出禁上等! (角川文庫)

  • 67人登録
  • 3.29評価
    • (7)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (4)
  • 11レビュー
著者 : ゲッツ板谷
制作 : 天久 聖一 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043662111

出禁上等! (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分的に購入失敗。前書きで、自分のことをボキと称して憚らない文体に「やってしまったかも?」と思い、占い館を斬る章では「無神論者」なのに占いを「神の屁」と比喩してみたり。「ビタ一文」も違和感のある使い方だったなー。しかし、後半には良いことも。『「しがらみ」という赤絵の具と「つまらん奴がイメージする教育」という青絵の具が大量に混じり込んで、ドコでも見かけるパッとしない紫色になっちゃう』てのは名言だ。続刊を読みたくない度★★★★

  • 意外と色々なことを受け入れているゲッツが面白かったけど、
    44篇も一気読みするような本じゃないね。

    週1連載で読むくらいがちょうどいいです。

  • 読んだ人少ないなー。三浦しをん「三四郎…」より。途中断念。あまりにも書き方が下品というか、何というか…。面白くないわけじゃないけど、何かどこを見に行っても単調というか。しかし続編があるわけだから、それなりに人気コーナーだったんだろうなぁ。

  • 取材先でつまらない出来事しかなくても、ここまでのクオリティに昇華させる筆力とねじ伏せ力がすごいと思う。笑えます。

  • ゲッツ板谷という存在とは1ミリも関わりのない場所に本人が出向き、周囲の雰囲気やライターとしての常識に流されることなく、あざやかにトラッシュトークを決めていく本。
     全体的に一本調子ではあるが、ところどころ笑えるポイントがある。俺はのっけの目次で笑ってしまった。第3章において「話し方教室修了式に潜入」とある。「話し方教室」を受講するのではなく、いきなり修了式に出ていることに心を掴まれてしまった。
     全体的に、いきなりなんの縁もゆかりもないところに連れて行かれて、戸惑いながらもそれを鑑賞して、素直な感想をとっぴな比喩で述べていく。そして、批評の対象も「中谷彰宏」や「新撰組フェスタ」など、どれも胡散臭いものばかり。ちょこちょtこ褒めているものもあるが、ほとんど否定しています。

    忙しい時間を割いて、629円を払って読む価値があるかと聞かれると困るが、面白いですよ。
    こんな風貌の人がいきなり来たら、会場にいる多くの人が怖い思いをしていることでしょうねぇ。
     

  • 元チンピラ?のライターが色んなところに突撃レポ!正直に冷静にぶった切る!!!すっごい面白い^^著者の家族も面白い。そして毎回ついているマンガの男根率の高さはすごかったな…!

  • ちょっとセンス老けたか?

  • 板っちの表現の豊かさに嫉妬!天久氏のマンガもおもしろい!

  • ゲッツさんと天久さんの本。
    さまざまな場所に赴き(というより突撃)
    それについてのレポート本。
    私は好きだった。第二弾も期待したい。

全11件中 1 - 10件を表示

ゲッツ板谷の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ゲッツ 板谷
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

出禁上等! (角川文庫)はこんな本です

出禁上等! (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

出禁上等! (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出禁上等! (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする