四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)

  • 119人登録
  • 3.65評価
    • (11)
    • (12)
    • (23)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 池宮彰一郎
  • 角川書店 (2004年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043687039

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとも情けないことに、日本人の年末恒例たる『忠臣蔵』を一度もまともに見たことがないのです。なので、さすがにそれではいかんだろうってことで、あちこちでオススメされている本作を手始めに。自分にとっての雛形がこれになってくるだけあって、あまりろくでもない内容だと怒り心頭なんだけど、とりあえずそれは避けられた。時代背景も大して知らずにいうことじゃないけど、それなりに大筋は外れていない内容なんじゃないか、とか思いつつ。ただひとつ、登場人物の殆どに対して、階位やら禄やらが事細かに記されているから、それがちょっとうるさく感じられることも確か。ある程度予備知識があって、更なる深みを求めている人にはもってこいなのかもしれないけど。とりあえず、今回は物語の流れそのものを楽しむのを目標にします。

  •  忠臣蔵、使い古された題材で小説はもとより映画・歌舞伎など様々な媒体で物語化されている、そして、ほとんど誰でも知っているストーリーと結末。その中で斬新さを出す上で、本書の構成と着眼点は凄いなぁ、との感。吉良邸襲撃は「仇討」にあらず、「いくさ」なのだ、という点がキーワードである。元禄=平和という通念を覆す「いくさ」という発想、そして、上杉と吉良との血縁・姻戚関係は割と公知だが、それに加え、将軍家と紀州家、そして上杉家との姻戚関係に注目した著者の慧眼は本当にすごいな。一気に読破し、いざ下巻に移りたい。

  • 短く畳み掛ける文章。おっさんの時代小説にはビートがある。ぐいぐい読ませる。早駕篭の描写が凄い。乗せられる方が大変だという。振動に身を任せていると内臓から出血して死ぬので、ずっと中腰で足を踏ん張っていたらしい。三日目に死んだ例が多かったとか。

  • 【泰平の時代だから】
    時代小説もおもしろいですね!

  • ポコパンをやりながらなんで、進みが悪かったけど、意外と面白かった!
    内蔵助と柳沢・上杉・吉良の謀計のやりとりは読みごたえあるよー!

  • 池宮さんの赤穂浪士三部作の最初のお話です。
    これ1冊で、かなり詳しい吉良家討ち入りテキストにもなる本でした。
    面白かったし、変に俗説ばかりじゃないし、文章も良かったです。
    貯蓄は大事だな…って思いました(笑)

  • 全2巻。

    池宮先生の中では一番説教くさくない気がする。
    話も面白かった。
    脚本家ぽい。

全8件中 1 - 8件を表示

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

池宮彰一郎の作品

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)はこんな本です

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする