ロマンス小説の七日間 (角川文庫)

  • 2989人登録
  • 3.37評価
    • (138)
    • (397)
    • (783)
    • (105)
    • (17)
  • 452レビュー
著者 : 三浦しをん
制作 : こなみ 詔子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2003年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043736010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 物語自体はまぁ言ったら普通かなと。
    特別どこが面白いとか惹かれるということもなかった。

    ただ、構成が面白い。
    現代と翻訳している中世時代が同時に進行して行く。
    この発想はとても興味深く一気に読んでしまった。

  • ロマンス小説の翻訳をして生計を立てている主人公と変わった彼との恋愛?の話。うーん、やり取りはとてもテンポよくていいと思うのだけど、彼の性格が何とも特徴的で、主人公振り回されてる感が凄いです。野球一筋だったから、そこから新しく探すためとはいうけれど、そこは確かに人それぞれだとは思うけれど、そのために仕事やめて旅に出るのはなかなか…

  • まあ、面白かった。
    現代のラブロマンス?と中世のラブロマンス??の同時進行2本立てと、一言で言うとわけわからん構成。
    それにしても、海のトリトンを知ってる30代って……

  • 初三浦しをん。
    海外ロマンス小説を翻訳する主人公あかりと彼氏の神名の現実とあかりが翻訳する中世騎士ロマンスが交互に描かれる構成。何を考えてるのかわからない女子まさみの出現や神名が仕事を突然辞めてしまうとか、ロマンス小説ほどドラマチックではなくても、あかりの心境が波立つと同時に訳していた小説がいつのまにか創作になっていく(笑。
    作者の心境が作品に影響を与えていくのはキングの『ミザリー』内のロマンス小説にも似ているけど、こちらは翻訳だから、創作しちゃダメだから! でも面白かったけど。
    で、現実の神名とあかりはどうなっていくのか?ハッピーエンドとなるのか? それは読んでみてください。
    短い(300ページ弱)のであっちゅう間に読めます。

  • 神名(かんな)とあかりのなれ合い的な恋愛。
    あかりの想いが かんなにとどいていない。
    かんなは まったくのマイペース。
    長続きしないタイプでふわふわしている。
    そんなあかりは 外国ロマンス小説の翻訳家。
    その小説を自分の想いで、ストーリーをかえてしまう。

    ウォリックとアリエノール。
    かんなが ふわふわしているので、
    あかりは ウォリックに思い入れがあるようだ。

    ウォリックは、オトコらしい。敵であれば殺してしまう。
    いわゆる肉食系なオトコ。
    領主であるアリエノールと結婚する。
    アリエノールと2週間の生活で、
    ウォリックを憎らしいと思っている
    ハロルドのかくれ野盗にウォリックは、殺されてしまう。
    これでは ロマンス小説が成立しないが、
    むりやり ウォリックの友人 シャンドスと
    アリエノールを くっつけて ハロルドに敵対する。

    ハロルドは アリエノールと結婚したいのだ。
    それを 防ぐには アリエノールは 妊娠をめざす。

    結婚を希望しない かんな。
    結婚を希望する ハロルド。
    なぜ結婚するのだろう。なぜ結婚したいのか?
    ということが 大きなテーマなんですね。

  • さらさらと読める。かんながゆるい

  • 翻訳家の主人公が訳しているロマンス小説と、主人公の生活とが交互に描かれた作品。
    ロマンス小説って呼んだことなかったけど、意外に面白かった!私もベタベタなものよりは主人公が訳したような展開の方が好きだけど。あかりのように、「これから先どうなるかは分からないけどやっぱり好きだから一緒にいる」っていう考え方は憧れるけど、現実的な私にはできないと思った。
    私が読む女性作家さんたち(三浦さん、角田さん、辻村さん等々…)が描く男性は、カンナのように何をしでかすか分からなかったり、自由な性格の人が多いように感じる。創作をするに当たって作家さん達は突拍子もない男性が好きなのかな〜と思ってみたり。

  • ラブロマンス小説は苦手で読まないけど
    三浦さんの書いた中世ラブロマンスにはドキドキしたし面白かった…ウォリックとシャンドスに惚れ惚れ。どっちの子でもいいけどウォリック死んで欲しくなかったなぁ…メインの話より翻訳してる話の方が気になった。
    メインの話の方で印象に残ったのは、あかりがムーミンの声真似をして神名がスナフキンの声真似で返すところ。グッときた。
    さくっと読めて読了後モヤる事もないから、とてもいい本。

  • 再読。三浦しをんさんのラインナップを眺めてみても、これはとびきり異色でしょう。あとがきによると「恋愛小説を依頼され」て書き下ろしたらしいけど、残念ながらしをんさんには無理があったんじゃないでしょうか。『月魚』の二人のほうがよっぽどドキドキしました。表紙のイラストもどうしたものか。ここまでくると、作家の責任というより編集者のせいのように思えてきます。自分のスタイルを確立しつつマンネリ化しないっていうのは大変なことなんでしょうね。

  • あ~、面白かった!
    三浦しをんの巧さを堪能。
    タイトルからして恋愛モノであることは分かってたものの、ハーレクインがそのまま記述されてるとは思わなかったアリエノールとウォリック、シャンドスの物語。さすがにこれは齢×十歳を越えたおっさんにはキビシいのではないだろうかとの不安が過ぎったのだが、しかし、RHAPSODY OF FIREの“EMERALD SWORD”が鳴っていそうなストーリーに引き込まれ、あかりと神名の男女の微妙な心理描写にも舌を巻いた。こちらは単館上映のさらりとした味わいの上質な恋愛映画のような物語。
    劇中劇のような物語中物語も楽しめ一粒で二度美味しい。

  • あかりと神名の部分は面白いのだけど、結局なんともいえないまま終わるし、まさみちゃんも良くわからんし。ロマンス小説部分は、正直つまらない…。創作なのはわかっているんだが、プロなのに勝手に創作して締切を飛ばすという感覚が、ちょっと受け入れられないのもあるかも。

  • なんか、きっと原作よりも、面白い仕上がりになっているんじゃなかろうか…
    翻訳家としては、タブーの地雷を踏み抜いてるけど
    でも、プライベートのストレスを、物語に投影して、うまいこと話を展開させては、「これは、プロの仕事じゃない!!」って軌道修正しようとして、逸れていく…その繰り返しは、もう、本当に面白かった!
    そうか…胸毛は、男らしさの象徴なんだ笑
    すっごく面白かったです

  • 3.5
    最初は歴史恋愛ものっぽくとっつきにくかったが、翻訳者のあかりと仕事を急にやめてきた神名の話。
    何かしようと模索しようとする神名。状況に影響されながら、あかりが話を創作していく下りが三浦しをんぽくて面白い。

  • 最初は、えーこんな話なんだー?表紙は現代だけど?
    とか思ってたら、翻訳とリアルが並行に進むのね。

    中世の翻訳が結構おもしろかったです!

  • 翻訳家あかりの恋愛模様と、翻訳中の中世ラブロマンスが同時進行で描かれていく。
    2つの物語を1冊で楽しめるので、ちょっとお得な感じ。

    心に響いたり、感情が湧き出す様な感想は残らないけれど、単純に楽しめた。

    あかりの感情表現で、いいなぁと思えるところ、共感できるところがいくつかあった。
    三浦しをんさんの言葉の選び方が「好み」なのだと思う。

  • 昔読んだけど、騎士の話を翻訳する以外の内容が思い出せなくて再読。
    恋愛‥小説かな?
    翻訳内容に訳者の実生活が影響をおよぼしてしまうという話。彼氏が突然会社を辞めてきたり、別の知り合いの女の子の引越しの手伝いなんかしちゃったり、親が骨折したり、いろいろ発生。
    そんな中仕事は進まず、王道ロマンス小説の翻訳のはずが色々と創作して、ヒーローを殺したり、ヒーローを失ったヒロインがヒーローの親友と寝ちゃったり。
    語り口は軽いけど、彼との関係を不安に思う気持ちが作品に出てると思うとちょっと切ない。
    でも最後はしおんさんらしくさらっと後味よく終わった。

  • 翻訳小説家のロマンス。
    翻訳している小説と現実進行のれんあいが絡んで、2つのストーリーが楽しめる。

  • さらっと、楽しく読みました。
    少女漫画の読みきりみたいでした。
    ロマンス小説の部分と、現在の二人とで、2度美味しい感じです。

  • 徹夜でプログラムの実装とかやってると、知らないうちに出来上がってたり、気分によっていつまでたっても仕事がおわらなかったりなんてこと結構多い。こと、主人公あかりは、ロマンス小説の翻訳家。彼氏の神名は1ページ目で会社を辞めて登場、その後も女友達の引っ越しをてつだったり、海外に放浪の旅に出る計画を友達から知らされたり、あかりの気持ちを揺さぶりつづける。やさぐれから、あろうことか、小説をねつ造してしまう。
    こんな感情表現があるんだという新しい発見がうれしい。

  • 読みだしはなにやらイメージした物と違う感じがして、怪しい雰囲気が漂ったけど、読んでいくとだんだん面白くなってくる。
    ロマンス小説と現代の世界が交互に書かれている。

    最後がちょっとスッキリしない部分で星を一つ減らしたけど、面白い事は間違いない

  • 「あかりさあ、実生活でもロマンス小説
    みたいなことしてるんだもん」
    ー百合


    スラスラと読みやすかった。
    終わり方好きだなー

  • 夜中に気兼ねなく携帯電話で声が聞ける関係の恋愛小説なんですね。最後の1ページが、とてもよかった。いつかまた。

  • どうしてこの人の文章はこうスラスラと読めてしまうのだろう!?面白い!と陳腐な言葉で言い表すのはもったいないけどやっぱり面白い!神名への怒りを小説にぶつけてしまうあかりも、結局は内容がガラリと変わってしまったロマンス小説も、しをんさんのあとがきも(笑)、笑いなしでは読みきれない!

  • なんだよもうとか言いながら、ついずうっと読んでしまう。
    ごはん食べながらも読んでしまう。
    とりあえず自然体、で。

全452件中 1 - 25件を表示

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)に関連するまとめ

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)のKindle版

ツイートする