バッテリー (2) (角川文庫)

  • 5446人登録
  • 3.68評価
    • (639)
    • (600)
    • (1409)
    • (33)
    • (8)
  • 400レビュー
制作 : 佐藤 真紀子 
  • KADOKAWA/角川書店 (2004年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043721023

バッテリー (2) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ごまかされないぞと思う。
    傷だろうが目だろうがそんなものにごまかされない。
    自分の感じたものがいちばん、たしかだ。

    今まで見てきたもの。考えたこともなかった。自分の過ごしてきたもの
    が、ひどくあやふやで形のないものに思えた。

    今まで自分が確信していたことが、ゆらぐ

  • 「育ててもらわなくてもいい。誰の力を借りなくても、おれは最高のピッチャーになる。信じているのは自分の力だーー」
    中学生になり野球部に入部きた巧と
    豪。二人を待っていたのは監督の徹底管理の下、流れ作業のように部活をこなす先輩部員達だった。
    監督に歯向かい絶対の自信を見せる巧に対し、豪はとまどい周囲は不満を募らせていく。そしてついに、ある事件が起きて……!
    各メディアが絶賛!大人も子どもも夢中になる大人気作品!

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    2巻が一番好きなんだな!
    髪を短くしたら、球が速くなるのか
    って巧が言うのに、感銘を受けた中学生の私……

    当時は巧の気持ちが凄くわかる、って思ってたけど、それは観念として理解できる物というか……
    展西とか緑川の気持ちもわからんでもないよね……
    巧のように、自分だけを信じるのって誰もが目指すところではあるけど、出来ないからこそ、憧れるんだよな……
    でも実際、従っちゃった方が楽だろ、って思ったり、それに惹かれつつも自分は同じようには出来ないって悩む豪ちゃんにこそ、同調してたんだなあ、と今となっては思う。

    今回は文庫で読み返してるんだが、文庫3巻までしか持ってないから買いにいかなきゃ!

    ハードは挿絵が、文庫は次から書き下ろしが……商売がうまいぜ……

  • だれもが巧のように、自分の力を信じて、それだけで生きたいと思うだろうけど、それが本当は一番自分自身にとって辛い生き方の様な気もする。

  •  2巻では、ピッチャー巧も中学生になります。
    中学校では、顧問の先生と揉めたり、先輩と衝突して
    リンチされたり。。。部活動停止。

     中学1年生で3年生にあれだけ反抗できるのは、
    あんまり観たことないなと思いました。展西さんみたいな
    人は管理が厳しい学校には結構いそうです。

     

  • 巧が中学生になりました。
    燃え上がる火の玉のような、膨大なエネルギー体のような、強すぎる自我の塊のような少年が、最も規律の厳しい檻の中へと放り込まれた。自分を曲げる、或いは曲げたように演じることができなければ、そこでは生きてはいけないのに。大多数の人間はその術を覚えて通過してゆくのに。
    なんて不器用で真っ直ぐで強い子なのだろう。
    自分にはないその強さに、憧れと嫉妬と嘲りと、やっぱり憧れを抱く。
    あと青波がすごく可愛い!!

  • 相変わらず、野球に対して、ピッチャーとしての自信に揺るぎない巧。
    周りの人たち(特に両親)が心配していた、
    「中学でやっていけるのか」という部分が描かれた巻です。

    自信家で、自分が認めたことしか従わない巧に立ちはだかるのは
    ・権力(言い過ぎ?)で押さえつけようとする先生
    ・巧を生意気だと良く思っていない上級生
    …と設定は少々ベタ。
    少々やりすぎでは…と思う部分もありつつも、
    確実に巧と豪ちゃんは、バッテリー?パートナー?としての絆は強くなっています。

    監督、じいちゃんの過去が分かり、
    ばらばらだった話がくっついていくような感覚が面白い。


    「野球がしたい」自分を曲げない巧、純粋だと思っていましたが、
    無知な状態での純粋さは、割と傲慢だったりするのかもしれない。
    …と生意気ながら思ってしまった私。


    巧、豪ちゃん、青波。
    個人的に、やっぱり出来すぎた人格だと思えてしまいますが、
    彼らを最後まで見守りたい気持ちになる作品。

    また、これは単純な疑問なのですが。
    バッテリーは児童書向けに書かれた作品だそうですが、
    この作品で児童達にくみ取って欲しい趣旨って何なんだろう?
    (あとがきを読む限りでは、著者自身の思い入れのほうが強い印象を受けたので。)

    2巻は、実際の学校生活が描かれているだけに、
    「自信やそれに伴う実力を持っていれば、正義になる」って
    思わなければ良いのだけれど。
    この作品、読むなら、最後まで読んでもらわないとだな、きっと☆

  • あさのさん月間っぽいことしてます

    後輩いじめはよくないな
    でもこどもをちゃんと見てあげられない大人もよくないと思った
    早く大人になりたいっていう巧君の気持ちも同年代としてわからないこともないけど、そんなに急いでどこいくの?って思っちゃう
    メリーさんがかわいいなあ

  • 大好き。特に、この2巻が一番好き。
    うまく言葉にできないけど、彼らの一途さに、脆さに、強さに、泣けてしまう。

    枝葉の話だけど、あの風紀委員の女の子も好き。
    理不尽に強権的でがんじがらめな「中学校」という世界で、持ち物チェックの自己申告制を提案するなんてなかなかできないよね。
    彼女はきっと、強くて優しい、素敵な女性に成長するだろうなあ。

  • リンチシーンが痛々し過ぎる…。
    ただ野球やりたいだけやのになあ。
    好きなことやるのって難しいよね…。

  • ピッチャーとしての素質と努力のために、すごい自信家の巧が、
    中学校の野球チームの持つ序列社会になじめず、
    いじめにあったりするんだけど、
    そんなんでへこたれたり、野球を嫌いになったりするような、
    かわいらしい性格でないところがすごく強くて綺麗です。
    一人でもくもくと生きていこうとする巧が危なっかしい。

全400件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

バッテリー (2) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バッテリー (2) (角川文庫)の作品紹介

「育ててもらわなくてもいい。誰の力を借りなくても、おれは最高のピッチャーになる。信じているのは自分の力だ-」中学生になり野球部に入部した巧と豪。二人を待っていたのは監督の徹底管理の下、流れ作業のように部活をこなす先輩部員達だった。監督に歯向かい絶対の自信を見せる巧に対し、豪はとまどい周囲は不満を募らせていく。そしてついに、ある事件が起きて…!各メディアが絶賛!大人も子どもも夢中になる大人気作品。

バッテリー (2) (角川文庫)のAudible版

バッテリー (2) (角川文庫)のKindle版

ツイートする