疾走 上 (角川文庫)

  • 6787人登録
  • 3.65評価
    • (733)
    • (901)
    • (1460)
    • (136)
    • (48)
  • 724レビュー
著者 : 重松清
  • 角川書店 (2005年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043646029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

疾走 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 下巻と合わせて、何回も何回も読んでいる。
    正直、何回読んでも主人公の救いのない人生に切なくなって苦しくなってしまうのに、どんどん読み進んでしまう。
    この本だけは何回読んでも途切れることなく完走して読む。

  • 上下巻読み通しての感想
    「ひとり」で生きることを選んだ生き方と、「ひとり」で生きなければならない生き方では大きく違う。
    ただ、誰かとつながりたいと願っただけなのに…。
    自分に原因があるのなら諦めもつく。
    でも、シュウジには何の責任もない。
    もしも本当に人生がスゴロクで決まっているのだとしたら、そのサイコロを振っているのは誰なのだろう。
    自分が振ってもいないのに、悪いところにばかり止まってしまうとしたら…。
    いったい誰を恨めばいいのだろう。
    シュウジの祈りにも似た渇望が哀しすぎる。
    どんなに願っても与えられないものがあるとしたら、どう生きていけばいいというのだろうか。
    特別なことを願ったわけではない。
    誰かとつながりたい…ただそれだけの、本当にそれだけのことだったのに。
    BOOKデータベースにある感動のクライマックスという言葉。
    こんな辛い結末が感動なのだろうか。
    確かにシュウジによって希望は残された。
    でも、シュウジは?
    もちろん、シュウジ自身は納得している結末だろう。
    心の奥底に深く刻まれるような痛みと、そして光。
    あまりにも内容がハードなので、読む年代によっては辛いものがあるかもしれない。
    でも、逆にハードだからこそ残るものも多い。
    物語を読んでこれほど痛みを感じるとは思わなかった。
    間違いなく心に残る物語だった。

  • 主人公はただ走る。
    運命というレールの上を、『疾走』していく。

    話のテンポが良くて、一気に読んでしまった。
    常にどん底からまたその下に堕ちていく主人公が悲しい。誰かとつながりたい、ただそれだけが主人公の望みなのに、つながったと感じた瞬間、その細い糸はぷつりと切れる。
    何度も差別され、さげすまれ、裏切られ・・・。
    それでも主人公はつながりたくて、走っていく。

    疾走し続けた主人公は最後まで悲しいままで、だけどラストは主人公が求め続けた「つながり」と一緒に、ゆっくりとした時間が流れている。

  • 表紙が怖い。
    内容もどす黒い。

    高度経済成長期の日本。場所は中国地方か。村ぐるみの差別がまだ平然とある田舎。兄は放火犯で少年院行き。父は蒸発。母は博打三昧。主人公は中学校でいじめられる。

     不幸満載の主人公。中学生にして、孤立・孤高・孤独の違いについて実体験する。孤立している訳ではなく、「ひとり」で孤高に生きていくと決心しても、どこかで誰かと繋がっていたいと孤独を感じる。人間のプライドと弱さという奴か。
     万に一つもハッピーエンドを期待できない展開だけあって、せめて一つでも心温まる話が欲しい。重い話だが、引き込まれる。

  • タイトル通り主人公の中学三年までを疾走の如く駆け抜けた短い人生の話。主人公を「おまえ」と表記しており始めは感情移入しにくかったが慣れれば物語にグイグイ引き込まれる。兄の犯罪、いじめ、家族の崩壊、暴力、犯罪と崖を真っ逆さまに落ちる人生に救いはあったのか。何でもいいので誰かと繋がっていたい、二人じゃなく、ひとりとひとりでもいいから。アカネのこ、エリの開放が生きた証。全く救いがなかったわけでは無かったのかと思う。久々にあと引く読後感作品!

  • 心優しく、真面目なシュウジ。
    ある日、
    心の壊れた兄のシュウイチが赤犬(放火犯の蔑称)となって捕まることをキッカケにみるみる家庭が壊れてゆく。
    父親も母親も、親というだけで強くはなれない人間で、シュウジだけが現実にひとり 取り残される。
    東野圭吾の『手紙』を思い出す。
    家族が犯罪者だから嫌うのは差別だというのは誤解で、人はその血を本能的に、避けるのだと。
    あぁ、いじめられて、誰もかれもに無視をされ、居ないものにされてから自ら命を絶つ人は
    本当は誰かの心の中で生き続けたいのかも知れない。
    そうすることでしか存在出来なかったのかもない。
    自殺を思いとどまったのは、シュウジがふとあぁ春なんだ、と気が付いたから。
    そのシーンがとても印象的でした。

    忌み嫌われ、何かを失い、ひとりぼっちのシュウジは穴ぼこのような目でアカネを探し、人を殺し、エリを求める。
    事件に巻き込まれながらシュウジは死ぬ。死んだときにホッとしたんだ。
    もう、
    逃げなくて良いんだと思った。
    上下巻を読み終わってから1番はじめのページに戻る。
    シュウジは兄のシュウイチを慕う、
    心の優しい少年だったんだ。

  • 重松さんの本は、読後に優しい気持ちになれるので好きなのだが、この本は凄まじく悲しい気持ちになる。下巻では穏やかな気持ちになれるのだろうか?

  • 人が「ひとり」になっていく様を描く小説。世の中の孤独を気どっている奴はこの小説を読んで絶望を感じると良い。そして重松清の描写力が凄まじい。なぜこのような心理描写を描けるのだろうか?「お前」という1人称は宮原雄二の視点であろう。全ての伏線が利いている。どこへ向かい、どの結末に辿り着くのだろうか。上巻だけで大満足の小説。下巻が楽しみだ。作中名言「柿の実は全部とってはいけない。」

  • 機会があって、初めて重松清の本を読んだ。前から最初だけめくってはやめ、を繰り返していた作家。

    この本は中上健次?と思うところもあり、でもどこか劇画タッチで当事者感が無く(これは当たり前か)、視点が泳いで入り込めないまま読んだ。

    これは完璧に主観だけど、隣に誰かがいて、ツッコミいれられながら話が進行していく様な感じがある。一個一個感じることよりも先に、起こると決められてる事件が立て続けにやってきて、「あーあ、まただな。」というような。作家自体が傍観者的なのか、構造のせいなのか。でも矛盾するようだけど面白くて最後まで一気に読めた。

    大人になるに連れて何度も死んでは甦るような経験を繰り返し、穢れを身につけていくけど、この本ほど凝縮したものを身に受ける人ってなかなか居ない。けど、ここまで穢れても受け止めて、誰かがそばにいてつながることで、魂が生きるんだなというお話。絶対に無理!という事も高い所からみると乗り越えていける。

    あと不誠実さとか理不尽さを受けて、それでも誠実にいると酷い目にあう村社会の悪い構造も描いてたのかな。

    他の作品のオススメを頂いたので、読んでみようと思う。

  • 話す相手のいなくなったおまえは、たくさん本を読むようになった。新聞でも雑誌でも、折り込み広告でも、読む。言葉がすべて自分に向く。言葉はすべて、おまえに語りかけている。そんな錯覚に陥ることもある。本を読むと、言葉に触れると、不思議と気持ちが安らぐ。

    おれにことばはいらない。おれはからっぽになってしんでいきたい。からから、からっぽのおれだ。おれはおもうのだ、ことばがあるから、ひとはなやむ。ひとはことばでものをかんがえる。ことばでかこをきおくにのこし、ことばでみらいをおもいえがく。ぜつぼうはことばがうむ。きぼうもことばがうむ。つみはことばによってかたられ、ばつもことばがつくる。しあわせをせつめいするにはことばがいる。ふしあわせだとわかるのにもことばがいる。

    ことばさえなければ、おれはあんなにもくるしまずにすんだ。


    神父の弟も、おまえの兄も、語る言葉は平仮名だった。漢字のない言葉。言葉は人を救うのだろうか。おまえが死ねなかったのも、言葉があったからだった。そんなことを感じさせた上巻。
    ひとりでいる、人間の孤独がリアルに描かれている作品。

  • いつか私が母になる時幸せな家庭築けるのかな。
    お兄ちゃんがあんな風になって誰も止められない状況がただただ恐ろしかった。
    徹夫は腹立たしいって言うより悲しい。
    大人になって子どもの頃を振り返った時に、徹夫は笑えるかな。

  • 表紙のデザインに惹かれて購入。

    人間が持つ心の闇や弱さをこれでもかと言うほど克明に描き出されていますが、自他含め道徳やモラルが崩壊しつつある近現代では一見の価値があると思われます。
    「孤独」や「絶望」に蝕まれつつも、必死に誇りある「ひとり」でいようと抵抗する主人公の意志や行動には、一種の高潔さのようなものを覚えました。

    かなり重苦しい内容なので、下巻を読むのにもかなり力が要りそうで躊躇っています。

  • 家族や思春期の少年少女を描いた、アットホームで温かい作品が多い重松清だが、この作品は真逆を行く。
    「ひとり」の少年を描いた、重く、苦しく、生々しく、痛々しい作品だ。私はこの作品が初めての重松作品だったから、その後スタンダードな重松作品を読んで、驚いた。

    この作品では、主人公のシュウジを徹底的に「ひとり」にする。家族が残酷なまでにバラバラになり、誰かと繋がったと思ったら、遠くに行ってしまったり、関係が崩れてしまったり、死んでしまったりして、結局「ひとり」になる。最後に物語としては少し希望が見えるが、シュウジ自身の幸せではない。

    ここまで少年を追い詰める必要があったのか、と思う。ここまで精神的に、肉体的に、社会的に、性的に、少年を蹂躙する必要があったのか、と思う。(特に性的描写は、若すぎるうちに読むとトラウマ物です。)
    けれど、その「ひとり」こそが、重松清の書きたかったものだったのだろう。まるで、彼がいつも何作品もかけて描いている温かいものと対を成すものを、この一作品にすべて込めたかのような、執念のようなものさえ感じる。

    こんなに読んでいて辛い小説はなかった。部分部分を読み返すことはあるが、通読は未だに一度しかできていない。けれど、忘れられない作品だ。

    レビュー全文(映画についての感想も)
    http://preciousdays20xx.blog19.fc2.com/blog-entry-463.html

  • 普段、優しい人が内に秘めた狂気を見せたら、どれほどのものなのか。
    私はこの小説で重松清の狂気を思い知った。

    すさまじい勢いで「疾走」していく主人公の少年が行き着く先を案じてやまない。

    この作品で悪あがきをしている誰もが幸せになってほしい。

  • 流星ワゴンやきよしこの雰囲気を期待して読んだら後悔します

  • 痛々しく重い話なので途中で何度か読むのはやめようかと思った
    もう少しだけと思ううちにだんだん引き込まれていっていった

  • 最初はストーリーの内容が分からず、ん?と思ったけど、そんなことは束の間、重松清さんの高度な表現力にただただ引き込まれてあっという間に読了。どんなテーマでも人間の非情さ・冷酷さが心にスッと入り込んでいきます。おすすめです。

  • す、凄いこれ。
    差別、偏見、苛め、引き篭もり、家庭内暴力、家庭崩壊。
    そして、遠慮なく下世話。
    教育が行き届いた21世紀の文化的で公序良俗を重んじる良識の皮を一枚剥がすと蠢き出すありとあらゆる社会のタブーがテンコ盛りで、あからさま。
    ふだん、触れないようにしていることやなかったことにしていることを目の前に曝け出されて直視できず、読み進めるのが辛くなるほど。
    展開も想像するに怖くてたまらないのだが、目が離ない。
    この後、下巻に突入。
    では、いってきます。

  • 重松清の本は15冊くらい読んだと思いますが、有名な作品の中でこれだけ読んだ事がありませんでした。

    読んでみると、最初は「面白いか?これ」って思ったけど、読み進めていくうちに面白くなっていきました笑

    主人公が私と同じ中学生なので感情移入しやすいです。
    男子中学生って性欲の塊ですね・・・

    早く下が読みたいです!映画も気になる!

  • 「流星ワゴン」は、ファンタジー調であまり好みではありませんでした。浅田次郎のような「泣かせ」が気になりまして。まぁまんまと泣いたんですけれども。
    この「疾走」は全く趣の異なる小説です。主人公は15歳の少年でその迷える年代の読者に評価されているようです。共感できる部分があるのでしょう。テーマは一言で言うと「孤独」です。
    ごくありふれた少年が、家庭崩壊やいじめから精神を病み、逃げ出そうとする過程で出会う人や、壮絶な体験が描かれています。設定が悲惨すぎてリアリティが無く、感情移入が出来ませんでした。登場人物全員が、かつて不幸だったり、もしくは不幸な終わりかたになっていて、目を背けたくなります。とくに下巻は、性の描写が過激で長く続き、つらいです。ここまで長く詳細に描く必要は無かったのではないかと思います。
    主人公を「おまえ」と書く表現も、だんだん慣れますがわざとらしくて苦手でした。
    子どもの視点で書いた本をたくさん読みましたが、一度子ども時代を経た大人でも、難しいですね。自分の中学・高校生時代を振り返ると、今と比較にならないほどたくさんの心配事を抱え、日々真剣に悩んでいたことを思い出します。
    この本のタイトル「疾走」は、追われるように全速力で走る少年の短い人生を表すと同時に、主人公の少年はランナーで、走る場面が良く出てきます。この本を読むと早く走れそうな気がして、ジョギングに出かけたくなります。物語の終わり方は、それまでの曇天に晴れ間が差し込む感じで、妙にさわやかで静かです。
    酷評になってしまい、ファンの方には申し訳ないです。

  • 中学生、家庭崩壊、いじめ、セックスという箇条書きにしてしまうと、はいはい問題提起問題提起という印象が浮かんでしまうかもしれない。
    疾走というタイトルに相応しく、主人公の身に不幸が次々と降りかかるが、作者の素晴らしい所は日常生活の恐怖は突如訪れるものではなく、じわりじわりと変化して行くものであることを描き切っているところ。
    孤独と孤立と孤高という三種類の ひとりの違いを考えながら読みふきれる作品。

  • ものすごく嫌いな話だけど、ものすごくつらい話だったけど、忘れられない。こんな気持ちは初めて。

  • 本当に不幸で、ひとりは寂しくて、悲しい小説。主人公のシュウジには、最後は本当に幸せを掴んで欲しかった。

    描写が巧みで、今まで読んだこの作者の作品で一番面白かった。ー冊目の途中から二冊目は結構あっという間に読んだ。

    もう一度読みたいとは思わないが、悲しくて、寂しくてとても印象に残るー冊。

  • 読んでも読んでも幸せなことが出て来ず、苦しくなるのに、この先どうなるのか気になって読むのをとめられなかった。
    あまり元気じゃない時に読んだせいか、読了後しばらく気持ちが落ち込んだ。でも、読んでよかったと思う本。
    幸せを求める気持ちや人を信じたい気持ちなど人として当たり前に自然に持っている気持ちが苦しいほど胸にくる本だった。

全724件中 1 - 25件を表示

疾走 上 (角川文庫)に関連するまとめ

疾走 上 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

疾走 上 (角川文庫)の作品紹介

重松清は、作風としては穏やかで心が安らぐことが多いですが、この疾走 上は少し感じが変わります。
少年を主人公に、さまざまな世界が描かれていきます。
大人の世界の残酷さが、非常な文体でテンポよく小説は進んでいきます。
最後まで、どのような展開になるのか予想ができない面白さがここにはああります。
また、違う作家の顔を見ることができる作品です。

疾走 上 (角川文庫)のKindle版

ツイートする