ユージニア (角川文庫)

  • 5587人登録
  • 3.38評価
    • (238)
    • (634)
    • (968)
    • (221)
    • (47)
  • 586レビュー
著者 : 恩田陸
  • 角川グループパブリッシング (2008年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043710027

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ユージニア (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 洋館に古都、盲目の少女、毒。さまざまな人の証言。誰、とは言わないが、証言の向こうに見える彼女。完璧。最後の最後、恩田陸さんらしく、断定はしない。におわせて、疑わせて…。
    夏の金沢で読みたい。

  • はぁ怖かった。色が…怖い!
    なんともいえない不気味さと不安に襲われ…読了後何日もユージニアの世界に浸ってしまいました。
    映画もそうですけど、余韻に浸れる日数が長いほど自分的傑作入りです。

    色んなところですっきりしない、と見かけたもので
    時系列にまとめ、また、真偽の取捨選択やら紙に書き出してみたのです。
    そうしましたらあやふやだった箇所もクリアになりまして、この作業がまた面白く痺れる読書体験になりました。

    インタビュー形式で始まるこの物語は、読み進めるのはたやすいのに読み解くのが難しいお話なのですね。
    インタビュー、1人称、作中作、独白…読み解くヒントはこれらの章ごとに異なるスタイルの信用順位を意識すること。
    偽証も誤解もありますからややこしいです。

    私も一読ではわからない点が残りなんとか一応疑問点が無くなるまで読んでみた感想としましては、無駄な情報の無い緻密なミステリだと思うのですが如何でしょう。

  • ハードカバーの装丁が好きだったのでジャケット買いした思い出。物語を通じて流れる夜明けのような暗い青色。
    ある大量毒殺事件を主題に多人数の語りで物語は進行する。被害者、観客、犯人の目撃者…究明される凄惨な毒殺の手口、犯行の裏側。

    しかし深まる「犯人」と「少女」のあいだの静かな謎。
    ユージニア、ユージニア。と光を失う少女は口にする。
    タイトルに込められた意味が最後に謎を綺麗に剥ぎ、明かされる少女と青年の関係。
    耽美的なミステリ。
    恩田陸でいちばん好きなものを選ぶなら1つは絶対にこれ。

  • 様々な人の視点で書かれているので、初めは読みづらいのですが、読み進めていく内にどんどん引き込まれていきます。それと同時に、恐怖感が湧いてきました。
    最後の方で理解できない部分があったので、もう一度読み返してみたいと思います。

  • 夢の中で走っても走っても前へ進まないもどかしさ。読んでる間はずっとそんな感覚に襲われていました。

    色んな人が語る記憶の断片に惑わされ、たった一つの真実に辿りつけない。記憶の断片達は長い間発酵されて輪郭を失っているので、記憶の断片を組み合わせてあらわれる全体像もぼんやりしている。

    でも必ずどこかで明らかになるのではという期待があるから、もがきながら前へ進みます。足元をすくわれながらも。

    何だかずっと人の記憶の中で旅をしていたような感覚。そんな感覚を楽しみました。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ―。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー。

    昔に発生した大量毒殺事件は在る青年の自殺により、犯人死亡で決着がついたと世間的には思われていたが、捜査に携わった刑事や、関係者の一部はそれを信じていなかった。実際にこの殺人を画策したのは誰だったのか。
    現場に居合わせたかつての少女は、事件を元に本を執筆し世の中の大反響を受ける。良きにつけ悪しきにつけ沈んでいた事件の記憶が呼びさまされる。
    その本「忘れられた祝祭」出版からさらに十数年が経ち、事件を調べる人物が出て来た事によって、水面下で事件がまた動き始めた。誰も気が付かないようにゆっくりと・・・。

    ええとですね、最後まで読んでもスッと氷塊する本では無く、読んだ後は多分解釈に困るような本です。作者もそれを狙っての作品だと思うのでなんともかんともですが、不安な雰囲気を湛えた子供時代の記憶を軸に据えた作品だとすると成功しているのではないかと。僕自身は割とスカッと分かる方が好みなのですが、叙述を考察するのが趣味の人には長く楽しめる本かも。

  • 難しかったけど世界観は好き。

  • ある夏、静かな街を一変させた旧家で起きた大量毒殺事件。
    未解決となったこの事件を数々の証言から真相を導き出す物語。

    物語は主人公が各関係者から当時の状況をとにかく聞いていきます。
    確証となる証言はないけど、生き残った一人の少女の神秘性が共通します。
    証言を集めれば集めるほど少女の存在感が増し、その神秘性がホラー的です。

    ただ物語が進むにつれ良い意味で逆に混乱してしまいました。
    これは詳細を読んでいないと、言葉のトリックに引っかかってしまいますね。
    でも敢えて曖昧な部分が多いので好き嫌いは分かれる作品の印象もありました。

    少ししたホラー的なサスペンス要素に興味ある方にお勧めの作品です。

  • 昔起きた事件を、その事件の関係者がインタビューして本にしてというお話。
    最初は面白くてやめられなかったけど、だんだん混乱してきた。もう少し話が短かったらよかったのかも。
    本の中の雰囲気は独特でよかった。

  • もやもやが残る

  • ミステリーながら結末ははっきりとせず、著者曰くグレーゾーンで終わる。

    作品全体にわたって、もったりとした不安や不気味さが漂ってる感じがした。

    本を読んでいるときにゾクゾクと感じた嫌な気持ちが読了後も続く。

    読み終わったあとも自分の中で納得させようと読み返してしまう。

  • くぅ~もやもや!
    恩田陸さん初読み。読後直後はあまりのスッキリしない感に悶えた。でも一晩経ち、少しずつ消化されてくると、この作品への思いが変わって来た。
    あ~ちょっと損したなぁ…やっぱ、伏線の回収ほぼ100%な話が好きやなぁ、恩田陸さん苦手かも…→冷静に考えたら、気になって気になって結局最後まで夢中で読んでた自分がいてたよな、読み終えた瞬間の気持ちより読んでる最中の時間に重きを置くのではあれば、私は充分に引き込まれていたではないか、それだって読書の醍醐味なんだよな、と。

  • 単行本を加筆修正してます。また、ブックデザイナーを担当されたかたの解説がビックリなので単行本から読んだほうが純粋にユージニアを楽しめると思いました。(単行本の方の作りの仕掛けが細かいです。)

    単行本を読んだ上で、ぜひこちらの文庫本を読んでください

  • 個人的に感じたこと、解釈したことを断言する形でレビューを書いてみます。
    まず、本から滲み出る雰囲気がすごい。
    それは夏の空気。盲目の神秘的な少女。各人の思惑。
    読んだあとにずっしりとのしかかってきます。
    そして、この本に謎をズバズバ解決してしまうような、快刀乱麻を断つ名探偵は出てきません。
    最初の章では都道府県を当てさせるという読者に考えさせる構造になっていますが、全体の謎も読者が考えなければなりません。決して思考を停止してはいけません。先入観は吹っ飛ばした方が良いかもしれません。
    そうすると一つの可能性が見えてくるかと思います。結構友達と議論すると違う意見になったりするのですが、このところをよく考えてみてください。個人的にはとても味わい深い作品だと思いましたので。
    まあしかし最終的には何もかもがグレーになるのですが…。上質の謎を投げ捨てて、この「曖昧な真実」を表現しようとしたことに感服。
    自分は、この作品は本当に無駄な箇所が無いと思います。洗練された作品かと。

  • これは繰り返し読める本だな、まるでスルメのような。

  • 美しさは必ず失われる。いつから内なる醜さが滲み出ていったのか。

  • いつもそうなんだけど…。
    恩田氏の小説は6分目くらいまでは文句なく面白い。

    だけど、だけどなんだ…。
    結末がイマイチ納得がいかない。
    ミステリの感覚で読んでしまうからいけないんだ。
    それはわかっている。


    それでも今回はなんとも言えない浮遊感がある終わり方でした。
    これからどうなる、どうして?

    暗に示すことにかけては才能がある人だけど、どうも氏と私の感覚の方向性がマッチしてないのである。

    それがとても悲劇的に残念だ。

    けれども途中で止められない。

  • 先が全く読めずドキドキしながら読みました!恩田作品の世界観大好きです。

  • 途中まではすごくおもしろかったが、
    最後の落ちが微妙だった。

  • やっぱり恩田ワールドは途中まで面白く謎が謎を呼ぶ展開だが、消化不良でスッキリしない結末。
    この人の場合、書く前にちゃんと構想をしっかり練ってから書き始めて欲しい。

  • ちょっと難解だったなあ。ハッキリと犯人は示されていないし。でもまあ多分こういうことなのでしょう。

  • いまいち!
    ミステリーとしてスッキリしない物語。
    犯人や動機や犯行手段があいまいに終わってしまい、スッキリしません。読者に考えさせる余韻を残すというパターンのようですが、そういうの好きじゃないんです。

    読み終わって、犯人が「あいつかー!」とか「そんな切ない動機だったのね」とか、そういうスッキリ感に加えて、何か考えさせられるような読後感があるのならいいんですけど、何が真実で、結局犯人は誰なのかを自分で考えるパターンは嫌いなんです(笑)

    ストーリとしては、かつて名家で起きた大量毒殺事件。その犯人は?動機は?というのがインタビュー形式で明かされていくものです。
    さまざまな人の証言から浮かび上がる人物像。捜査当時語られなかった証言。
    しかしながら、淡々と証言が語られていく中で、クライマックスも感じられず、証言の関連性も理解できるところと理解できないところもあり、読解力がついていかず、ページが進みません。それでも、犯人は?その動機は?どうやってやったの?と残り少ないページで語られるかと思いきや、あいまいなまま終わってしまいます。
    もやもやっと!

    結局、ぐぐって他の読者の解説を読むことに。
    あ、そういう意味があったんだぁ、とか、この人が真犯人、とか、いろいろ解説していただいて、ようやく納得感がありましたが、繰り返し言いますが、そういった小説は好きではありません。

    これ、きっと奥が深い物語なのだと思います。玄人受けするような、自身が謎解きを楽しむ人のためのような..
    そんな人向けなのかも

    表面をさらっと読んで楽しみたい私には不向きな物語だと思います。

  • 難しい。読者を困らせたいんだなー
    一回じゃ読みきれない、読みごたえあり

  • 独特の雰囲気が読んだ後も続く作品。
    毒殺事件を通して語られる人々のその後や真実。
    だけど、ラストでもまた謎を残して終わる。

全586件中 1 - 25件を表示

ユージニア (角川文庫)に関連するまとめ

ユージニア (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)のKindle版

ユージニア (角川文庫)の単行本

ツイートする