、不思議な魅力は感じた。

    それでも、少年期の淡い初恋や、思春期特有の性への興味などが描かれていて、かろうじて「青春もの」の味わいを醸していた。

    ・・・上巻までは(苦笑)。

    ★4つ、8ポイント。
    「うぉおお、重松清、面白いんじゃね?」と思いつつ、下巻を買いに向かった。。。。
    2009年?2008年?

  • 地方都市の干拓地の開発とともに、転がり落ちるように崩壊していく家族。
    上巻まで読み終えた今のところ、どん底まで落ちた。
    下巻に救いはあるのか?
    2017/01

  • 凄まじいスピード感。

  • 初めての重松作品
    しんどかった~~
    途中で息がしにくくなった

  • 昭和のあるある的な暗い話。
    どこの家庭でも誰にでもいつ起きてもおかしくない不幸な物語だ。
    ただその不幸をきっかけにどちらへ転がって行くのかが運命を左右するのかなぁと思います。
    下巻ではシュウジはどちらへ転がって行くのか。

  • 話す相手のいなくなったおまえは、たくさん本を読むようになった。新聞でも雑誌でも、折り込み広告でも、読む。言葉がすべて自分に向く。言葉はすべて、おまえに語りかけている。そんな錯覚に陥ることもある。本を読むと、言葉に触れると、不思議と気持ちが安らぐ。

    おれにことばはいらない。おれはからっぽになってしんでいきたい。からから、からっぽのおれだ。おれはおもうのだ、ことばがあるから、ひとはなやむ。ひとはことばでものをかんがえる。ことばでかこをきおくにのこし、ことばでみらいをおもいえがく。ぜつぼうはことばがうむ。きぼうもことばがうむ。つみはことばによってかたられ、ばつもことばがつくる。しあわせをせつめいするにはことばがいる。ふしあわせだとわかるのにもことばがいる。

    ことばさえなければ、おれはあんなにもくるしまずにすんだ。


    神父の弟も、おまえの兄も、語る言葉は平仮名だった。漢字のない言葉。言葉は人を救うのだろうか。おまえが死ねなかったのも、言葉があったからだった。そんなことを感じさせた上巻。
    ひとりでいる、人間の孤独がリアルに描かれている作品。

  • いつか私が母になる時幸せな家庭築けるのかな。
    お兄ちゃんがあんな風になって誰も止められない状況がただただ恐ろしかった。
    徹夫は腹立たしいって言うより悲しい。
    大人になって子どもの頃を振り返った時に、徹夫は笑えるかな。

  • 帯にSABUが映画を撮ったと書いてあったので、どんな話だ?と購入してみた。
    ちなみに2005/12に公開らしい。上下巻あるのだが、おかげでココ2日間は3時間しか寝てない。
    家で本を読む時はたいてい読み出すと10分で投げ出すか、最後までトイレすら行かないかのどちらかだ。この本は後者。

    内容は物凄くダークでヘビーだがノスタルジックで少年時代の記憶を擽られる。
    この時代を生きる少年少女達にいつ起こっても不思議でない惨劇と苦悩。
    上巻に出てくるチンピラの車に乗せてもらうところから、主人公の心が上下巻を通じ少しづつ、微妙に変化してゆく描写が絶妙。

    ラストシーン近くのくだりは何故か昔のドラマ「高校教師」を思い出した。三十路を迎えた自分がすっかり世界に引き込まれていたことが印象的だった。エンディングもこんな感想を述べると微妙だが、自分的には爽快な終わり方だったと思う。自分の中では小説として(リアルだと苦痛だが)は最高のエンディングの部類に入る。

    12月公開の映画は必ず見に行くだろうなぁ~。
    しかし、SABUはこの物語をどう撮ったのだろう、物凄く気になる。ネタバレになるので控えめに、SABUの映画を見たことがある人なら、ラストシーンが別の意味から楽しめるかもしれないカモ。

    心身ともに健康なら是非読んで欲しい作品!満点です。

  • 映画化もされた重松清の小説。文庫は上下巻で構成されており、本書は上巻。

    孤独と絶望・・・。壮絶です。
    それ以上の言葉が思い浮かばないくらい。

    拠り所となるべき家族も離散。
    そもそも、愛されていないことが空気で伝わってしまっているのが何よりつらいですね。

    絶望の要素がが多すぎて、もう、ただただつらい。これでもかと追い打ちをかけられます。
    嘘くさくならないように、絶望をとにかく詰め込んだらこんな感じになるんじゃないか、というくらい。

    ここからシュウジは、どうなっていくのか?下巻を読んでいきます。
    (Wikipediaでちょっと見てしまった....汗)

  • 表紙のデザインに惹かれて購入。

    人間が持つ心の闇や弱さをこれでもかと言うほど克明に描き出されていますが、自他含め道徳やモラルが崩壊しつつある近現代では一見の価値があると思われます。
    「孤独」や「絶望」に蝕まれつつも、必死に誇りある「ひとり」でいようと抵抗する主人公の意志や行動には、一種の高潔さのようなものを覚えました。

    かなり重苦しい内容なので、下巻を読むのにもかなり力が要りそうで躊躇っています。

  • ジャケ買い系本。そして、中身がまあ暗い。

    差別される地区と、差別する側にいる地区の子供たちの描写だが、小学校から中学校へ進んでいくうちに、社会的な変化もともなって立場や態度が変わっていく。

    差別が有り、学校が有り、犯罪者の家族が有り、家庭内の確執がある。重松清の真髄でもある「しんどい人間関係」がこれでもかというレベルで押し込められている。途中で暴力やリビドーの爆発はあれど、花村萬月ほどドカンといかないあたりが、芥川賞系の作風とはちょっと異なる。

    シュウジという男の子の視点で描かれるが、基本的に「おまえ」という他人からの視点を意識させられるのは、下巻で明らかになるのだろう。周りの人がどんどんいなくなるたびに、読んでいるこちらも気持ちが軽くなるような気がするのは不思議な感覚だ。

  • 家族や思春期の少年少女を描いた、アットホームで温かい作品が多い重松清だが、この作品は真逆を行く。
    「ひとり」の少年を描いた、重く、苦しく、生々しく、痛々しい作品だ。私はこの作品が初めての重松作品だったから、その後スタンダードな重松作品を読んで、驚いた。

    この作品では、主人公のシュウジを徹底的に「ひとり」にする。家族が残酷なまでにバラバラになり、誰かと繋がったと思ったら、遠くに行ってしまったり、関係が崩れてしまったり、死んでしまったりして、結局「ひとり」になる。最後に物語としては少し希望が見えるが、シュウジ自身の幸せではない。

    ここまで少年を追い詰める必要があったのか、と思う。ここまで精神的に、肉体的に、社会的に、性的に、少年を蹂躙する必要があったのか、と思う。(特に性的描写は、若すぎるうちに読むとトラウマ物です。)
    けれど、その「ひとり」こそが、重松清の書きたかったものだったのだろう。まるで、彼がいつも何作品もかけて描いている温かいものと対を成すものを、この一作品にすべて込めたかのような、執念のようなものさえ感じる。

    こんなに読んでいて辛い小説はなかった。部分部分を読み返すことはあるが、通読は未だに一度しかできていない。けれど、忘れられない作品だ。

    レビュー全文(映画についての感想も)
    http://preciousdays20xx.blog19.fc2.com/blog-entry-463.html

  • 田舎町に住む普通の家族。
    優秀な兄ばかり可愛がり放置気味な弟が主人公。
    とはいえ、ネグレクトではなく
    どこの家にでもあるちょっとした対応の差程度で
    本当に普通の地味な家族なのです。

    しかし年月とともに現れる歪み。
    それは兄の成績不振だったり同級生のいじめだったり、
    田舎町自体にある差別意識だったり。
    それらがほんのちょっとした負の連鎖で
    主人公がどうしようもない部分で不幸を生み、
    読んでいて悲しいを通り越して一体どうなるのだ!
    カタルシスがないと許せないぞ!

    という気持ちになっております。

    現在下巻を読み中なので
    カテゴリを決めかねているが
    上巻は間違いなく面白いです。

  • 去年の夏に読んで、最近読み返しました。詳しいレビューは下巻で。シュウイチは、壊れる前もなんか良い人物じゃないなと思いました。

  • なかなか辛い物語。徐々に締め付けられるような苦しさを覚える。

  • 流星ワゴンやきよしこの雰囲気を期待して読んだら後悔します

  • 描写は素晴らしかったけど、二度と読みたくないと思える本。重苦しい。

  • 中学生の頃読んでトラウマになりしまい込んでたけれど、最近久しぶりに開いてみたら、何とも言えずイイ。希望の芽は悉く摘まれるので精神的に安定しない時には読まないほうがよさそう

  • 表紙が素晴らしいです。

    こんなにパワーのある表紙はなかなか無いです。
    本屋で一目惚れして以来、普段自分が手に取るタイプの本ではないにも関わらず、ずっと読んでみたいと思っていました。

    それでついに読んだわけなんですが……エロ描写が合わなくて下巻途中で脱落しました。
    すみません。でも表紙は本当に素晴らしいです。内容も合わなかった自分が悪いだけで読みやすいし、犯罪が絡んでくるのに透明感があります。

    こんなレビューされても作者も作品のファンも全く嬉しくないだろうけど…表紙だけでも星五つです。

    あ、あと表紙は元のハードカバーは顔が二つに別れていないんですね。
    顔真っ二つの文庫版表紙の方がより魅力的に感じました。

  • レビューは下巻に。

全724件中 1 - 25件を表示

疾走 上 (角川文庫)に関連するまとめ

疾走 上 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

疾走 上 (角川文庫)の作品紹介

重松清は、作風としては穏やかで心が安らぐことが多いですが、この疾走 上は少し感じが変わります。
少年を主人公に、さまざまな世界が描かれていきます。
大人の世界の残酷さが、非常な文体でテンポよく小説は進んでいきます。
最後まで、どのような展開になるのか予想ができない面白さがここにはああります。
また、違う作家の顔を見ることができる作品です。

疾走 上 (角川文庫)のKindle版

ツイートする