月魚 (角川文庫)

  • 6379人登録
  • 3.73評価
    • (720)
    • (815)
    • (1108)
    • (144)
    • (31)
  • 845レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 角川書店 (2004年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043736027

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
梨木 香歩
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

月魚 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 代々古書店 古窮堂を営む真志喜と、せどりの息子と言われながらも確かな目を持つ瀬名垣。

    本を愛し本に愛される二人の青年は、罪や傷を共有することでより強く結びつく。共に被害者でありながら共犯者でもある、密な関係。

    漱石の世界のように流れる言葉、萩尾望都の世界のような官能、さらにもう亡くなってしまったけれど北森鴻の古美術 冬狐堂シリーズを彷彿とさせるような。

    古いものはその歴史の分だけ、手に負えないなぁ。

  • 古書店、無窮堂の若き三代目である真志喜は、美しく中性的な容姿で、どこか浮世離れしていて人を寄せつけない雰囲気を持つ。そして同じく古書店を継いだ瀬名垣は、人好きする性格だ。
    対照的ながら幼馴染である二人は、幼い頃に起こったとある事件から、深く入り込めないのに離れられないという因果を引きずったまま、25歳になった。
    本を愛する二人の、古書店としての日々。そしてお互いへの想い。

    これは三浦しをんさんが真面目に取り組んだ淡いボーイズラブ、ということになるのだろうか。直截的な表現はないものの、きっとそうなのだろう、と匂わせる部分はそこかしこにあって、そういうものに嫌悪感を持つ人はもしかしたら駄目かもしれない。
    でも何か低温というか、透明感が漂っているというか。
    まさにタイトルの感じ。魚が泳ぐ夜の水面に、月がゆらゆらと写っているような、そういう雰囲気の小説だと思った。

    そして、古書店の仕事を垣間見ることが出来たのはとても興味深かった。古めかしい昔ながらの古書店って私の地元にも何軒かあるけれど、たくさん人が入っている様子はないし、こういうお店の人はどうやって稼いでいるのかという疑問が解けた。
    貴重な古書を見極める目を持つには勉強も必要だけど、持って生まれた才もかなり左右するということ。
    本を間に挟んだ人と人とのつながりであったり、本を愛する人の想いであったり。そういうものを見極めるのは、勉強よりも持ち前の才なのだと思う。

    そしてこの物語の核になっているのは、人は罪の意識を背負ったままで誰かをまっすぐに愛することが出来るのか、ということなのではないかと私は解釈した。
    この物語の二人もお互い惹かれ合ってはいるのに、昔の事件からくるお互いへの罪悪感に縛られていて、だからこそ惹かれ合うのかもしれないし、そうではないのかもしれないし…という複雑なところに身を置いている。
    その危うさがこの物語に透明感を与えているのかもしれない。

    二本目に二人の高校時代をとある国語教師の目線で描いた短編と、最後に書き下ろしの超短編という、充実した内容。
    真志喜の人を寄せつけないのに人を惹きつける感じが良かった。遠くから見つめていたい、という気持ちがとてもよく解る。

  • 2001年(平成13年)。
    古書に魅せられた者達の情念と業。
    内に秘められた官能の世界。

    青白い炎の方が熱い、と言っていたのは誰だったろう…。

    「罪」は、逆から読むと「蜜」なのだ。

  • とにかく綺麗で、というか綺麗って単語が陳腐なくらい、美麗で艶やかな文章でさらりと描かれたとても気持ちのよい一冊。

    思わず鳥肌がたつくらい、何もかもがいい。

    瀬名垣と真志喜の間に強くたちはばかっている過去の記憶と罪の重さ、その一方でずっとそばにいたいと思う気持ちの強さがひしひし伝わってくる。
    ひととひとの距離、これをこんなに上手に気持ちよく描けるひともいるんだなあ。
    それがこの物語を作っているのであり、もどかしさすら感じさせる。だけれど、そのもどかしさと同時に、登場人物の心の奥に込められた深い気持ちに触れてほんわかする。

    人は罪を負ったままでは人を愛してはいけないのだろうか。


    この「月魚」は、決して情熱的な話ではない。
    さらりとした、話。
    なのにこの作者の手にかかると、その淡白さがむしろ奥が深くてどっぷりとした世界観を作り上げる。

    三浦しをんというこの筆者に出逢えて本当によかった。

  • こいつらできてる(確信)

    ガチだった。からだの関係仄めかしまくりだった。開始20ページであまりのホモっぷりに逆にくじけそうになったけど、BL小説だと思って読み終えた。


    こらあかん萌えますわ…お互いがお互いに罪の意識持ってるっていうのがなんともいえない。らぶらぶなのになりきれてない。なにこれすっげーホモ。

    とりあえず「熱いくらいでしたよ」について瀬名垣よ詳しく頼む…お願い…詳しく…そういう意味にとっていいの…? ねえそうなの瀬名垣…答えろ瀬名垣…てめえ瀬名垣…名前で呼ぶときってなんだ瀬名垣…おい……


    25っていうわたしの萌えポイントを的確についてくる年齢に古書店、さらに着流しという怒涛の萌えな?真志喜かわいいよ真志喜

    はーえらいこっちゃ…思考がとっちらかってますねいつものことです

    ただなんかちょっと物足りなかったような気がしないでもない。続編、続編を…真志喜のデレをもっとくれ…わたし思ってたより真志喜好きだ……はーもえた。ホモかきたい。おわる。





    @市立図書館

  • 古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。
    「BOOK」データベース より

    「BOOK」データベースの本紹介、最後の一文うまい.
    本に対する情熱はどちらも引けをとらない.過去に確執があったらしいが、その辺はちょっとよく分からない.まぁ、え、そんなこと?と人が思うことも当人にとっては一大事、ということはよくあることだ、と思えば、一大事なのだ.
    二人のさらりとしているかと思えば濃密な関係性が読んでいて心がざわざわする.

  • 果たしてこれを、BLといいきって
    ホモと言っても良いのだろうか。
    奇しくも古書店を舞台にしたものが注目される中、月魚に出会えたのは偶然とも必然とも思える。


    しかして感想をかけと言われればこの感動や安堵感はなんとも言葉にし難い。
    冷え冷えとした冬の中にぽっかり浮かぶ、透明なびいだまを覗き込んでいるときのような不思議な感覚。
    心がすっと通るような冬の冷たさと心地の良い息苦しさ。
    続編には、眩しくてくらむような夏の話も。

    息をするようにそばにいる友人がいる人ならば、真志喜や瀬名垣のなんとも言い難い距離感に多少なりとも身に覚えがあるのではないか。

    瀬名垣のような感情を抱かずとも、そういう友に身に覚えのある私はやはり、萌えと感動の間で困っている。

  • 真志喜の描写が特に細かく、美しい
    色素の薄い髪、抜けるような肌、着流しの華奢な体躯、といった麗しい言葉でありありとそこにいる
    瀬名垣との間に流れる静かで潔く、それでいて熱情的な空気がたまらない
    2人以外の人間を排した世界に、とりまく人々も魅せられる
    無駄のないあっさりとした文体だからこそ際立つ、登場人物たちの清廉な美しさ

    また、古書を取り巻く人々の生き方に
    憧憬とも羨望とも違う愛しさを感じる
    美しい2人の男
    纏う古書と土の香り
    この空気に酔うことが、この話の全てだと思った。

  • カドフェス2015に紹介されていて、かつ有名な作者だからと手に取ったがBL作品でした。正直なところ、そうなのだという表記が欲しい。
    序盤から隠しはせず匂わせてきたため驚きました。
    結局最後まで読んだけど、正直同性愛に抵抗がある人も多いため「これおもしろいよ」とは勧めにくいです。
    ただし作品のまとう空気感は好きでした。

    十三年前の些細な、それこそ子供ながら純粋に「これが欲しい!」という思いから起こした行動が一人の大人を傷つけ、家庭を崩壊させてしまったことへの罪悪感を抱えている瀬名垣と、古書店の店主・真志喜の両片思い。
    予期せぬ再会、新たな出発への覚悟と短いながら盛りだくさんで読み応えありました。

  • 装丁も題名も田舎っていう設定も……全て繊細な雰囲気を漂わせておきながらその芯は意外と力強い。
    またBLも含むということでどんな風に描かれるのだろうと身構えてたけど、匂い系とガチ系のやつの狭間っていう絶妙な所で小説の内容に対する違和感もないし、むしろその関係がないと!って思える。
    綺麗で繊細なテーマに見えて実は力強い。
    また古書を取り扱うってのも、魅力的(ビブリア古書堂読んでるせいかもだけど…)。
    いろんな人の青春や思い出とかが詰まってる美しい作品だと思う。

  • すごく引き込まれた。
    買うか買うまいか、すごく悩んでいたのだが
    表紙が変わるということで、購入を決心した一作。

    あまり女の子が出てこない珍しい作品で、
    なんとなくBL臭がする作品だが
    とても素朴であたたかくいい作品だった。
    古本屋を舞台とした本に対する愛情が
    感じられ、ふと古本屋に訪れたい。
    そうたくさん思わせられた。
    それと共に、こんな風に本を愛して生きることができたら、すごく幸せだと思った。

    故人の本を引き取ってほしいというので
    真志喜と共に太一が訪れた話しでは、
    真志喜がこのように故人のことを考え、
    一番大切な本を選んだということを聞いて
    真志喜のような人に本を任せたいと
    そう思う気持ちがよくわかった。
    利益などではなく、人の想いを大切に
    本を選ぶことができる真志喜を素敵だと思った。

    何気無い日常をこのように切り取り、
    あたたかい物語にしてくれる三浦しをんさんは
    本当に素晴らしい作家さんだとそう思った。
    この本に出会えて、良かった。

  • 最初は三浦しをんさんにハマり、図書館で片っ端から読んだことで出会ったのだが、単行本未収録の文庫版書き下ろしがあると店頭で知ってしまい、結局購入してしまった一冊である。ぶっちゃけ、真志喜さんと瀬名垣さんの関係に萌えてしまったのだ。たぶん、そういう関係なんだろうとは思うが、お互いがお互いの世界を持っていて、かつ一人で立っている繋がりというのがツボだったらしい。先にエッセイで三浦さんがいわゆる腐女子であるというのは百も承知であったのだが、まさか自分でも書いちゃうとは思いもしなかった……。まあ、でもそういった関係を除外して、古本屋事情などから読んでも面白い。背どり屋さんとの微妙な古本屋業界が描かれていて満足した。後ろの方で語られる高校時代の彼等についても、夏休みマジックと青少年マジックによって、私は夜の街頭に群がる虫たちの気持ちを味わった。

  • 真志喜と瀬名垣の意味深な関係に想像力を掻き立てられます。表紙も可愛くて、お気に入りの一冊です!

  • びっくりした。
    冒頭から引きずり込まれる静かな世界に、ただうっとりしていただけだったのに、瀬名垣が真志喜に会った瞬間、背筋がぞくっとした。
    三浦しをんという作家さんには、エッセイから入ったからこそ、余計に、彼女の書く小説には毎回驚かされる。それも、とびきり心地よいやり方で、毎回。
    何も説明されていないのに、過去なんて暴かれていないのに、「ああ、そうか」と感覚に訴えかける文章は、圧巻。
    エピソードのひとつひとつ、登場人物のひとりひとりが、とても丁寧に、とても愛情をもって描かれていて、不器用だけれども、決して悪人ではない人間たちがその場にひっそりを佇んでいて、文章の間、句読点の間で、何度もため息を頭の中だけでついた。

  • 古書店屋の瀬名垣とましきの物語。幼い頃から絡み合う2人の人生。狭い古本業界のなかで生きていく中で、お互い支え合い、共感しあい、ライバルとしても頑張る2人。父子関係がいろいろあったが、お互いを思う心で乗り越えていく。

  • 何処かでみてきた みていたような

    不可解な感触

    だけど 不思議な安堵もあって

    生きる 愛する 哀しむ

    いのちにはさまざまなかたちがあってよいのだと

    自身の奥底の暗さを抱えたまま

    誰かを想うこともできるかもしれない

    かすかな あかりがともった 氣がした

  • 2016年1冊目。
    三浦さんにしては・・・という感じが。
    好きな雰囲気ではあるけれど、こんなBLをほのめかすようなものも書くんだと、ちょっと驚き。
    瀬名垣が名前のせいもあってか、木村さんとしか思えない・・・。
    で、どうして、こういう間柄の時って、片方は絶対に色素薄い系男子で、そして、もう片方は色素薄い系男子の髪を触るのが好きなんだろう。
    その方が萌えるから、と言われてしまえばそれまでだけど・・・。

  • よいです。あさのあつこさんのあとがきもよい。

    とても丁寧に描かれる世界をなぞることにここちよさを感じた。
    物語を鮮やかに切り取る力、しをんさんはやはりすごい。
    人間が、途方もなく大きくて深くて手におえない、とりまくもののなかで生きていることを、思わせられる。
    山の奥の神秘を感じたことのある人にしか描けない物語だとおもう、これは。物語には直接関係ないけど、底のほうで、つながっているように感じる。

  • お手本のようなBL(を匂わせる)小説だった。素晴らしく綺麗な文章でするっと読ませる。直接的な描写はないのでよほど抵抗が無ければ読めるかと。

  • 古本屋業界面白い。神田にまた行きたくなった。互いに相手を思いやる男子の微妙な関係。その男子に思いを寄せる教師。友人たち。静かに静かに時が流れていた。私の好きなしをんさんとは少し違ったけど。

  • 久々の再読。
    静かに進んでいく物語の中で、2人の息づかいが妙に生々しい。
    背負った罪は決して消えないけれど、それでも一つ一つ小さな歩みを重ねていく彼らだからこそ読後感はすっきりしますね。
    しかしこんなにあからさまだったかしら。
    今だからそんな風に感じるわけで、若い内に出会えてよかった本だなと思います。

  • げつぎょ、と読むことを一番最後のクレジットの読み仮名で知りました‥‥

    「所有欲も愛情も、本当はものすごくあることを自覚してる。いつまでだって撫でくりまわしてじっくり味わいたいし、だれにも渡すもんかと、いつもいつも思ってるんだ」
    「で、いまのはなんの話だ?」
    「まだまだ修行が足りないって話さ」

  • 噂通りのBLでした。
    大変美味しゅうございました。

  • 数ヶ月前に読んだ作品。

    文章に透明感があって素敵だなって思ってたら途中からBL臭がすごくてびっくりした。いや、普通友達の頭撫でたくならないでしょ笑

  • 2人の主人公の間に垣間見える妖艶さにぞくぞくした小説。

全845件中 1 - 25件を表示

月魚 (角川文庫)に関連する談話室の質問

月魚 (角川文庫)に関連するまとめ

月魚 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月魚 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月魚 (角川文庫)の作品紹介

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた-。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

月魚 (角川文庫)の単行本

月魚 (角川文庫)のKindle版

ツイートする