ユージニア (角川文庫)

  • 5551人登録
  • 3.38評価
    • (238)
    • (632)
    • (965)
    • (216)
    • (46)
  • 583レビュー
著者 : 恩田陸
  • 角川グループパブリッシング (2008年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043710027

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ユージニア (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 独特の雰囲気が読んだ後も続く作品。
    毒殺事件を通して語られる人々のその後や真実。
    だけど、ラストでもまた謎を残して終わる。

  • 洋館に古都、盲目の少女、毒。さまざまな人の証言。誰、とは言わないが、証言の向こうに見える彼女。完璧。最後の最後、恩田陸さんらしく、断定はしない。におわせて、疑わせて…。
    夏の金沢で読みたい。

  • 私にはイマイチでした。

  • 私はどうもこの作家さんとの相性が良くないようだ(^_^;)
    何を読んでも冗長だと感じてしまう。。。
    この部分は不要なのでは??と思ってしまい、読むことに全力を注げなくなっている。

    何となく別のことを考えながらのながら読みになってしまい、大事な箇所を見落としてしまう。

    この物語は全力で見落としなく読まないと、真相にはたどり着けないと思う。

    白い百日紅、青い部屋、忘れられた祝祭

    推理小説好みの為、伏線には注意して読んでいるが、この手の話はどうも少し苦手だな(^_^;)

  • これまで恩田陸さん作品は、ライトなものを読んできたが、今回ダーク寄りなものをはじめて手に取った。

    どこか現実離れした雰囲気はこれまでの恩田作品らしく、それでいて読み進めるほど どこまでも不穏で不安定な感覚にページをめくる手が止まらなかった。
    情景描写には「潮騒」や「夏」の雰囲気が描きだされているにも関わらず、終始うっすら曇天といった感覚。
    登場人物たちのどこか欠けている不安定でいびつな感じ。
    不思議と惹きつけられた余韻の残る1冊でした。

  •  
    再読。


    頭がクラクラするような余韻。
    同時に残るモヤモヤ感。

    一度や二度では読み取れない何かがある。

    もしかしたら
    何度読んでもわからないかも。

    あやふやさが肝なのかな。

  • 帝銀事件を思わせるショッキングな事件を巡って、登場人物の語りをつないで、事件の真相を紡いでいく章立てによる展開。事件発生当時、10年後に事件をなぞらえるように出版された本、更に年月を重ねた現在と、時を行きつ戻りつつ、謎をひも解いていく。予想される結末への期待で読み進めていく先に仕掛けられたエンディング。高みに引き上げられ蒸発していく感覚。

  • 面白かったけど、読後も「?」でいっぱい。満喜子は本当に熱中症で亡くなったの?もう何度か読み返してみないと、このままではすっきりしない。

  • もっかい最初から読み返さなければ、、

  • スティーブンキングのシャイニング、レッドラムを思い起こさせる。なんだ、なんだ、ユージニアって。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ―。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー。

    昔に発生した大量毒殺事件は在る青年の自殺により、犯人死亡で決着がついたと世間的には思われていたが、捜査に携わった刑事や、関係者の一部はそれを信じていなかった。実際にこの殺人を画策したのは誰だったのか。
    現場に居合わせたかつての少女は、事件を元に本を執筆し世の中の大反響を受ける。良きにつけ悪しきにつけ沈んでいた事件の記憶が呼びさまされる。
    その本「忘れられた祝祭」出版からさらに十数年が経ち、事件を調べる人物が出て来た事によって、水面下で事件がまた動き始めた。誰も気が付かないようにゆっくりと・・・。

    ええとですね、最後まで読んでもスッと氷塊する本では無く、読んだ後は多分解釈に困るような本です。作者もそれを狙っての作品だと思うのでなんともかんともですが、不安な雰囲気を湛えた子供時代の記憶を軸に据えた作品だとすると成功しているのではないかと。僕自身は割とスカッと分かる方が好みなのですが、叙述を考察するのが趣味の人には長く楽しめる本かも。

  • 難しかったけど世界観は好き。

  • 全体を通して雰囲気がすごく好き。続きが気になっていっきに読み切った。この不気味で神秘的な世界観はくせになる。

  • 不思議な感じ満載。一つの事件に、いろんな人たちが証言していく形式。これだけのボリューム書けるんだという、ちょっとした驚き。結局どうだったのか、余韻が残る。

  • 読んでいると、じめっと重苦しく、それでいて冷える印象を受ける。
    あとがきを読むと、それは作者が意図した結果だと分かる。
    自分が意図した感情を、読者に与えることが出来るとは、すごい事だと思う。
    ストーリーはさほど響かなかった。

  • 「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だー。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー


    いっきに読んでしまった気がするし、すっげおもしろかったけど東京から帰ってきたときにほこの本読んだこと忘れてました(だめじゃ



    けっきょく
    毒をいれたのはあの人で
    それを支持したのはあの人で
    それを知っていたのはあの人で

    それをとめなかったのはあの人で


    それにまぎれた悪意とか悪意じゃないものが積み重なってできた


    残酷な物語



    でした



    さすが恩田陸


    けど


    Q&A


    と同じくよくわからない物語でしたね

  • 子どもの頃に体験した大事件を大人になってから再検証する事件の当事者を追う語り手の話当事者いう感じ。
    だが、読解力が付いて行かず最終的にはなんのことやらさっぱり。
    公式上には犯人はいるが本当は真犯人がいたとかそうじゃないとかではなく、真犯人と疑っている人に対する個人的な思いだけを語っているようでいまいちしっくりこない。
    タイトルにまつわる部分も、そこがタイトルになるほど重要な印象を与えるような出来事ではなかったように思える。

  • 2
    インタビュー形式で進んでいくサスペンス小説。金沢市を舞台に大量毒殺事件が起きて色んな角度からその真実を追おうとする。動機や登場人物含め、鬱屈した感じが漂っており、結局何だったのかイマイチよく分からなかった。各章でも誰の話なのか文脈から読み取らないといけない感じが疲れる。イマイチ。

  • 事実とは何か?多角的な視点。各々の真実。

  • まさしく「グレー」な小説だ。何事も起承転結がないと落ち着かない。しかし人生には必ずしも起承転結はないし、結果も想定できない。でも・・・次はスッキリがいいな!

  • 内容的には、最後まで犯人も動機も明示されないけど、なんか嫌な感じが終始漂っている作品。

  • 犯人が誰なのか分からないし、前後した物語に登場人物の多さ。
    不思議ワールド満載な小説でした
    2016.05.22読了

全583件中 1 - 25件を表示

ユージニア (角川文庫)に関連するまとめ

ユージニア (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ユージニア (角川文庫)のKindle版

ユージニア (角川文庫)の単行本

ツイートする