ユージニア (角川文庫)

  • 5675人登録
  • 3.38評価
    • (239)
    • (645)
    • (976)
    • (223)
    • (48)
  • 598レビュー
著者 : 恩田陸
  • 角川グループパブリッシング (2008年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043710027

ユージニア (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 洋館に古都、盲目の少女、毒。さまざまな人の証言。誰、とは言わないが、証言の向こうに見える彼女。完璧。最後の最後、恩田陸さんらしく、断定はしない。におわせて、疑わせて…。
    夏の金沢で読みたい。

  • はぁ怖かった。色が…怖い!
    なんともいえない不気味さと不安に襲われ…読了後何日もユージニアの世界に浸ってしまいました。
    映画もそうですけど、余韻に浸れる日数が長いほど自分的傑作入りです。

    色んなところですっきりしない、と見かけたもので
    時系列にまとめ、また、真偽の取捨選択やら紙に書き出してみたのです。
    そうしましたらあやふやだった箇所もクリアになりまして、この作業がまた面白く痺れる読書体験になりました。

    インタビュー形式で始まるこの物語は、読み進めるのはたやすいのに読み解くのが難しいお話なのですね。
    インタビュー、1人称、作中作、独白…読み解くヒントはこれらの章ごとに異なるスタイルの信用順位を意識すること。
    偽証も誤解もありますからややこしいです。

    私も一読ではわからない点が残りなんとか一応疑問点が無くなるまで読んでみた感想としましては、無駄な情報の無い緻密なミステリだと思うのですが如何でしょう。

  • ハードカバーの装丁が好きだったのでジャケット買いした思い出。物語を通じて流れる夜明けのような暗い青色。
    ある大量毒殺事件を主題に多人数の語りで物語は進行する。被害者、観客、犯人の目撃者…究明される凄惨な毒殺の手口、犯行の裏側。

    しかし深まる「犯人」と「少女」のあいだの静かな謎。
    ユージニア、ユージニア。と光を失う少女は口にする。
    タイトルに込められた意味が最後に謎を綺麗に剥ぎ、明かされる少女と青年の関係。
    耽美的なミステリ。
    恩田陸でいちばん好きなものを選ぶなら1つは絶対にこれ。

  • 様々な人の視点で書かれているので、初めは読みづらいのですが、読み進めていく内にどんどん引き込まれていきます。それと同時に、恐怖感が湧いてきました。
    最後の方で理解できない部分があったので、もう一度読み返してみたいと思います。

  • 夢の中で走っても走っても前へ進まないもどかしさ。読んでる間はずっとそんな感覚に襲われていました。

    色んな人が語る記憶の断片に惑わされ、たった一つの真実に辿りつけない。記憶の断片達は長い間発酵されて輪郭を失っているので、記憶の断片を組み合わせてあらわれる全体像もぼんやりしている。

    でも必ずどこかで明らかになるのではという期待があるから、もがきながら前へ進みます。足元をすくわれながらも。

    何だかずっと人の記憶の中で旅をしていたような感覚。そんな感覚を楽しみました。

  • 友達のおすすめで読んだ!

    正直言って難しかった。笑

    色々な角度から捉える書き方にすごく惹きつけられた。読んでいくにつれて、美少女の女の子に惹かれ、どんな理由があったのか、何故こんなことを起こしたのか、気になって読み進めた。誰もが犯人は少女だと確信した最後にどんでん返し。
    時系列をしっかり整理しないと、詳細なところまで理解するのは難しい。もう1度ゆっくり読もう〜。

  • ユージニア
    恩田陸
    2018年1月7日読了

    2006年第59回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門賞。
    かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。一体誰がなぜ、無差別殺人を?
    1つの凶悪な毒殺事件をそれぞれの視点からの語りで紡ぐ群像劇的なストーリー構成。
    散りばめられたピースを繋ぎ合わせて事件に迫る面白さがある一方、内容は不気味さを感じさせる一冊。
    ちょっとスローテンポ、量もある本ですが面白かったです。

  • 2017.10.2(月)¥250(-2割引き)+税。
    2017.12.16(土)。

  • 恩田陸の作品は何作か読んでいる。
    読者のリズムをあえて崩すのが作風なんじゃないかと思ってみたり。それも、なかなか読みのリズムが整わないせいで先を読みたくなる絶妙なバランス。そんな印象。

    本作は、芥川龍之介の「藪の中」に通底するものの、そこに恩田陸テイストの独特のリズムが加わり、題材になっている事件の不気味さと相まって、読み応えがあった。

    章ごとに中心人物が異なる。時期も前後する。主客が入れ替わる。そもそも、今読んでいる章の中心人物が誰かがわからないまま読み進めなければならない。
    なのに、読みづらさは微塵もない。

    なんなんだ、この作家は。

  • 先日『蜜蜂と遠雷』を読んで、恩田陸にしては随分と爽やかだなあと思ったのだった。もっとも、薄水色と黄色と淡い桃色と草色の混じり合った、春の風みたいな雰囲気は、それはそれでとても好きだったのだけれどね。でもこっちを読んで、そうそう、恩田陸といえばこういう作品だよなあ、と。こっちの方がしっくり来る。

    透明な悪意っていいね。悪意なのに、透明。

    にしても百日紅というのは、なんだか不思議な雰囲気を持つ花だ。梨木香歩の『家守綺譚』でも恋する百日紅が登場するけれど。あっちはピンクだったか。

    自分で文章を書くようになると、本の読み方も変わるんだなあと実感しながら読んでいた。感じるものが増えてて面白い。

全598件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ユージニア (角川文庫)に関連するまとめ

ユージニア (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)のKindle版

ユージニア (角川文庫)の単行本

ツイートする