月魚 (角川文庫)

  • 6279人登録
  • 3.73評価
    • (717)
    • (807)
    • (1100)
    • (142)
    • (31)
  • 836レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 角川書店 (2004年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043736027

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
三浦 しをん
三浦 しをん
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

月魚 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • まほろ駅前多田便利軒の男ふたりを古書店に移して、そのふたりの間に恋愛感情を持たせたもの、と言ったら強引すぎるでしょうか。

    古書店“無窮堂”の店主・真志喜と、その幼なじみでやはり古書界で働く瀬名垣。共に25歳で、業界では若すぎる存在だから、嫌みも言われるけれど、目利きは確か。幼少時のある出来事のせいで、お互いを想う気持ちを明かせないまま。

    本作はそんなふたりが、ある家を本の買い取りのために訪れます。本だって生きている。本の生死に関する言葉が面白い。もう1編は、ふたりが高校生時代の話。真志喜にどうしようもなく惹かれている男性教師の視点で語られます。いずれも直接的なBL(ボーイズラブ)の表現はないものの、細かな描写がそれそのもの。そこが引っかかる人は受け付けられないと思いますが、なによりも小説として美しい。本の査定の話も面白く、また、高校生時代の話は王道の青春物語。

    ひとつだけ引っかかったのは、「眠られず」という表記。ら抜きはもはや標準化しているとしても、ら入れはいただけないかと。(^^;
    というところを差し引いたとしても、やはり三浦しをんはイイ。

  • 古書店屋の瀬名垣とましきの物語。幼い頃から絡み合う2人の人生。狭い古本業界のなかで生きていく中で、お互い支え合い、共感しあい、ライバルとしても頑張る2人。父子関係がいろいろあったが、お互いを思う心で乗り越えていく。

  • 古本屋のことは、ビブリア古書堂でふわっと知っただけだったので、これを読めて良かったなあ。先にこちらを読んでいたら難しく、ビブリアだけでは弱い。いいタイミングでした。
    二人の関係性については、三浦本ならではかなあ。耽美系なのはよかった!
    2017.05.08

  • 会社の方に貸して頂いた一冊。

    ミステリー好きの自分がまず購入する可能性ゼロの本。
    恋愛小説ともまた違う。

    これはなんと言うか、所謂ボーイズラブというジャンルなのか?はたまた文学なのか?

    ボーイズラブの分野には詳しくないので何とも(^_^;)

    着流しを着る古書店の店主。
    古書店への道は近づくにつれ、わずかだが細くなり、昼間にこの道を行くと遠近感が狂うという。

    まさかこれは、京極堂へ続く目眩坂かと(^_^;)

    着流しの店主はまさか京極堂!?

    なんて期待もしてしまったが、全く種類の違う人間だった(^_^;)

    悪くはない、、、
    語彙も豊富。
    でも何だろう?
    それらの語彙が私の好みの使い方ではなかった(T_T)

    京極堂と見誤って期待度が上がりすぎたのか!?

  • 三浦しをんさんの作品は初めてだったか。
    古書店「無窮堂」を取り巻く人物達の密やかな繋がり。
    古書界の独特な繋がりがどこまでリアルなのかはわからないが、しきたりのある古風な世界の描き方が興味深い。
    そして何より言葉、文脈、漂う空気感が儚く繊細で美しいですね。
    タイトルにそぐう、薄っすらと光る硝子のような青春小説。

    後半に収録されている「水に沈んだ私の村」。
    前半のメインキャラクター達の十代の頃のひと夏のストーリーが、なんとも印象的で刹那的で好きでした。

    夏に読みたい1冊。

  • 【あらすじ(Amazonより)】

    古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

  • 古本という世界に結びつけられた瀬名垣と真志喜。
    二人の名前をみて、沖縄の人?と思ってしまった。

    瀬名垣は せどりやの息子。古本屋より格下。
    それが、才能があって、幻の獄記を見つける。
    本田真志喜は、老舗 無窮堂の3代目。
    おじいさんの本田翁は、孫である
    真志喜の才能を大切にしていた。
    所在ないのは 父親。
    幻の獄記を せどりやの息子に見つけられて、
    父親は 姿を消してしまった。

    そのことが、真志喜と瀬名垣に 妙なこだわりが
    生まれた。その傷が回復されいく物語。
    瀬名垣と真志喜には、甘い感情が漂っている。
    その描き方が、まだ一線を越えない戸惑いが
    なんとも言えないほどの魅惑として描く。

    古本を評価するということは、その見識の深さ
    と情報の取得とニンゲンのつながりになる。

    古本の鑑定に出向いた 瀬名垣、真志喜は、
    そこで 黄塵庵の主 真志喜の父親に出会うことで、
    父親のもつ器量の狭さを理解する。
    変なこだわり、狭い料簡、父親としての愛情の欠如。
    真志喜は 何かが吹っ切れることで、
    無窮堂にある池に 伝説的に言われていた 魚が
    月に向かって 飛び跳ねることで、
    色彩があざやかに見えた。

    関連する短編が、
    真志喜と瀬名垣の若い関係が浮き彫りになる。

    狭い世界でのこだわりを 大切にしながら
    生きていくことの重みが 感じられる。 

  • しっとりした1冊。
    前に読んだ作品がドロドロしたお話、という印象だったので、次はさっぱりしたものを、と思っていましたが、しっとり…。
    全体的に、耽美(ボーイズラブ)系??
    “恋愛”だとは明記されていないんだけれど、真志喜と瀬名垣の、執着ともいえる、お互いの想いは“友情”…というよりは“愛情”の方がしっくりくるかな、と。

    2人の過去の傷にもなっている出来事、うーん、理解はできるんだけれど、子供そっちのけで、しっかりして!大人!と、わけの分からないツッコミを入れたくなっちゃった。

    全体的に独特の雰囲気漂う、『水底の魚』、『水に沈んだ私の村』、そして、文庫書き下ろしの『名前のないもの』が収録。

  • なんかちょっと瀬名垣と真志喜のBLものかと疑いたくなる節もあるけど、相変わらず文体はとても綺麗で読みやすい

  • 綺麗で透明感溢れるお話でした。

  • もう何回読んだかわからないけど。
    金沢へ向かうしらさぎの中で読んだ。
    なんとなく雪景色の中で読みたいな、と思っていたので。
    ボリュームも、静けさも、冬の北陸旅行にはぴったりだった。
    次に読むのはいつかな。

  • 再読。随分前に読んだのに結構記憶に残っていた。映像が鮮やかに浮かび上がってくる印象的な場面が多かった。初期の作品だけど、この頃から三浦しをんさんは三浦しをんさんだった。真志喜と瀬名垣の主人公二人の距離感がジレジレとドキドキとたまらない。あさのあつこさんの解説に同感。

  • 何処かでみてきた みていたような

    不可解な感触

    だけど 不思議な安堵もあって

    生きる 愛する 哀しむ

    いのちにはさまざまなかたちがあってよいのだと

    自身の奥底の暗さを抱えたまま

    誰かを想うこともできるかもしれない

    かすかな あかりがともった 氣がした

  • ダメだった。読みきれなかった。
    文体、世界観はとてもとても美しいのに、BL感が漂ってるのがそういう目で見ないようにしても伝わってしまう。えーこれのどこが?という人もいるかもしれないけれど明らか…。
    読んでて耐えきれなくなった。
    今回初めて知ったんだけど三浦さん女性だったのね。

    本好きとしては設定も好みだったのになーどっちかが女性だったらすごく好きになってたと思う。
    ツイッターで検索かけたら、案の定そっち方面の方々が騒いでた。

  • 無窮堂という古書店の若い店主本田真志喜と同年で同業者の瀬名垣太一の物語
    読み始めて直ぐに失敗したと思ったが、何とか読みきった。

    やたらと腐女子的な香り付けされた文章で、出会いと現在、父親との確執、高校時代を描いている。

    父親との話はちょっと浮いているような印象を受けた。父親の心がもう少し大人であったら浮いた感じがなかったか?

    真志喜と瀬名垣の二人に対しみすず、秀郎の二人が対象的。

  • 真志喜と瀬名垣の心情を追いながら、ついつい二人の関係性がはっきりわかるような描写もさがしてしまう本だった。でも、読後感わるくないんだなー。

    「舟を編む」で初めて三浦しをん作品を知り、その影響が強いからか三浦作品の特徴なのか、作品で流れる空気がいっしょ。物語をあたまの中でイメージ化すると、モノクロでもピアでもないけど、ぱきっとしたカラーにはならない感じ。

    本田翁の目線からもこの話を読んでみたい。

  • 男二人の物語、得意なのだろうけど、これはあんまりおもしろくない。こういうのをBLというのか。

  • 2.5
    古書店をめぐる2人の青年の話。二代目を巡る罪の意識が2人の間に横たわる。全体的に暗くBLな感じの雰囲気。古書店関連の話題は面白い。

  • 古書店の話し。

    いいBLだった。(本当にそうかはさておき私はそう感じた)

    大きな展開というものはないが、2人のくっつきそうでくっつかない微妙な距離感がたまらなく、引き込まれてしまった。

  • 例によって、三浦しをんである。
    いつも以上に男のいちゃつき具合がたまらない感じで、友情と愛情、そして憎しみと束縛の間を行ったり来たり…。
    相変わらず、おもしろい職業を題材にするなぁと感心するわけですが、今回はそこまで深く職業にポイントを置いてないように思えます。
    どっちかというと主人公たちの心の描写が多いかと。
    さらっと読めてよかったです。

  • 古書を愛する男性たちの話。本に囲まれて過ごすという設定は好き。BLと言われればBLなんでしょうか。

  • 2016.6.10 読了

    2016.9.18 再読
    2016-52

    何度読んでも、大切に読みたくなる1冊。
    2人の今後が気になる。

  • がっつりBLの香り。出てくるどれにもいまいちピントが合っていないというか「どこを描きたかったの?」という感じで中途半端。二人の関係性の近づき方がずっとモダモダしてた割に最後に父と再会して会話しただけであっさり乗り越えられちゃっているところも性急すぎるような。ねっとり行くならもう少し終盤の二人の心情描写を丁寧にしてほしかったな。古書

  • 人情やお仕事小説だと思って読み始めたら、なんだかBL臭がするじゃないですか。そこは三浦しをんさんでした。名の通った古書店の若い三代目・真志喜、背取り屋の息子・太一、二人の関係が描かれる。幼い頃に起きたある出来事が二人の関係、行く先に影響し、微妙な均衡で成り立っている。池は心の鏡、池の奥底に潜む主は二人の葛藤、月夜に煌めく銀鱗を見たとき二人の関係が進み出す。

  • 二人にしか分からない距離感
    二人にしか分からない繋がり

    ずっとずっと離れることなく
    続いていく二人を月と魚は見てる

全836件中 1 - 25件を表示

月魚 (角川文庫)に関連する談話室の質問

月魚 (角川文庫)に関連するまとめ

月魚 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月魚 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月魚 (角川文庫)の作品紹介

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた-。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

月魚 (角川文庫)の単行本

月魚 (角川文庫)のKindle版

ツイートする