あすなろの詩 (角川文庫)

  • 101人登録
  • 2.79評価
    • (1)
    • (6)
    • (27)
    • (8)
    • (5)
  • 16レビュー
著者 : 鯨統一郎
制作 : 奥原 しんこ 
  • 角川書店 (2003年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043730018

あすなろの詩 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カバーイラスト / 奥原 しんこ
    装幀 / 杉浦 康平

  • セーシュン風な前半から一転、陰惨な後半。鯨らしい(?)軽さがない。

  • 章立ては三つ。
    平和の章,殺戮の章,解決の章。

    個人的には、惨劇が行われることなく、「平和の章」が全編を貫いてほしい気もするが、事が起らないのであれば、凪ぎの海。
    嵐を予兆させながら、何も起らないのであれば、心に波風が立つことはない。

    喪失感を抱きつつ、本を閉じる。
    あすは……になろう。
    あしたは……。

  • 10/01/04

  • 嵐の山荘連続殺人ものだ~てのでかなりわくわく。おお、しかも最後にはそして誰もいなくなっちゃう!(ネタバレじゃないよね) やっぱりお約束とはいえ、このシチュエーションにはやられっぱなし。個人的にはかーなり好み。
    真相はさほど衝撃ってわけでもないけど、まあ綺麗に納得はいく解決だな。それよりもラストの一ページにかなり皮肉なものを感じて、それがまたけっこう好み。ところどころにミステリファンならにやりとする記述が見られるのもまた一興、かな。

  • 読みやすさGOOD。

  • 霧舎ワールド・あかずシリーズみたいに明るくライトに始まって、
    こういったもんだと思って読んでいて、最後にいろんな意味でびっくりしたのは
    鯨 統一郎さんの、あすなろの詩。

    正直文芸部ってのが古くさいし、
    後半の推理部分のトリックもちょっと。
    かなり賛否両論あるんじゃないかな?
    ただし、かるーく読んでいて、どどっと最後にハシゴ外される感が、
    割と楽しくてかなりのG。

    ということで書庫行き決定〜〜

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2008/9/2~9/8
    大学に入学した京四郎は、入試で知り合った玉岡らと文芸部を再興し、伝説の同人誌「あすなろの詩」を復刊。完成記念に行った合宿でメンバーが次々と殺されていく。前半はメンバー達の夢や人間関係を描いた青春小説であるが、最後に一転謎解き編に。登場してくる女刑事も唐突だし、推理も甘い。当たりハズレ作品の差が激しい鯨氏ではあるが、この作品はハズレであろう。
     ただ、最後から2行目にふってある点々が思わせぶりなのだが。

  • 2003年11月30日読了

  • 『十角館の殺人』を彷彿とさせる作品。勝手にこの作品を思い浮かべながら読んだせいかあとひとひねり欲しいなと思わせる。人間関係の書き込みの方が多いのは○

全16件中 1 - 10件を表示

鯨統一郎の作品

あすなろの詩 (角川文庫)に関連する談話室の質問

あすなろの詩 (角川文庫)はこんな本です

あすなろの詩 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あすなろの詩 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする