ドミノ (角川文庫)

  • 9686人登録
  • 3.60評価
    • (845)
    • (1338)
    • (2042)
    • (251)
    • (43)
  • 1221レビュー
著者 : 恩田陸
  • KADOKAWA/角川書店 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043710010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドミノ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    まさにドミノ。いや、巨大なジグソーパズルが外側から段々埋まって、最後に真ん中の1つのピースが嵌まっていくような。
    こういう手法もあるんだな、と感心。
    まるで映画みたいな小説だと感じたが、やはりこのドタバタ感は文字で読むから面白いんだと思う。映像化しちゃったら、ただの安っぽいコメディになっちゃうんだろうな。

  • I don't read a lot of mystery books but this book had an interesting plot. The story starts with nonrelative people in different situations and places. And as the story goes on, they intertwine and each story come together in the end. The story was exactly like the name of the book, Domino.

  • 恩田さんは実在する街、主に地方を舞台に選ぶことが多いが、本書は東京駅。
    そこに居合わせたのは、おやつを買いに来たOL、千葉から重要な書類を頼まれて超高速で飛ばして来たピザ屋の店長、俳句のオフ会で集まった老人達、ミュージカルのオーディションを受けに来た子役達とその親達、次期リーダーをめぐって対決に来たミステリーサークルの大学生、映画のプロモーションのために来日した映画監督、別れ話のために待ち合わせた女と男と男の従姉妹、それに過激派のメンバー達。
    縁もゆかりもない人達が、ひょんなことから関わり合ってしまうドタバタギャグ。笑えました。

  • 楽しい!そう思える本でした。
    こういう読書も必要です。心が荒んでいるときには。

  • 終盤に近づくにつれコミカル度がヒートアップ!
    私の頭の中ではマンガチックに登場人物たちが動き回ってました。
    肩の力を抜いて気楽に楽しめるドタバタコメディ。

    特に印象に残ったのは、この登場人物の多さとエピソードの細切れ感。
    そしてそれにもかかわらず、いつでもちゃんとストーリーが浮かんでそのまますっと入っていけたこと。
    ごくごくわずかずつ、時間を空けて読むことも多くてつっかかりがちな私の読書法でも驚くほどすんなり。
    おまけに、その散らばったピースがピタッピタッピタッとつながってゆくのが、これまた快適。
    密かに「さすが、ワザあり!」と叫んでました。

    出てくる人、店、その他イメージしやすいネーミングもなかなか…。

  • 27人と1匹がそれぞれの事情で東京駅に集結。
    微妙に絡まる関係で、話が転がっていく。
    はたして結果は?

    読ませるなぁ。

  • 面白い!
    これは極上のエンターテイメントです!!
    冒頭では目まぐるしく変わる場面と登場人物の多さについていけるか心配でしたが、個性豊かな登場人物が魅力的だし、この群像劇がどう終決するのか気になって、一気に読み進めることができました。

  • 東京駅に集約される集団劇。

  • 自分にとって初めての恩田作品でした。東京駅を舞台に27人と1匹の登場人物が、それぞれの物語を進めます。話も次々に転換されます。見失わないように最初に登場人物の紹介がありますが、それに頼らなくても、ああ、あの話だなとすぐに頭に入るほど、ストーリーに引き込まれました。

  • 初めての恩田陸作品。最初ページを開いた時に登場人物多すぎ!と思ったが、割と皆個性があり、最後まで読み進められた。ドタバタな話だが、盛り上がりに欠けたような感じ。

  • 東京駅で爆弾を持った過激派が事件を起こす。バラバラな背景の登場人物が本当にたくさんいるのに最後に向けてドミノ倒しのように繋がり関係していく。

  • 東京駅を舞台にした、群像コメディ。
    抱腹絶倒・・・というわけでないが、クスリとさせられる場面が多々あった。

    本作では、老若男女、OL・学生・子役・刑事などさまざまな人物が登場する。二十人以上も出てくるにも関わらず、人物像がこんがらがることがない。それは似かよった人物がいないからだろう。一人ひとりが個性的だ。だからこそ読者の中で、各登場人物が脳内で具体的にイメージしやすかった。
    個人的には、営業部長の額賀義人=温水洋一を連想していた。

  • 直木賞受賞おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆恩田陸作品には珍しい作風と感じた作品。東京駅を舞台に27人と一匹の人生が交錯するパニックコメディ。ドタバタ感はこの作品の持ち味なので許容しなければなりません!このページ数でこの話を読ませるのはさすがだと思いますが、やや物足りなさを感じたのも事実。ちょっとした時間に読んでしまう作品としてはいいと思いました。

  • いろんな他人が絡み合うはちゃめちゃ物語。
    ただ、事件の真相というか火種になった出来事があまり説得力ないというか理由がわからないというかで、
    結末はやや肩すかし。

  • "ドミノ" 感が面白い。が、"ひっかけ" が薄いので、先が読めてしまう。
    とりあえず、ダリオがどう活躍するのか?は騙された。

  • ひとつひとつのパズルのピースがはまりあうとき、何かが起こる。バタフライ効果。繋がる物語。伊坂さんがこういう書き方得意だなぁ、ていう文体。最後はさわやかめな締め方。

  • 色んな人の違う場面の出来事が繋がって最後はドミノ倒しように解決するみたいな、、、。恩田陸さんの不思議な世界観はなかったかな。

  • 東京駅を舞台に二十数人と1匹の話。一人一人、全く関係ないが何処かで繋がって、一つの話になり、読み終わった後にドミノのタイトルに納得。読みながら話の作りが三谷幸喜の映画「THE有頂天ホテル」に似てるなと感じた。

  • 中学生の時に読んだ本。約10年ぶりに読み返してみた。やはり、多い。登場人物が多い。それでも不思議と全員のキャラクター、名前が頭に残って混乱することなく読み終えた。2回目だからかな?こんな小説を書き上げる恩田陸さんがやっぱりすごいなと思う。とっても読みやすくて面白い。2016.9.12

  • 3
    30人近くの登場人物が出てきてそれぞれの話が徐々に交わっていく。最初は次々話が変わって把握しづらいが、ドミノ倒しのようにつながっていく話がなかなか面白い。

  • 久しぶりに小説を、と思って手に取った一冊。

    だんだんとひとつひとつが繋がっていって、
    あっとゆうまに読み終わる。

    ひとりひとりの気持ちが書いてあって
    その切り替えに忙しいけれど
    細かい情景まで想像しやすいそんな作品でした。

  • 読みかけで挫折中。
    一言で言うとつまらない。もちろん、自分個人の感想です。

    たくさんの人が出てきて、それぞれが細切れ過ぎてつながりがわからなくなる。
    特徴のある人がいないので全部同じ人に見えてくる。男と女の違いくらい?
    エピソードもありがちで意外性がない。
    最後にまとめたいんだろうけど、4分の1くらいで挫折中。
    短いエピソードへ次から次へと飛んで読んでて疲れる。もう誰が誰だか分からない。時系列も分からない。
    チマチマ飛び飛びでのたのた進んでく。これに疾走感を感じるのは自分にはムリだ。

全1221件中 1 - 25件を表示

ドミノ (角川文庫)に関連する談話室の質問

ドミノ (角川文庫)に関連するまとめ

ドミノ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ドミノ (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドミノ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドミノ (角川文庫)の作品紹介

一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。

ドミノ (角川文庫)の単行本

ドミノ (角川文庫)のKindle版

ツイートする