とんび (角川文庫)

  • 4860人登録
  • 4.38評価
    • (901)
    • (628)
    • (187)
    • (20)
    • (2)
  • 661レビュー
著者 : 重松清
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043646074

とんび (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最愛の妻・美佐子を事故で亡くしたヤスさんと息子のアキラ。
    時には互いに傷付き、離れてはやがて戻って、そんな父と息子の絆を描いた作品です。
    ドラマもチラチラ見て、当時はあーいい話だなー位に感じていましたが、息子を持つ父親の立場になってみて、とたも感慨深く身に染みます。
    人生を80年とした時に、その中で父と息子が一緒にいれる期間はたったの20年。
    そして息子は親元を飛び出して自分の世界に旅立ち、やがて新しい家庭を持ち、今度は自分が父となる。
    人生のたったの4分の1。その不思議な時間を大切にしたいと思いました。

  • 読書で気分をスッキリさせられることが最近の自分にとって、ストレス緩和剤だとつくづく思います。このスッキリ感はどうも、思いのたけを発散させること=気持ちよく泣けることなのではないかと。
    で、今回ももれなく大泣き「うわ~ん!!」と、声出して泣きたいのを(さすがに家族が傍にいましたので)、必死に抑えました(笑) 本書は、テレビ放映もされましたが、ドラマが原作にいかに忠実か分かります。違うところといえば、テレビではアキラが回想していく形をとっていますが、原作は時系列通りに進んでいきます。 これはいいです!父と子 父と母 父と父の父 夫婦、生涯の友、人生の師匠 ・・・あげたらキリがないほどに、沢山の人情に、心がほぐされ、温かくなります。なつかしさを感じます。ここに描かれている人たちの絆は、もしかしたら理想像かもしれませんが、それでも声に出して言いたいのです。命を守られ、育てられ、ときに助けられ、育つことの喜びを噛み締めてくれる人の存在があることを。先に逝ってしまった愛する人が、自分の中で息づいていることを信じられるということを。 本当に嬉しいと、人は笑うより、涙が出るものなのだということを。 ドラマで観終えている方にも、感動された方なら尚のこと、おすすめしたい一冊です。

  • サスペンスを除いて人が死んだり家族がおらんかったりそういう話は好きと違う。白けた気分になる。じゃけど重松清は違う。耳慣れた備後弁じゃけぇじゃろうか。泥臭さが残っとるけぇじゃろうか。
    ヤスさんは「正しさではなく愚かさで愛され、強さではなく熱さで我が子を愛し抜く」人。それがええ。そしてアキラもたえ子も海雲も照雲も幸恵も由美子も。「情」に溢れとる。じゃけんうちの「情」に訴えてくるんじゃ。じゃけん素直に泣けるんよ。

  • 2017/6/10
    読んでる間、ずっとじんわり涙ぐんでいたような気がする。
    ヤスさんは素敵だけど自分の親ならちょっと嫌かも。
    そんなずっと意地っ張りや強がりを酌んで対応する余裕無いわい。
    でもヤスさんが育てたからアキラはそんな余裕のある優しい子になったんじゃろな。
    とか真似して使いたくなるくらい備後の言葉が心地よい。
    海雲和尚と話したい。

  • 不器用だけど真っ直ぐなヤスと最愛の一人息子アキラとの親子愛。東京の出版社に就職したアキラ。出版社の採用試験でアキラが書いた論文に涙しました。
    私の知り合いにもヤスによく似た人がいる。もうしばらく連絡を取っていないお世話になった人。連絡してみようと思った。

  • とんびと鷹のお話。
    ヤスさんが不器用で、ひたすら不器用で、途中イライラするくらいあまりにも不器用で…!笑
    でも、アキラくんが何よりも大切だということが全編通して痛いくらい伝わってきて、憎めないのです。
    どこか自分の父親に似ているような気がして、愛おしささえ感じます。

    ヤスさんの周りの人もみんな魅力的!
    海雲和尚が特にすきです。
    「海になれ」やアキラくんへの手紙など、心に響きました。

    もっと親を大切にしなくては!と改めて思わせてくれる小説でした。
    いつか親になる日が来たら、ヤスさんのようなあったかい親になりたいです(*´`)

  • 温かい、言葉が、登場人物が、情景が、とにかく温かい。
    あまのじゃくで、短気で、だけど、人一倍息子想いのヤスさん。
    悲しみを乗り越え、綻びに苦しみ、それでも父子の絆を築いて行く彼らに何度も何度も胸を打たれ、目頭が熱くなりました。

    家元を離れる前にこの作品に出会えて本当に良かった。

    普段なら、眉を潜めるような口煩い母の忠告も、些細なことで直ぐにかち喚く古風な父さえも、愛しく、家族っていいなって心の底から思いました。

  • ドラマを見てた方にはもうお分かりですね。ヤスさんとアキラ父子の魂ふるえる物語。涙が出ること必至なので、電車の中などで読むのはおすすめできません。

  • 父親がひたすらに息子を愛する、息子もまたしかり。シンプルな内容なのにこれだけ泣くとは思いませんでした。現在放送中のドラマは観ていないのですが、内野聖陽さんがヤスさんを演じられているとのこと。ぴったりだと思います。

  • 親としてもっと…とか、子としてもっと…とか自分の事を考えさせられちゃう。生きてる上で一番人間くさいところだからついつい目を背けちゃいがちだけど、でも一番大事にしないといけない事かも。親だってずっと若いわけじゃない。子供だってずっと子供じゃない。注がれた愛情は宝物☆ 涙なしには読めません…(涙)

全661件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

とんび (角川文庫)に関連するまとめ

とんび (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とんび (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とんび (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

とんび (角川文庫)の作品紹介

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団らんは、突然の悲劇によって奪われてしまう-。アキラへの愛あまって、時に暴走し時に途方に暮れるヤスさん。我が子の幸せだけをひたむきに願い続けた不器用な父親の姿を通して、いつの世も変わることのない不滅の情を描く。魂ふるえる、父と息子の物語。

とんび (角川文庫)に関連するサイト

とんび (角川文庫)のKindle版

とんび (角川文庫)の単行本

ツイートする